匹見峡温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

匹見峡温泉は、島根県益田市匹見町にある温泉裏匹見峡から流れ出る広見川沿いに湧く温泉で、ふるさと創生事業によって開発された[1]。 この地で唯一の温泉施設「やすらぎの湯」は、益田市との第三セクターであり、正式には「益田市立匹見健康センター 匹見峡温泉やすらぎの湯」と呼ばれる。担当課は「益田市匹見総合支所地域づくり推進課」であり、指定管理者は「株式会社 ひきみ」となっている[2]。 泉質は単純弱放射能冷鉱泉の無色・透明、源泉温度は23.0℃である [3] [4]。 また、加温には薪ボイラーを使用し、自伐型林業者らが出荷した薪を燃料としている。これにより灯油使用量の削減、山林資源の活用、そして林業者の収入アップを見込んでいる [5]

脚注[編集]