北海道大学附属図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Library) w.svg 北海道大学附属図書館
Hokkaido university library
北海道大学附属図書館本館
本館
施設情報
前身 北海道帝国大学附属図書館
事業主体 北海道大学
開館 平日:8時(学外者は9時から利用可能)
土曜・休日:9時[1]
閉館 平日:22時
土曜・休日:19時[1]
所在地 060-0808
北海道札幌市北区北8条西5丁目
位置 北緯43度4分19秒 東経141度20分41秒 / 北緯43.07194度 東経141.34472度 / 43.07194; 141.34472
統計・組織情報
蔵書数 1,866,231冊[2] (2016年3月31日時点)
貸出数 [3] (2013年)
来館者数 613,939人(北図書館)[3] (2013年)
貸出者数 188,769人(本館)
173,752人(北図書館)[3] (いずれも2013年)
館長 長谷川晃[4]
公式サイト https://www.lib.hokudai.ac.jp/
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

北海道大学附属図書館(ほっかいどうだいがくふぞくとしょかん)とは、札幌市北区北8条西5丁目に所在する、北海道大学の附属図書館である。ミッションは、北海道大学の4つの基本理念「フロンティア精神」「国際性の涵養」 「全人教育」「実学の重視」に基づき、人類の知的資産である学術情報の集積・提供・発信を行い、未来に向けて、知の交流・創成の場として機能することである[5]

本記事では、北17条西8丁目に所在する北図書館についても述べる。

図書館の利用は、学外の人でも許可を得られれば閲覧・貸出を行うことができる[6]

歴史[編集]

  • 1876年8月、札幌農学校開校とともに講堂に書籍室が設置されたことが今の北海道大学附属図書館の起源となる。(当時の蔵書数は6,149冊)
  • 1891年11月、書籍館主任(監守)に新渡戸稲造が就任し、これは初代館長となる。
  • 1907年6月、札幌農学校が東北帝国大学農科大学に改組したことを契機に書籍室を東北帝国大学農科大学図書館と改称した。
  • 1918年3月、東北帝国大学農科大学図書館は北海道帝国大学図書館となる。
  • 1922年5月、北海道帝国大学附属図書館と改称。
  • 1925年9月、北海道帝国大学附属図書館に60坪の木造平屋建ての雑誌閲覧室と事務室を新築。
  • 1947年10月、北海道大学附属図書館に改称した。
  • 1965年6月、図書館の新営工事終了。
  • 1967年6月、文学部内にあった北方文化研究室の資料を引き継いで図書館内に北方資料室を設置。
  • 1971年1月、北海道大学沿革資料室を開設。
  • 1986年3月、蔵書のオンライン検索導入。
  • 1995年9月に附属図書館のホームページ開設。
  • 2006年4月、北海道学術成果コレクション(HUSCAP[7])の運用を開始。
  • 2011年4月、自動化書庫を設置。現在に至る[8]

旧札幌農学校図書館読書室[編集]

旧札幌農学校図書館読書室

札幌農学校開校から4ヶ月ほど経った1876年(明治9年)12月に新設された「書籍庫」が、独立の建物を有する図書館の起源であった。書籍の増加に伴い、修復と増築を重ね、 大学が移転するまで札幌農学校図書室として機能していた。 旧札幌農学校図書館読書室は、1902年(明治35年)3月に大学移転に伴い札幌区北8条西6丁目に建設、T字型の読書室とその奥にあるレンガ造りの書庫で構成されていた。 書庫は火事が起こっても書物が燃えることのないよう不可燃性であった。この建物は1965年(昭和40年)に現中央図書館ができるまでの約60年の間、全学の中央図書館として機能していた[9]。 その後は、1986年に農学部図書室が竣工されるまで農学部図書室として利用された。現在は南側の建物が、北海道大学出版会によって使用されている。

収蔵されている資料の特徴[編集]

北海道のみならず北太平洋及び北ユーラシアに及ぶ地域に関する包括的コレクションとして知られる北方関係資料、内村鑑三新渡戸稲造宮部金吾などの札幌農学校出身の個人文庫、札幌農学校の蔵書を引き継ぐ札幌農学校文庫などがある(閲覧のみであり貸出は禁止であるが、一部を除いて複写利用は可。)[10]

キャラクター[編集]

附属図書館公式キャラクターとして「ほのか」と「うらら」がいる。双子のエゾリスで、1996年(平成8年)に「北海道大学キャンパス環境改善計画」で校内に放たれた7匹のエゾリスの子孫という設定である。2匹のお腹には「Hokkaido University」のイニシャルである「H」と「U」の文字がそれぞれ描かれ、「ほのか」はしっかり者で、右胸にエンレイソウブローチを付け、「うらら」はうっかり者で、右胸にクルミとドングリのポシェットを付けている[11]

北図書館[編集]

1963年11月に教養部内に附属図書館の分室が設置されたのを初めに北図書館の歴史が始まる。1969年に教養分館として建物が独立した。1977年の7月に教養分館の建物を増築工事が行われた。1995年に4月に名称を教養分館から北分館に変更し、さらに2009年の8月に北分館を北図書館に改称し北分館長の役職も北図書館長となった。2015年の2月に北図書館の新営工事(西棟)の建設が完了し、同年の4月にオープンして今に至る[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 開館・開室時間 - 北海道大学附属図書館
  2. ^ 北海道大学附属図書館年報
  3. ^ a b c 図書館年次統計
  4. ^ 附属図書館長から - 北海道大学附属図書館
  5. ^ 附属図書館のミッション - 北海道大学附属図書館
  6. ^ 学外の方 - 北海道大学附属図書館
  7. ^ 北海道大学学術成果コレクション
  8. ^ a b 沿革 - 北海道大学附属図書館
  9. ^ 藤島隆. 北大図書館物語. 北の文庫. pp. 168-169. 
  10. ^ 個人文庫 - 北海道大学附属図書館
  11. ^ 公式キャラクター - 北海道大学附属図書館

外部リンク[編集]