バチェラー記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バチェラー記念館(登録有形文化財)

バチェラー記念館(バチェラーきねんかん)は、札幌市中央区北海道大学北方生物圏フィールド科学センター耕地圏ステーション植物園内にある西洋館

概要[編集]

1898年北海道庁裏に位置する北海道大学植物園内に移築されたジョン・バチェラーの自邸。当時では現代的な西洋式を成し、上下開閉窓、集合煙突木造二階建ての大邸宅であった。その後2〜3度移築され、現在は収蔵庫として利用されている。一般公開はされておらず、2階にはバチェラー記念室がある。登録有形文化財

歴史[編集]

年表[編集]

  • 1892年明治25年)ジョン・バチェラーが札幌市北3条西7丁目1番地の元活版印刷所を修繕し自宅とする
  • 1898年(明治31年)ジョン・バチェラーが札幌市北3条西7丁目2番地に新築
  • 1905年(明治38年)移築(?)[1]
  • 1940年昭和15年)ジョン・バチェラー離日
  • 1940年(昭和15年)1953年までバチラー学園所有
  • 1941年(昭和16年)未粉澱粉会社に賃貸
  • 1942年(昭和17年)1952年まで軍人援護会に賃貸
  • 1953年(昭和28年)北海道の所有となる
  • 1962年(昭和37年)北海道大学に寄付される。この年に移築されている。
  • 1964年(昭和39年)1988年まで農学部付属博物館分館として北方民俗資料を展示
  • 1989年平成元年)20m北に移築
  • 2000年(平成12年)登録有形文化財に登録される

建築[編集]

木造2階、全面下見板張、寄屋根鉄板葺の建物で、建築面積は129m2。正面は、1階に出窓、2階に縦長上げ下げ硝子窓が、左右対称に配置される[2]

木造であるが全室洋間で、当時ではモダンな洋館であった[3]

観覧[編集]

出典:[4]

  • 観覧時間:9:00- 16:00
  • 休園日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 料金 : 高校生以上420円, 小中学生 300円, 未就学児 無料

参考文献[編集]

  • 柳原千絵子、小沢丈夫、角哲 『北海道大学農学部博物館バチェラー記念館の現況』 (北海道支部 研究報告書 No.89) p.315、日本建築学会、2016年6月
  • 仁多見巌『アイヌの父 ジョン・バチェラー』(楡書房)、1963年4月30日発行
  • ジョン・バチラー、仁多見巌訳編『ジョン・バチェラーの手紙』(山本書店)、1965年12月15日発行
  • ジョン・バチラー著、村崎恭子校訂『ジョン・バチラー自叙伝』(北海道出版企画センター 北方新書) 2008年6月10日発行
  • 北海道近代建築研究会編、角幸博監修『札幌の建築探訪』(北海道新聞社) p.24、1998年10月30日発行
  • 越野武、坂田泉『近代建築ガイドブック[北海道・東北編]』(鹿島出版)p.92-93、1985年1月30日発行
  • 社団法人日本建築学会編『総覧 日本の建築 第1巻/北海道・東北』 (株式会社日本建築学会) 1986年10月20日発行
  • 『教育と施設』 1997-09 p.103-104 - 論文
  • 北海道開拓記念館編『北海道開拓記念館研究紀要 第41-43号』(北海道開拓記念館) 2013-15

脚注[編集]

  1. ^ 国指定文化財等データベースにて「北海道大学農学部博物館バチェラー記念館」で検索した際の結果にはこの年での記述があるが、他の資料では見つからず。誤記か?
  2. ^ 北海道大学農学部博物館バチェラー記念館 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  3. ^ ジョン・バチラー、仁多見巌訳編『ジョン・バチェラーの手紙』(山本書店)、1965年12月15日発行
  4. ^ 開園時間・料金・園内設備 - 北海道大学植物園(2017年11月3日閲覧。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度3分49.2秒 東経141度20分34.2秒 / 北緯43.063667度 東経141.342833度 / 43.063667; 141.342833