北海道大学医療技術短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道大学医療技術短期大学部
大学設置/創立 1981年
廃止 2007年
学校種別 短期
設置者 文部科学省
本部所在地 北海道札幌市北区北12条西5丁目
学部 看護学科
理学療法学科
作業療法学科
衛生技術学科
診療放射線技術学科
研究科 助産学特別専攻
テンプレートを表示

北海道大学医療技術短期大学部(ほっかいどうだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: Junior College of Medical Technology, Hokkaido University[1])は、北海道札幌市北区北12条西5丁目に本部を置いていた日本短期大学である。1981年に設置され、2007年に廃止された。大学の略称は北大医短または医短。募集は2003年度まで[2]、2007年3月31日廃止[2]。現在は、北海道大学医学部保健学科となっている。

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 北海道大学医療技術短期大学部は1981年、北海道大学医学部に併設された日本国立短期大学。医療系5学科と専攻科1専攻からなっていた。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 北海道大学医療技術短期大学部の教育目的:「医療技術に関する高度の理論と技能を教授研究するとともに、豊かな教養と人格を備えた医療技術者を養成し、もって国民の保健医療の向上に寄与すること」となっていた。

教育および研究[編集]

  • 北海道大学医療技術短期大学部では、北海道大学病院での臨床実習が行われていた。

学風および特色[編集]

  • 北海道大学医療技術短期大学部は北海道大学医学部に併設された短大であったため、教員は医学部との兼任者が多いものとなっていた。

沿革[編集]

  • 1981年 北海道大学医療技術短期大学部開学。
    • 看護学科:在学者数女子78[3]
    • 理学療法学科:在学者数20(うち女子7)[3]
    • 作業療法学科:在学者数20(男子7)[3]
  • 1982年 衛生技術学科を増設。在学者数40(うち男子9)[4]
  • 1984年 診療放射線技術学科を増設[5]
  • 1985年 専攻科助産学特別専攻を設置。
  • 2003年度をもって学生募集を終了とする。翌年度より医学部保健学科に改組。
  • 2007年3月31日 廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 北海道札幌市北区北12条西5丁目

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護学科
  • 理学療法学科
  • 作業療法学科
  • 衛生技術学科
  • 診療放射線技術学科

専攻科[編集]

  • 助産学特別専攻

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

受験資格

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 看護学科:国公立病院や診療所などの専門職への就職が大半となっていた[6]
  • 理学療法学科:国公私立病院や診療所、老人保健施設などの専門職への就職が大半と大半となっていた[6]
  • 作業療法学科:国公私立病院や診療所、リハビリテーションセンター・精神障害者施設・小児施設など保健医療福祉領域など幅広い[6]
  • 衛生技術学科:国公私立病院や診療所・衛生検査所・公衆衛生施設・医療関連企業などへの専門職が大半[6]
  • 診療放射線技術学科:国公私立病院・検診センターや医療関連機器企業への就職実績があげられる[6]

編入学・進学実績[編集]

  • 看護学科卒業生は、北海道大学医療技術短期大学部専攻科へ進学していた様子[6]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ CiNii-頸動脈内膜剥離術後の分岐部近傍のモヤモヤエコーとその機序-より。2014年8月31日閲覧。
  2. ^ a b c 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』239頁
  3. ^ a b c 昭和57年度版『全国学校総覧』34頁より。
  4. ^ 昭和58年度版『全国学校総覧』34頁より。
  5. ^ 昭和60年度版『全国学校総覧』34頁において在籍者数の表記なし。翌年度の同書39頁に「男子64、女性15」とある。
  6. ^ a b c d e f 『北海道大学医療技術短期大学部』平成12年度学生募集要項より