北海道大学旧札幌農学校昆虫学及養蚕学教室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旧札幌農学校昆虫学及養蚕学教室

北海道大学旧札幌農学校昆虫学及養蚕学教室(ほっかいどうだいがく きゅうさっぽろのうがっこう こんちゅうがく および ようさんがくきょうしつ)は、北海道札幌市北海道大学構内にある施設。文部大臣官房札幌建築出張所、中條精一郎が設計した[1]。平成12(2000)年4月28日、国登録有形文化財に登録された。所在地は、北海道札幌市北区北9条西8丁目[2]

沿革[編集]

  • 1901年明治34年)12月 - 竣工[3]
  • 1916年大正5)1月 - 昆虫飼育室増築(昆虫学及養蚕学教室の西翼北側に接続)[3]
  • 1927年昭和2)11月 - 昆虫学標本室増築[3]
  • 1936年(昭和11)8月 - 昆虫学関連講座の農学部本館移転に伴い、空き室になる[3]
  • 1937年(昭和12)10月 - 北方文化研究室設置[3]
  • 1990年平成2) - 放送大学北海道学習センターになる[3]
  • 2000年(平成12)2月 -放送大学北海道学習センターが移転[3]
  • 2000年(平成12)4月28日 - 国登録有形文化財に登録[3]
  • 2003年(平成15)5月 - 北大交流プラザ「エルムの森」になる[3]
  • 2010年(平成22)6月 - エルムの森移転[3]

標本室(標本庫)[編集]

標本室

昆虫学初代教授の松村松年の時代に[4]、1927年に標本室(標本庫)が増築された。昆虫標本を火災から守るために標本室の壁は札幌軟石、床と天井は鉄筋コンクリート造り、防火シャッター付きの窓枠による不燃構造となっている[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 池上 重康. “北海道大学広報誌 季刊【リテラ・ポプリ】31号 建築設計図が語る北大の歴史─〈第12回〉北大交流プラザ「エルムの森」”. 2016年10月1日閲覧。
  2. ^ 北海道大学旧札幌農学校昆虫及養蚕学教室”. 札幌市. 2016年10月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 下村仁 『西洋館の履歴書-北海道-』 創英社三省堂書店2011年、152-159頁。ISBN 978-4-88142-509-1
  4. ^ 諏訪正明 「北大百二十五年史 論文・資料編」『北海道大学の学術標本: 特に昆虫標本について』 北海道大学百二十五年史編集室編、北海道大学、2003年、307–308。
  5. ^ 佐々木学. “過山博士の本棚から #1 エルムの森にたたずむ石壁(前編)”. 2016年10月1日閲覧。

座標: 北緯43度4分15.6秒 東経141度20分32.8秒 / 北緯43.071000度 東経141.342444度 / 43.071000; 141.342444