加藤千蔭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤千蔭 『國文学名家肖像集』より

加藤 千蔭(かとう ちかげ、享保20年3月9日1735年4月1日) - 文化5年9月2日1808年10月21日))は、江戸時代中期から後期にかけての国学者歌人書家。父は加藤枝直。姓を橘氏とすることから、橘千蔭とも称する。通称又左衛門常世麿芳宜園など。

概略[編集]

歌人で江戸町奉行与力であった父・枝直の後をついで吟味役となったが、寛政の改革にあたり、1788年天明8年)町奉行与力を辞し、学芸に専念した。

若くして諸芸を学んだが、特に国学を賀茂真淵に学び、退隠後、師真淵の業を受け継ぎ、同じく真淵の弟子であった本居宣長の協力を得て『万葉集略解』を著した。国学の門人に岡田真澄[1]がいる。

和歌については、千蔭の歌風は『古今和歌集』前後の時期の和歌を理想とする高調典雅なもので、村田春海と並び称され、歌道の発展に大きく貢献し、万葉学の重鎮として慕われた。門人に大石千引清原雄風窪田清音[2]がいる。

またにも秀で、松花堂昭乗にならい和様書家として一家をなし、仮名書の法帖を数多く出版した。しばしば、江戸琳派の絵師酒井抱一の作品に賛を寄せており、曲亭馬琴も千蔭から書を学んでいる[3]
絵は、はじめ建部綾足に漢画を学んだが、その後大和絵風の絵画に転じた。
東京国立博物館には千蔭の木像(画像)と、肖像画画像)が残る。上部の自賛から、没する前年の6月に描かれ、長谷川貞忠(詳細不明)と渡辺広輝(阿波藩御用絵師住吉派の住吉広行の弟子)の作であることがわかる。

千蔭流[編集]

和様の書の流派として明治期に人気があった。当時、貴族や上流階級の令嬢たちの和歌の師匠として人気のあった中島歌子が千蔭流の書を嗜んだことから、その門下生の樋口一葉も千蔭流の書を学んだ。

参考文献[編集]

  • 関根正直『史話俗談』誠文堂書店、大正10年。
  • 清宮秀堅『古学小伝』。
  • 中野虎三・編『国学三遷史』。
  • 上田万年芳賀矢一『国学者伝記集成』。
  • 関隆治・編『国学者著述綜覧』。
  • 『うけらが花』有朋堂文庫。
  • 『伊勢物語古意 宝暦九年加藤千蔭写』和泉書院〈伊勢物語古注釈書コレクション 第5巻〉、2006年10月。
  • 影印本シリーズ 影印本 万葉集略解抄 橘 千蔭, 川上 富吉、新典社, 1988.4
  • 千早帖―千蔭翁真蹟 橘 千蔭、西東書房, 1974.12

代表歌[編集]

今昔秀歌百撰 57番

  • 照る月はあやしきものかかなしとも面白しとも人に見えつつ,うけらが花。選者:市川静夫(敦敦文化事業株式会社社主)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 常石英明「書画骨董人名大辞典」(金園社)P440
  2. ^ 石岡久夫「兵法者の生活」第六章.幕末兵法武道家の生涯 三.窪田清音の業績(P221-229)
  3. ^ 麻生磯次「滝沢馬琴」P34(吉川弘文館) 1959年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]