村田春海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画・谷文晁『近世名家肖像』より

村田 春海(むらた はるみ、延享3年(1746年) - 文化8年2月13日1811年3月7日))は、江戸時代中期から後期にかけての国学者歌人。本姓は平氏。通称は平四郎。字は士観(さちまろ)。号は織錦斎(にしごりのや)・琴後翁(ことじりのおきな)。賀茂真淵門下で県居学派(県門)四天王のひとり。

略歴・人物[編集]

江戸干鰯問屋に生れ、幕府連歌師の坂昌周の養子となった。のち本家の干鰯問屋を相続したが、その生活は豪奢なもので十八大通の一人にも挙げられた。その結果、家産を傾け隠居後は風雅をともにした。漢籍を服部白賁(はっとりはくひ)に、国典を賀茂真淵に学び、国学者で歌人の加藤千蔭(橘千蔭)とともに江戸派歌人の双璧をなし、陸奥国白河藩主で幕府老中も勤めた松平定信の寵愛を受けた。春海は、特に仮名遣いに造詣が深く、『新撰字鏡』を発見・紹介している。また、若い頃は漢学をもっぱら学んだこともあり儒教を排せず、漢詩をよく作ったことも知られている。門下に清水浜臣小山田与清本間游清などがいる。仙台藩江戸詰の藩医工藤球卿(平助)とも親交があり、その娘只野真葛の文才を評価している。

著書には歌文集『琴後集』、漢詩集『錦織詩草』などがある。

歌文の才能はもとより、書もすばらしい反面「人の悪口はより旨し」などと言うほど傲慢で不遜な一面があったという。

晩年は八丁堀地蔵橋に住み、両隣の住人は斎藤十郎兵衛[1]中田粲堂[2]だったとされる。

その他の著書[編集]

  • 『歌苑古題類抄』20巻
  • 『歌語』『かさねの色合』『古人贈答歌抄』『五十音辨誤』『字合称呼考』『字鏡考證』『字説辨誤』『天字讀方考』
  • 『仙語記』『西土国習考』『斉明記童謡考後按』『神道志』『明道書』
  • 『筆のさが』『わかかづら』『椿太詣記』『錦織雑記』『不問語』『作文通弊』
  • 『和学大概』『古言梯』』『歌がたり』『竺志(つくし)船物語』
  • 「織錦舎随筆」『日本随筆大成』第3巻 吉川弘文館
  • 「歌がたり」ほか『日本歌学大系』第8巻 風間書房 1958
  • 「和学大概」『日本思想大系 39 近世神道論・前期国学』平重道,阿部秋生校注 岩波書店 1972
  • 『仮字大意抄・仮字拾要』1978 勉誠社文庫  
  • 「仙語記」『続日本随筆大成 6』森銑三,北川博邦編 吉川弘文館 1980

参考文献[編集]

  • 関根正直『史話俗談』(大正10年、誠文堂書店)
  • 清宮秀堅『古学小伝』
  • 中野虎三・編『国学三遷史』
  • 上田万年、芳賀矢一『国学者伝記集成』
  • 関隆治・編『国学者著述綜覧』
  • 田中康二『村田春海の研究』汲古書院 2000
    • 本書で「源語提要」を春海著としているのは誤りで、五井蘭洲の著である。
  • 田中康二『江戸派の研究』汲古書院 2010

脚注[編集]

  1. ^ 中野三敏著『写楽―江戸人としての実像』(中公新書,2007年)
  2. ^ 中嶋修著『「東洲斎写楽」考証 』(彩流社,2012年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 椿まうでの記春海が伊勢白子の里より鈴鹿椿の大社へ詣でたときの紀行文(奈良女子大学学術情報センター)