剣持勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラタンチェアー (1961)

剣持 勇(けんもち いさむ、1912年1月2日 - 1971年6月3日)は、日本そして世界を代表するインテリアデザイナー第二次世界大戦後に渡辺力柳宗理長大作水之江忠臣らと共にジャパニーズ・モダンと呼ばれるデザインの礎を創ったと言われる。

人物[編集]

廉価なうえに高機能を求められることの多いインダストリアルデザイン分野で手腕を発揮し、1958年に発表された積み重ね可能な「スタッキング・チェア(スタッキング・スツール)」と呼ぶ椅子は普及品として今なおベストセラーの地位を維持している。

1961年に発表されたラタンチェアー(YMK長岡)は日本の家具としては初めてニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品に加えられた。

丹下健三設計の香川県庁舎、大谷幸夫設計の国立京都国際会館インテリアデザインホテルニュージャパン京王プラザホテルの内装など多くのデザインを手がけた。

亀倉雄策渡辺力らと共に「グッドデザイン」運動を推進するなど、日本のデザインの草創期を築いた。

乳酸菌飲料として日本国内シェアの高い「ヤクルト」の容器や同社の「ジョア」の容器も、剣持デザインの代表作である[1]

略歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]