別所温泉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
別所温泉駅
別所温泉駅
別所温泉駅
べっしょおんせん - Bessho-Onsen
八木沢 (1.5km)
所在地 長野県上田市大字別所温泉1853-3
駅番号 BE15
所属事業者 上田電鉄
所属路線 別所線
キロ程 11.6km(上田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線
乗車人員
-統計年度-
303人/日(降車客含まず)
-2013年-
乗降人員
-統計年度-
583人/日
-2013年-
開業年月日 1921年(大正10年)6月17日
備考 簡易委託駅(窓口営業時間9:00~17:00)
テンプレートを表示
駅舎
和服制服を着用した観光協会の女性職員。
かつての別所温泉駅の配線。
中央は現在は撤去された2番線の線路。右奥が現在5252号車が保存されている側線への分岐。手前は脱線転轍器。

別所温泉駅(べっしょおんせんえき)は、長野県上田市別所温泉1853番地3にある上田電鉄別所線である。駅番号はBE15。別所線の終点駅で、別所温泉への最寄駅である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線の地上駅。元は頭端式ホーム2面2線だったが、現在は1線は撤去され駅本屋側ホームのみ使用されており、反対側旧ホームは花壇等になっている。また構内には、後付付随車入換用に緩い勾配の側線があったが、現在本線のポイントは撤去され線路は切断されており、1986年10月の架線電圧1,500V昇圧まで運用されていたモハ5250形「丸窓電車」が保存されている。上田丸子電鉄時代からの駅舎が使用されており、当時の社紋が残る。駅舎には駅事務室・待合室・トイレがあるほか、別所温泉観光協会・旅館組合観光案内所(営業時間は9:00~17:00)が入居している。以前は駅隣の駐車場側からそのままホームに入ることが出来たが、その後ホームに柵が設置され、入口は駅舎内の改札口一ヶ所に集約された。

かつては直営駅であったが、現在は別所温泉観光協会に窓口業務を委託する簡易委託駅となっている(窓口営業時間は9:00~17:00)。駅業務を担当する観光協会の女性職員は「観光駅長」名義で和装制服のを着用して勤務している[1]。駅長名義ではあるが一名ではなく、二名が交代で業務を行っている。また自動放送で別所温泉の案内などをしていた時期もあったが、現在は行われていない。自動券売機設置駅(2機)。駅敷地内に温泉旅館の送迎バス乗り場・駐車場・駐輪場がある。

利用状況[編集]

近年の一日平均乗車人員の推移は下記のとおり[2]

年度 一日平均
乗車人員
2010年 305
2011年 293
2012年 298
2013年 303

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1921年(大正10年)6月17日 - 別所駅として開業。
  • 1924年(大正13年)11月22日 - 信濃別所駅に改称。
  • 1930年(昭和5年)1月19日 - 別所温泉駅に改称。
  • 1939年(昭和14年)3月19日 - 路線名称変更により、別所線の駅となる。
  • 1939年(昭和14年)9月1日 - 社名変更により、上田電鉄の駅となる。
  • 1943年(昭和18年)10月21日 - 合併により、上田丸子電鉄の駅となる。
  • 1969年(昭和44年)5月31日 - 社名変更により、上田交通の駅となる。
  • 2005年(平成17年)10月3日 - 鉄道部門子会社化により、上田電鉄の駅となる。
  • 2006年(平成18年)4月11日 - 別所温泉観光協会女性職員2名による和装制服着用の駅長が着任[3]

隣の駅[編集]

上田電鉄
別所線
八木沢駅 - 別所温泉駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 和服の駅長がお出迎え 2008年7月3日 上田電鉄株式会社 別所線情報
  2. ^ 『長野県統計書』各年度版による。
  3. ^ 別所温泉駅長和装制服お披露目式 2015年4月22日 上田市 別所線にのろう!(別所線電車存続期成同盟会)

外部リンク[編集]