中塩田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中塩田駅
改修後の新駅舎(2012年10月8日)
改修後の新駅舎(2012年10月8日)
なかしおだ - Nakashioda
下之郷 (1.3km)
(0.6km) 塩田町
所在地 長野県上田市大字五加字富在家1225-6
駅番号 BE10
所属事業者 上田電鉄
所属路線 別所線
キロ程 7.4km(上田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線
乗車人員
-統計年度-
12人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1921年(大正10年)6月17日
備考 無人駅
テンプレートを表示
改修前の旧駅舎(2004年3月撮影)

中塩田駅(なかしおだえき)は、長野県上田市五加にある上田電鉄別所線である。駅番号はBE10

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ地上駅上田丸子電鉄時代からの駅舎が使用されており、当時の社紋が残る。1980年代まで当駅終着・始発のダイヤが一日数本設定されており、電車は別所温泉方の本線上で折り返していた。以前は駅員が配置されていたが現在は無人駅。当駅始発・終着便もなく、全くの停留場となっているものの、他の別所線の駅に比べ構内は比較的広い。元は対向式ホーム2面2線の駅で構内踏切があった。かつては列車交換も行われていたが、現在は別所温泉方のポイントが撤去されており、行き違いはできないようになっている。残った行き止まりのレール(対向式ホーム2面2線当時は上田方)は構内側線となり、保線用の車両が留置されている。現在ホームは駅本屋側(対向式ホーム2面2線当時は別所温泉方)のみとなっており、反対側旧ホーム(対向式ホーム2面2線当時は上田方)は屋根が撤去され、枕木などの資材が置かれている。駅に接して別所温泉方の長野県道171号塩田仁古田線踏切があり、1970年代まで踏切番小屋が置かれ、踏切番が配置されていたほか、電車が本線上で折り返す際にはこの踏切上に停車していた。この他倉庫などもあったがすべて撤去されている。2009年に駅舎が改修・整備され、再塗装が施されたほか、2012年にはホームも改修され電車との段差が無くなった。上田方の踏切を超えた先にも構内側線があり、使用されていない保線用の工事用車両が留置されている。これらの構内側線や旧ホーム敷地を利用して新車の搬入や旧車の解体も行われている。

利用状況[編集]

近年の一日平均乗車人員の推移は下記のとおり[1]

年度 一日平均
乗車人員
2010年 14
2011年 18
2012年 10
2013年 12

駅周辺[編集]

  • 上田市立中塩田小学校

歴史[編集]

駅舎改修工事[編集]

2009年(平成21年)9月10日 から同年11月10日の期間で駅舎の改良修繕工事が行われた。

隣の駅[編集]

上田電鉄
別所線
下之郷駅 - 中塩田駅 - 塩田町駅

関連項目[編集]

  1. ^ 『長野県統計書』各年度版による。