さくら国際高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さくら国際高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人上田煌桜学園(うえだこうおうがくえん)
設立年月日 2005年
創立者 荒井裕司
共学・別学 男女共学
課程 通信制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
高校コード 20521E
所在地 386-1433
長野県上田市大字手塚1065番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
さくら国際高等学校の位置(長野県内)
さくら国際高等学校

さくら国際高等学校(さくらこくさいこうとうがっこう)は、長野県上田市にある広域制の単位制通信制高等学校である。そのほかのさくら国際高等学校に関する施設は、すべて高等学校通信教育における通信制サポート校である。 学園長は荒井裕司

概要[編集]

当初は、内閣府構造改革特別区域株式会社立学校として開校し、2006年には在籍生徒数500名、2011年には在籍生徒数1000名となる。 また、通信制高等学校であるため、学習相談センターも設置しており、現在74の施設に学習センターを設置している。(必ずしも各学習相談センター・学習センターは○○センターなどを呼称しているわけではない。また、学習相談センターによっては、さくら国際高等学校のホームページからでないと学習相談センターであることを確認できない場合がある。 2013年3月に、NBS[要曖昧さ回避]の企画により訪れた松山三四六により校歌「咲き誇る桜のように」が制定された。学園長曰く、「さくらは私たち日本人が大切にしている代表的なもののひとつです。私は生徒ひとりひとりを桜の苗木と考えています。そして私たち学園や地域の人々、保護者をはじめ生徒にかかわる皆さんが肥料となって、さくらを満開にさせるのが私達の夢であり、目標です」とのことで、命名した。

沿革[編集]

全国的に珍しい特徴[編集]

  • さくら国際高等学校は、旧上田市立西塩田小学校の校舎を利用している。さくら国際高等学校の南校舎は文化財級の歴史的価値を認めることができる建築物である。実際に映画・ドラマなどのロケ地として使用されることも少なくない。
  • 上田電鉄よりモハ5250形「丸窓電車」1両が無償譲渡され、校舎内に電車が保存されている。これは全国的に珍しく車内に入ること及びその中で食事等を行うことも学校の許可のもと許されていたり、運転席エリアへの入室、ブレーキハンドル、車掌スイッチなどの運転関連機器(当然実際の使用は不能)の操作も可能となっており、非常に珍しい保存体制が執られている。このような保存体制はモハ5250形「丸窓電車」に限ってはさくら国際高等学校でしか行われていない。
  • 近隣にある西塩田保育園との交流が盛んで、特に入学式等で園児と一緒に会場に入場するというのは全国的に珍しい。

交通[編集]

系列校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 丸窓電車、地元のさくら国際高へ「生徒と活用考える」”. 朝日新聞 (2011年3月2日). 2011年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月5日閲覧。
  2. ^ レトロ「丸窓電車」、地元の高校に無料譲渡”. 読売新聞 (2011年3月2日). 2011年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月5日閲覧。
  3. ^ 学校法人化のお知らせ”. さくら国際高等学校 東京校 (2015年2月3日). 2015年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]