佐々木敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 敏夫
ささき としお
生年月日 (1942-10-21) 1942年10月21日(79歳)
出生地 日本の旗大分県豊後高田市
出身校 専修大学経済学部卒業
所属政党自由民主党→)
無所属

当選回数 2回
在任期間 2017年4月24日 - 現職

大分県の旗 第64代 大分県議会議長
在任期間 2003年5月19日 - 2004年6月22日

大分県の旗 第79代 大分県議会副議長
在任期間 1999年5月17日 - 2000年3月30日

大分県の旗 大分県議会議員
選挙区 豊後高田市選挙区
当選回数 8回
在任期間 1987年4月30日 - 2017年
テンプレートを表示

佐々木 敏夫(ささき としお、1942年10月21日 - )は、日本政治家大分県豊後高田市長(2期)。元大分県議会議員(8期)、元大分県議会議長。

来歴[編集]

大分県豊後高田市出身[1]。1965年(昭和40年)3月、専修大学経済学部卒業。

1987年(昭和62年)、大分県議会議員選挙に初当選。2003年(平成15年)に県議会議長に就任[2]。また、県議時代は自由民主党県連副会長などを務めた[3]

2017年(平成29年)2月13日、次期豊後高田市長選挙への出馬を表明[4]。同年4月16日に行われた市長選に、市外在住者向けの土地代無料の分譲団地造成や、中学生までの給食費無料化、高校生までの医療費無料化などを公約に掲げ立候補。現職の永松博文市長から事実上の後継指名を受けた元豊後高田商工会議所会頭の野田洋二との一騎打ちを制し初当選を果たした[5]。4月24日、市長就任。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:19,399人 最終投票率:73.57%(前回比:+14.43pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
佐々木敏夫74無所属7,127票50.50%
野田洋二69無所属6,987票49.50%

2021年、無投票により再選[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]