荒金啓治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒金 啓治(あらかね けいじ、1897年(明治30年)5月2日 - 1988年(昭和63年)11月28日)は、大分県政治家である。5期20年にわたって別府市長を務めた。

概要[編集]

  • 出生地:大分県別府市
  • 出身校:別府北尋常高等小学校高等科(大正3年卒)
  • 前職:大分県別府市長(5期20年)
  • 所属政党:無所属
  • 別府市名誉市民第一号[1]
  • 戦後 初代 大分県議会議長[2]

脚注[編集]

  1. ^ 平成23年度(2011) 別府市の概要 (PDF) 別府市企画部政策推進課
  2. ^ 歴代議長・副議長一覧 大分県ホームページ

関連項目[編集]