伝馬 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伝馬
—  町名  —
伝馬の位置(愛知県内)
伝馬
伝馬
伝馬の位置
座標: 北緯35度7分8.22秒 東経136度54分35.62秒 / 北緯35.1189500度 東経136.9098944度 / 35.1189500; 136.9098944
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
熱田区
町名制定 1981年(昭和56年)9月20日
人口 (2015年10月1日現在)
 - 計 2,684人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 456-0034
市外局番 052
ナンバープレート 名古屋

伝馬(てんま)は、愛知県名古屋市熱田区の町名。一丁目から三丁目が存在する。郵便番号は456-0034[1]。人口は2684人(2015年10月1日現在)[2]

地理[編集]

名古屋市熱田区南東端に位置し、東は瑞穂区浮島町、西は内田町神戸町、南は南区内田橋、北は神宮に接する。

学区[編集]

河川[編集]

歴史[編集]

町名の由来[編集]

当地は旧東海道沿いにあり、慶長3年(1601年)に宮宿(熱田宿)と隣の今道が、共に伝馬役に任命された。それを機に両者を合わせて伝馬町と称したのが町名の由来となっている[4][5]

沿革[編集]

伝馬町[編集]

伝馬[編集]

  • 1981年9月20日 - 以下の通り、熱田区羽城町全域および熱田東町・市場町・内田町・神戸町・図書町・伝馬町・富江町中瀬町の各一部より同区伝馬一~三丁目が成立[6]
    • 一丁目 - 市場町・内田町・神戸町・伝馬町・富江町・中瀬町の各一部
    • 二丁目 - 羽城町全域および内田町・神戸町・図書町・伝馬町・富江町の各一部
    • 三丁目 - 熱田東町・図書町・伝馬町の各一部

施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 郵便番号検索 愛知県名古屋市熱田区の郵便番号一覧” (日本語). 日本郵便. 2017年5月6日閲覧。
  2. ^ “名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成27年国勢調査)統計表(区別)(9)熱田区”. 名古屋市総務局企画部統計課. (2016年3月31日). http://www.city.nagoya.jp/somu/page/0000081529.html 2017年5月28日閲覧。 
  3. ^ a b 名古屋市教育委員会事務局子ども応援委員会制度担当部学校計画室計画係. “名古屋市立小・中学校の通学区域一覧(熱田区)” (日本語). 名古屋市. 2017年8月22日閲覧。
  4. ^ 名古屋市計画局 1992, p. 432.
  5. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 867.
  6. ^ a b c d e f g h i j 名古屋市計画局 1992, p. 811.
  7. ^ 『角川日本地名大辞典』では、1939年に昭和区伝馬町として成立後、1944年に瑞穂区所属になったとしているが、『なごやの町名』および『熱田区誌』、『瑞穂区誌』にはいずれもそのような記述はない。
  8. ^ a b 名古屋市計画局 1992, p. 846.
  9. ^ a b 名古屋市計画局 1992, p. 808.

参考文献[編集]

関連項目[編集]