檀渓通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
檀渓通
檀渓跡 (2021年(令和3年)8月)
檀渓跡
(2021年(令和3年)8月)
檀渓通の位置(愛知県内)
檀渓通
檀渓通
檀渓通の位置
檀渓通の位置(名古屋市内)
檀渓通
檀渓通
檀渓通 (名古屋市)
北緯35度8分45.07秒 東経136度56分47.69秒 / 北緯35.1458528度 東経136.9465806度 / 35.1458528; 136.9465806
日本の旗 日本
都道府県 愛知県の旗 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
昭和区
瑞穂区
町名制定[1] 1931年(昭和6年)10月1日
人口
2019年(平成31年)1月1日現在)[WEB 1]
 • 合計 1,556人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
466-0842(昭和区)[WEB 2]
467-0021(瑞穂区)[WEB 3]
市外局番 052 (名古屋MA)[WEB 4]
ナンバープレート 名古屋

檀渓通(だんけいとおり)は愛知県名古屋市昭和区瑞穂区にある町名。現行行政地名は檀渓通1丁目から檀渓通5丁目。住居表示未実施[WEB 5][WEB 6]

地理[編集]

名古屋市昭和区の中央部並びに瑞穂区の北部に位置し、愛知県道30号関田名古屋線の通り沿いに1丁目から南に向かって5丁目まで並列して設置されている。

河川[編集]

[編集]

  • 石川橋
2003年(平成15年)11月から改築工事が行われ、翌年7月25日に新たな橋が開通している[新聞 1]。欄干に桜のモチーフが施されている[新聞 1]

歴史[編集]

町名の由来[編集]

約300年ほど前、菩提所白林寺住職であった檀渓和尚が当地でを建てて山崎川の景色を楽しんだ景勝地であることに由来する[2][WEB 7]

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[WEB 1]

昭和区 町丁 世帯数 人口
昭和区 檀渓通 817世帯 1,556人

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学校等は以下の通りとなる[WEB 8]。また、公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[WEB 9]。なお、小・中学校は学校選択制度を導入しておらず、番毎で各学校に指定されている。

丁目 小学校 中学校 高等学校
昭和区 檀渓通1丁目 名古屋市立広路小学校
名古屋市立八事小学校
名古屋市立駒方中学校 尾張学区
檀渓通2丁目
檀渓通3丁目 名古屋市立松栄小学校 名古屋市立桜山中学校
檀渓通4丁目
檀渓通5丁目 名古屋市立松栄小学校
名古屋市立八事小学校
名古屋市立桜山中学校
名古屋市立駒方中学校
瑞穂区 檀渓通5丁目 名古屋市立汐路小学校
名古屋市立陽明小学校
名古屋市立汐路中学校

交通[編集]

施設[編集]

略地図
1
紫雲殿川名斎場
2
名古屋トヨペット檀渓通店
3
中部電力パワーグリッド山中町変電所
4
名古屋市立大学留学生宿舎
5
名古屋檀渓通郵便局
6
三菱UFJ銀行石川橋支店

その他[編集]

日本郵便[編集]

  • 集配担当する郵便局は以下の通りである[WEB 10]
町丁 郵便番号 郵便局
昭和区 檀渓通 466-0842[WEB 2] 昭和郵便局
瑞穂区 檀渓通 467-0021[WEB 3] 瑞穂郵便局

脚注[編集]

[脚注の使い方]

WEB[編集]

  1. ^ a b 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  5. ^ 昭和区の町名一覧”. 名古屋市 (2015年10月21日). 2019年1月12日閲覧。
  6. ^ 瑞穂区の町名一覧”. 名古屋市 (2015年10月21日). 2019年1月12日閲覧。
  7. ^ 瑞穂区の町名(た行)”. 名古屋市瑞穂区役所区政部地域力推進室地域力推進係 (2018年4月12日). 2021年8月3日閲覧。
  8. ^ 市立小・中学校の通学区域一覧”. 名古屋市 (2018年11月10日). 2019年1月14日閲覧。
  9. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  10. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年01月06日閲覧 (PDF)

新聞[編集]

  1. ^ a b 加藤美喜「装い一新洪水対策も 昭和区石川橋が開通 三世代夫婦ら渡り初め」『中日新聞』、2004年7月26日。

書籍[編集]

参考文献[編集]

  • 名古屋市計画局(日本語) 『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年3月31日。全国書誌番号:93012879 
  • 名古屋国際高等学校社会科教科会 編(日本語) 『昭和区の歴史』愛知県郷土資料刊行会、02-10。ISBN 978-4871610568全国書誌番号:20019199 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、檀渓通に関するカテゴリがあります。