伊藤真乗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤真乗(いとう しんじょう、俗名・伊藤文明(いとう ふみあき)、明治39年(1906年)3月28日 - 平成元年(1989年)7月19日)は、日本宗教家で、真言宗の僧侶から、仏教(真言宗)系新宗教真如苑[1][2][3][4][5]の開祖となった。また開祖修行の祖山・真言宗醍醐寺からは真如三昧耶流の流祖(創始者)と位置づけられている[6]。なお俗名「文明」は「ふみあき」が正式名称であるが「ぶんめい」と音読みする場合も多い。妻は真如苑苑主の伊藤友司

年譜[編集]

1906年明治39年)3月28日、山梨県北巨摩郡秋田村(現・山梨県北杜市長坂町)において伊藤文二郎・よしえの次男として出生(6人兄弟姉妹の3番目)。文明は少年期、天理教信者であった母の影響で天理教に親しみ、曹洞宗禅寺の檀家総代であった父からは、と家伝の易学「甲陽流病筮鈔(びょうぜいしょう=武田信玄兵法である甲陽軍鑑をベースにするとされる)」を学んだ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「一如の道」(伊藤真乗著 真如苑教学部 1957/1968/1979/2007年)
  • 「燈火念念(ともしびねんねん)」(伊藤真乗著 真如苑教学部 1976年)
  • 「常楽の華(よろこびのはな)」(伊藤真乗著、1979年)
  • 「法の琴譜樹(のりのことぶき)」(伊藤真乗著、1983年)
  • 「讃樹(さんじゅ)」(橘佐久夫編、立教五十年傘寿記念出版、伊藤真乗作品聚成、1986年)
  • 「歓喜世界」(真如苑季刊誌)
    以上、すべて真如苑内における刊行物。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小学館『日本大百科全書 12』(1986.11)P566~567 新宗教
  2. ^ 小野泰博『日本宗教事典』弘文堂(1987/2)P645
  3. ^ 井上順孝/他『新宗教事典(本文篇)』弘文堂(1994/07) P38,P60
  4. ^ 文化庁『宗教年鑑 平成27年版』 P15,P16
  5. ^ 宗教教団新研究会『最新「宗教」教団ガイドブック』 ベストブック (2011/08)P58~P61
  6. ^ 真乗刊行会『真乗 心に仏を刻む』 (2007)中央公論新社 P299~302
  7. ^ 伊藤真乗『燈火念念(ともしびねんねん)』(1976年)真如苑教学部 P68~69
  8. ^ 沼田健哉『宗教と科学のネオパラダイム 新新宗教を中心として』 創元社(1995/1)P364
  9. ^ 真乗刊行会『真乗 心に仏を刻む』 (2007)中央公論新社 P382~393

外部リンク[編集]