伊藤真乗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤真乗(いとう しんじょう、俗名・伊藤文明(いとう ふみあき)、明治39年(1906年)3月28日 - 平成元年(1989年)7月19日)は、日本宗教家で、真言宗の僧侶から、仏教系新宗教真如苑[1][2][3][4][5]の開祖となった。また開祖修行の祖山・真言宗醍醐寺からは真如三昧耶流の流祖(創始者)と位置づけられている[6]。なお俗名「文明」は「ふみあき」が正式名称であるが「ぶんめい」と音読みする場合も多い。

年譜[編集]

1906年明治39年)3月28日、山梨県北巨摩郡秋田村(山梨県北杜市長坂町)において伊藤文二郎・よしえの次男として出生(6人兄弟姉妹の3番目)。長じて父・文二郎から、一子相伝の家学である易学、「甲陽流病筮鈔(びょうぜいしょう=武田信玄兵法である甲陽軍鑑をベースとする)」を授かる。

  • 1923年大正12年)、父の死去に際し、苦学を志し上京、中央電信局(現NTT)購買部に勤務するかたわら夜学に励む。
  • 1924年(大正13年)、東京市神田区神田錦町 の正則英語学校普通科(斎藤秀三郎校長 / 現 正則学園高等学校)入学。
  • 1925年(大正14年)3月、正則英語学校卒業。正則英語学校高等科に進学するが、規則(勅令青年訓練所令)により高等科を辞し、青年訓練所に入る。中央電信局を退職神田神保町写真機材店に勤務。ドイツベルリン工科大学で学び帰国した写真家、京橋区出雲町(銀座八丁目)の有賀写真館(PHOTO_KUNST ATELIER T.G.ARIGA TOKYO)、有賀乕五郎に師事し、最新写真術の研鑽に励んだ。真乗の自著『燈火念念 1976』によると、ヘリアー(Heliar)レンズ、写真印画紙の塩臭素紙(Chlorine bromide paper)の技術を修得したと回想している。一方、時代はラジオ放送の草創期にあたり、機材店では、アメリカのラジオ配線図(回路図)を入手し独力で受信機の製作を成功させ、これを量産した[7]。このころの文明少年(19歳)がレシーバーを耳に、自作機と推われる受信機と写る写真がのこされている。 
  • 1927年昭和2年)、1926年(大正15年)の徴兵令により、立川飛行場陸軍近衛師団管下の飛行第5連隊に入隊、写真科に配属。乙式一型偵察機(仏ライセンス製造機 サルムソン 2A2)に搭乗。
  • 1928年(昭和3年)12月10日、除隊。
  • 1929年(昭和4年)1月、石川島飛行機製作所技術部に入社。このころ同僚との縁から浄土教学や法華経などに触れる。4月、大日本易占同志会(石龍子主宰)に入会し、教師資格を取得した。家伝の易学研鑽を深め、無償で諸相談に応じていたと伝えられる。
  • 1932年(昭和7年)4月、内田友司と結婚。文明と友司は同郷で、またいとこの続柄であった。友司の祖母・きん、叔母は法華行者であり霊能者であった。文明は熱心なキリスト教徒であった長姉の勧めに、ホーリネス淀橋教会小原十三司牧師)で街頭伝道も体験し、立川ペンテコステ教会でも聖書を学んだ。また、心霊科学研究会の会員との交流から、スピリチュアリズムにも触れた。夫婦互いの家系に伝わる宗教的背景を感得し、次第に仏教に傾斜してゆく[8]
  • 石川島飛行機では、石川島R-3型練習機(法政大学航空研究会による訪欧機・青年日本号で知られる)、陸軍の要請を受けての国産機の開発草創期に、九一式戦闘機中島飛行機設計)の生産、後年「赤とんぼ」の愛称で知られることになる九五式一型練習機(キ-9)、九五式三型練習機(キ-17)の試作開発等に携わった。
  • 1935年(昭和10年)12月、大日大聖不動明王を勧請。
  • 1936年(昭和11年)2月8日、妻友司と共に宗教専従を決意する。石川島飛行機製作所(のち 立川飛行機株式会社、立飛企業株式会社に商号変更)を退職。この日をもって立教の日としている。
  • 同年3月、真言宗成田山新勝寺の講中として、成田山立照講を結成届出。
  • 同年5月、醍醐寺三宝院道場(京都府)にて出家得度法名 天晴。
  • 同年6月、高尾山蛇滝にて滝行を始める。
  • 1937年(昭和12年)、寒行中に板彫りの「半跏趺坐不動明王像」を刻む。また、このころ描いたと推われる「不動明王画像」が数軸残されている。
  • 1938年(昭和13年)10月、醍醐寺末寺として、「真言宗醍醐派 立川不動尊教会」設立。
  • 1939年(昭和14年)10月、醍醐寺に上山、佐伯恵眼大祇師のもと『最勝恵印三昧耶法』を受法、恵印灌頂を法畢。
  • 1941年(昭和16年)3月、醍醐寺より、東京府北多摩郡村山村萩ノ尾(東京都武蔵村山市中央)、福聚山一住坊「常宝院」特命住職に命じられる。4月、宗教団体法施行の下、文部省主導の戦時宗教政策による全真言宗の合同に「真言宗 立川不動尊教会所」となり第15教区(多摩地域)に所属、二ヶ寺を兼務した。一住坊常宝院は、慶安年中(1650年代)来の当山派修験道の堂刹で、神仏分離令以降荒廃に瀕した同寺院の復興に挺身する。
  • 1942年(昭和17年)4月20日に戸籍名を「伊藤文明」から「伊藤真乗」に改名。同月、宗教団体法の法令に沿い、立川不動尊教会を本部に、成田山立照講、高尾山清瀧講を傘下に「常宝會」を結成、文部省宗教局に届出、認証下りる(4月21日)。4月25日、三女 真砂子誕生(現 真如苑苑主 伊藤真聰)。
  • 1943年(昭和18年)3月、醍醐寺にて、 佐伯恵眼第九十六世座主のもと入壇。伝法灌頂を法畢し、真言密教の法流血脈を相承。大阿闍梨となる。宗教団体法にもとづき「常宝會」支部結成を呼びかける。都区内の布教も活発化する。この同志的結集が戦後の独立、宗団結成につながる。
  • 1946年(昭和21年)2月、立川不動尊教会が真言宗から独立。
  • 1948年(昭和23年)1月、新制定の宗教法人令のもと、新たな宗団「まこと教団」を設立。「立川不動尊教会」を「真澄寺」と名称変更する。真乗は管長となる。教線の拡大に各地に塔中寺院、教師養成機関「智泉寮(智流学院)」を真澄寺内に開講。境外仏堂布教が拡がる。
  • 1950年(昭和25年)8月、元内弟子の告発により、真乗逮捕(「まこと教団事件」発生)。
  • 1951年(昭和26年)4月、教団名を「真如苑」と改称。かねてから研鑚していた大般涅槃経を根本経典として教団の新体制を整える。真乗は教主となる。
  • 1953年(昭和28年)5月、新施行の宗教法人法のもと、文部大臣認証を得て「宗教法人 真如苑」となる(総本部 真澄寺)。
  • 1955年(昭和30年)4月、日本宗教連盟参議となる。
  • 1957年(昭和32年)1月、新道場の本尊として「丈六仏」(約5m 石膏像)の制作に着手、久遠常住釈迦牟尼如来(大涅槃像)を独力で刻み、三ヶ月で完成。
  • 1966年(昭和41年)3月、醍醐寺から大僧正位を受ける。11月、タイ国で開催された「第8回世界仏教徒会議」に日本仏教界代表として出席。
  • 1967年(昭和42年)6月、「欧州宗教交流国際親善使節団」団長としてヨーロッパ7カ国、イスラエルを歴訪、ローマ教皇パウロ6世と面会。
  • 1970年(昭和45年)10月、米国カリフォルニア州モンテベロ市に寄贈した聖徳太子像の贈呈式が行われ名誉市民となる。
  • 1976年(昭和51年)5月、醍醐寺金堂において、教主導師による醍醐寺開創一千百年慶讃法要を執行。
  • 1979年(昭和54年)3月、発祥第二精舎落慶 本尊十一面観世音菩薩入仏開眼法要を厳修。6月、「真如苑宗教交流親善使節団」として欧州5カ国を巡教。
  • 1984年(昭和59年)4月、醍醐寺金堂において、教主大導師、法嗣副導師による弘法大師入定一千百五十年御遠忌法要を執行。
  • 1989年(平成元年)7月19日(午前0時23分)遷化享年83[9]

まこと教団事件[編集]

 立川地区警察署は、まこと教団で集団リンチが行われているとの聞き込みで、1950年8月21日午前0時、同教団総本部に手入れを行い、教団管長の伊藤真乗を逮捕した[10]。昭和27年5月7日、一審・東京地方裁判所八王子支部では、伊藤真乗に懲役1年の実刑判決を下した。昭和29年1月30日、東京高等裁判所の控訴審判決では、伊藤真乗に傷害罪懲役8月・執行猶予3年の判決を下し確定した[11]。宗教評論家たちの間では、有罪判決が出たことについて、新宗教を十把ひとからげに邪教淫祀扱いする戦前以来の日本官憲の偏見の犠牲になったものとの見方が有力である[12]新宗連はまこと教団事件について、「当然無罪となるべき事件だったが、官憲やジャーナリズムを始め世間一般が、新宗教といえば実体を見極めずに邪教視、弾圧しようとした、そのころの風潮を露骨に示す実例」と総括した[13]

人物・エピソード[編集]

教主は自らに厳しく人には慈愛に満ちた人物であった。三女が教団を継いだが、これは親子だからではなく、たまたま最も後継者にふさわしい人物が三女であったからにすぎない。教団を我が物としようした長女夫妻は、特に夫の不品行が甚だしく教主から戒められたが、長女夫妻は自ら苑を去った。次女も傲慢であったため、教徒の心が離れ遂には自ら教団を去った。三女、四女は教主の教えを護り、三女が教団の後継者となる[要出典]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「一如の道」(伊藤真乗著 真如苑教学部 1957/1968/1979/2007年)
  • 「燈火念念(ともしびねんねん)」(伊藤真乗著 真如苑教学部 1976年)
  • 「常楽の華(よろこびのはな)」(伊藤真乗著、1979年)
  • 「法の琴譜樹(のりのことぶき)」(伊藤真乗著、1983年)
  • 「讃樹(さんじゅ)」(橘佐久夫編、立教五十年傘寿記念出版、伊藤真乗作品聚成、1986年)
  • 「歓喜世界」(真如苑季刊誌)
    以上、すべて真如苑内における刊行物。
  • 「真乗 心に仏を刻む」 - 奈良康明著、中央公論社、2007年)ISBN 9784120038440
  • 「真言宗報」(1941~1946 真言宗宗務所 東京都芝区愛宕町 )
  • 「神変」(1936~1944 神変社 京都市伏見区醍醐端山町)
  • 「高野山時報」(1942 和歌山県伊都郡高野町高野山)
    上記刊行物は、立川不動尊教会・合同真言宗時代に関連する資料。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小学館『日本大百科全書 12』(1986.11)P566,P567 新宗教
  2. ^ 小野泰博『日本宗教事典』弘文堂(1987/2)P645
  3. ^ 井上順孝/他『新宗教事典(本文篇)』弘文堂(1994/07) P38,P60
  4. ^ 文化庁『宗教年鑑 平成27年版』 P15,P16
  5. ^ 新宗教研究会『図解 新宗教ガイド』 九天社 (2006/01)P42~P47
  6. ^ 真乗刊行会『真乗 心に仏を刻む』 (2007)中央公論新社 P299~302
  7. ^ 伊藤真乗『燈火念念(ともしびねんねん)』(1976年)真如苑教学部 P68~69
  8. ^ 沼田健哉『宗教と科学のネオパラダイム 新新宗教を中心として』 創元社(1995/1)P364
  9. ^ 真乗刊行会『真乗 心に仏を刻む』 (2007)中央公論新社 P382~393
  10. ^ 朝日新聞 昭和25年8月22日(火曜日)(日刊) 8版 2面中段右
  11. ^ 井上順孝,対馬路人,西山茂,他/篇『新宗教事典 本文篇』 弘文堂 1994/7 P509,510
  12. ^ 三土修平『水ぶくれ真如苑』第三部第二章 AA出版(1987/12)
  13. ^ 新日本宗教団体連合会 『戦後宗教回顧録』新宗連調査室(1963年) P70,71

外部リンク[編集]