伊藤真聰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 真聰(いとう しんそう、1942年(昭和17年)4月25日 - )は、日本の女性宗教家真言宗系の在家仏教教団、真如苑の苑主(継主)である[1]。本名、伊藤 真砂子(いとう まさこ)。

略歴[編集]

1942年4月25日に、宗教家であり父親である開祖、伊藤真乗と真如苑霊祖である母親、伊藤友司の三女として東京都立川市にて出生する[2]。1965年に大正大学文学部哲学科(宗教学専攻)を卒業し、その後、真如苑事務局に入局する。1971年(昭和46年)に真如三昧耶法を相承し、大阿闍梨となる[3]1983年(昭和58年)10月、真如法燈継承の儀により、法流を相乗[3]1989年(平成元年)には、父・伊藤真乗の遷化にともない、真如苑第3代苑主、燈檠山真澄寺首座に就任する[3]

1992年(平成4年)に真言宗醍醐派総本山醍醐寺により位階を荘厳され、大僧正位を授与される[4][5]1997年(平成9年)、総本山醍醐寺が開祖伊藤真乗の功績を顕揚し、真如三昧耶堂を醍醐寺に建立[3]、その法要として、醍醐寺の国宝金堂で導師を勤める[注 1][2]

宗教活動[編集]

タイ国上座部のパクナム寺院との交流、バチカンでのヨハネ・パウロ2世との会見など、また多くの法要も海外で行われ、支援やボランティアの財団、団体を設立して、災害や貧困などの救援活動も展開している[2]。現在は、宗教法人代表を離れ、宗教指導者として活動する[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1997年に継主真聰は、総本山醍醐寺金堂の歴史において、開山以来、初めての女性導師として法要を修めている。

出典[編集]

  1. ^ 真如苑. “真如苑 概要”. Shinnyo-en. 2018年8月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 真如苑. “真如継主の歩み”. Shinnyo-en. 2018年8月18日閲覧。
  3. ^ a b c d 真如苑. “年譜”. Shinnyo-en. 2018年8月18日閲覧。
  4. ^ 島田裕巳『現代にっぽん新宗教百科』 柏書房 (2011/09) P97
  5. ^ 井上順孝『世界宗教百科事典』丸善出版(2012/12) P427

関連項目[編集]

外部リンク[編集]