佐伯恵眼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐伯 恵眼(さえき えげん)、1873年明治6年)1月20日 - 1951年昭和26年)1月25日)は、日本の宗教家、真言宗僧侶。真言宗総本山醍醐寺第九十六世座主真言宗醍醐派管長三宝院門跡、京都専門学校校長(現・種智院大学学長)。

年譜[編集]

  • 1873年(明治6年)1月20日 - 備後国福山藩領、小田県福山町野上(広島県福山市野上町2315)士族、森本梁祐次男として生まれる。[1]
  • 1883年(明治16年)9月9日、広島県御調郡(みつぎぐん)尾道(広島県尾道市)摩尼山西國寺にて、多田實圓(実円)阿闍梨に就いて得度。
  • 1886年(明治19年)- 4月3日、西國寺道場にて、多田實圓阿闍梨に従い、四度加行開白。
  • 1887年(明治20年)
    • 2月9日、西國寺道場にて、多田實圓阿闍梨に従い、加行成満。
    • 4月9日、西國寺道場にて、多田實圓阿闍梨に従い、入壇灌頂
  • 1889年(明治22年)- 11月7日、度牒拝受。
  • 1891年(明治24年)- 5月27日、高野山真別處道場にて、別處榮厳大僧正に従い進具。
  • 1891年(明治24年)- 6月、別處榮厳阿闍梨より、安流伝授。(安流 * 真言宗小野流三派の一つ 安祥寺流)
  • 1893年(明治26年)- 5月、海島宥中阿闍梨より、西院流 および、中院流を伝授。

                     (西院流(にしのいんりゅう) * 保寿院流・仁和御流・西院流を仁和三流と称す

  • 1895年(明治28年)- 12月、高野山古義大学林(現 高野山大学)を卒業。
  • 1899年(明治32年)- 7月、第一高等学校文科大学予科を卒業。
  • 1902年(明治35年)
  • 1906年(明治39年)- 真言宗聯合京都大学と改称[2]
  • 1907年(明治40年)- 1月、上田照遍阿闍梨より、安流伝授。
  • 1908年(明治41年)- 10月、葦原寂照阿闍梨より、三宝院流伝授。
  • 1911年(明治44年)-『真言宗真髄』を六大新報社より刊行。(明治43年、徳島市における仏教講演会講話録)[3]
  • 1914年(大正3年)- 5月、尾道真言宗各派連合宗務支所、学頭に任ぜらる。
  • 1918年(大正7年)- 9月、古義真言宗連合長者・真言宗御室派管長、土宜法龍阿闍梨より、西院流を伝授。
  • 1919年(大正8年)-『宗教発達史上に於ける真言密教』を六大新報社より刊行。[4]
  • 1926年(大正15年)
    • 9月7日 - 学階『学匠』
    • 9月22日 - 教階『主教』に補せらる。
  • 1934年(昭和9年)
    • 7月9日、醍醐寺第九十六世座主、真言宗醍醐派第五世管長、総本山醍醐寺三宝院門跡に就任。
    • 11月18日、真言宗醍醐派第五世管長、総本山醍醐寺座主第九十六世、晋山の厳儀。
  • 1943年(昭和18年)- 2月22日、京都専門学校長、東寺中学校長就任。(旧 真言宗京都大学/京都中学 現 種智院大学/洛南高等学校
  • 1946年(昭和21年)- 6月22日、三宝院門跡を辞任[5]
  • 1951年(昭和26年) 1月25日、遷化。法号・無量光院恵眼大僧正。法六十八、世壽七十八歳。

脚注[編集]

  1. ^ 以下1934の項まで、「神変」(真言宗総本山醍醐寺機関誌)に拠る。
  2. ^ 種智院大学 沿革
  3. ^ 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  4. ^ 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  5. ^ 『真言宗年表』(六大新報社)

参考文献[編集]

  • 『神変』(高野山大学図書館蔵)
  • 総本山醍醐寺座主、三宝院門跡就任時の『神変』誌(京都市伏見区醍醐 1934年/昭和9年)掲載年譜。
  • 国立国会図書館収蔵資料[要文献特定詳細情報]
  • 『六大新報』(六大新報社)
  • 『真言宗年表』(六大新報社)