城戸朱理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

城戸 朱理(きど しゅり、男性、1959年5月23日 - )は、日本詩人。本名は「きどあけり」と読む。

岩手県盛岡市生まれ。神奈川県鎌倉市在住。岩手県立盛岡第一高等学校明治大学文学部卒業[1]。20歳で『ユリイカ』新鋭詩人に選ばれる。高貝弘也田野倉康一広瀬大志と同人誌『洗濯船』(1982年 - 1987年)に参加。1994年『不来方抄』で第5回歴程新鋭賞受賞。2011年『幻の母』で芸術選奨新人賞受賞。2012年『漂流物』で第30回現代詩花椿賞受賞。2013年、岩手日報文化賞受賞。六本木詩人会同人。フェリス女学院大学文学部非常勤講師。2018年、ドキュメンタリー映画「幻を見るひと」(出演:吉増剛造、監督 井上春生、2018)をプロデュース、各国の国際映画祭に招待されている。

単著[編集]

詩集[編集]

  • 『召喚』書肆山田、1985年
  • 『モンスーン気候帯』沖積舎、1991年
  • 『非鉄』思潮社、1993年
  • 『不来方抄』思潮社、1994年
  • 『まんぼう』矢立出版、1995年
  • 現代詩文庫 城戸朱理詩集』思潮社、1996年 ISBN 4-7837-0909-2
  • 『夷狄 バルバロイ』思潮社、1998年
  • 『千の名前』思潮社、1999年
  • 『地球創世説』思潮社、2003年
  • 『幻の母』思潮社、2010年 - 第61回芸術選奨文部科学大臣新人賞
  • 『世界-海』思潮社、2010年
  • 『漂流物』思潮社、2012年

詩論・その他[編集]

ドキュメンタリー映画[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.448

外部リンク[編集]

関連項目[編集]