伊藤ヨタロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 ヨタロウ(いとう ヨタロウ、1956年2月1日 - )は、東京都出身のミュージシャン、俳優、舞台音楽作曲家、音楽プロデューサー。東流会レーベル(MIDIレコード)主宰。メトロファルスのリーダー・ヴォーカリスト。旧名は伊藤 与太郎。A型。

経歴[編集]

渋谷のロック喫茶店BYGや風都市でのアルバイトを経て、はちみつぱいおよび初期ムーンライダーズの実質的なローディーを務める。1970年代後半に木原浩と共にロックバンド「ホットランディング」(名付け親はムーンライダーズの岡田徹)を結成し、ムーンライダーズのオープニングアクトやライブのバッキングコーラス、やまがたすみこのバックなどを務める。その後、チャーリー、ライオン・メリィ、光永"GUN"巌、白井良明が加入し、鈴木慶一プロデュースでデモテープを製作するが、1980年に解散。

1981年、ホットランディングを母体にロックバンド「メトロファルス」を結成し、1982年にKitchenレコードから20cmEP「SAKAMOGI SONG」を発表し、レコードデビュー。以降、メンバー交代を繰り返しながらインディーズとメジャーのレコード会社を渡り歩く。

メトロファルスでの活動のほか、1998年には濱田理恵と「ホーカシャン」というユニット、2008年には「ヨタロウ with メトローマンスホテル」名義で作品を発表。

メトロファルス解散後は「ヨタロウバンド」や今堀恒雄との「オトコンテ」にてライブ活動を継続する。2016年、毎年開催している「東京流れ者会」にて初のソロアルバムを発表。

演劇・舞台との関わりも深く、鈴木勝秀がかつて主催していた演劇集団「ZAZOUS THEATER」の舞台(『Thirst』、『シープス』、『銀龍草』、『Loony』、『Lynx』等)に出演。その他、大人計画松尾スズキ演出作品をはじめとし、音楽監督・作曲も手がける。音楽監督を務めた作品としては、松尾スズキ演出『キレイ』、『ニンゲンご破産』。ケラリーノ・サンドロヴィッチ作品『カメレオンズ・リップ』、『労働者M』。蜷川幸雄演出の『道元の冒険』『たいこどんどん』など。

俳優としては、前記の「ZAZOUS THEATER」の舞台ほか、鈴木勝秀演出の『ファントム』『7DOORS~青ひげ公の城』、『キレイ』等に出演している。その唯一無二なキャラクターと存在感により若手演劇界からの客演依頼も多い。

アルバム[編集]

  • ホーカシャン『薔薇より赤い心臓の歌』(1998年11月18日)
  • ヨタロウ with メトローマンスホテル『Porca Miseria!』(2008年5月5日)
  • 伊藤ヨタロウ ソロアルバム『Blessing in disguise』[1](2016年2月)
  • オトコンテ『OTOKONTE』(2016年2月)

プロデュース作品[編集]

音楽監督[編集]

演劇

映画

演劇・映画・TV出演[編集]

演劇[編集]

  • 『Thirst』、Zazou Theater、1991年
  • 『シープス』、同
  • 『銀龍草』、同
  • 『Loony』、同
  • 『CB』、同
  • 『Lynx』、2004年
  • 『7DOORS~青ひげ公の城』2012年(SUGOZO、水夏希主演)
  • キレイ』2000年、2005年、2014年、(松尾スズキ作・演出):音楽監督を兼任。奥菜恵・南果歩主演の初演から鈴木蘭々&高岡早紀の再演、多部未華子&田畑智子の再再演にて「カミ」の役を演じた。白い三つ揃いで、二部冒頭ではヒロイン・キレイの夢の中の夢幻的なソロ歌唱を披露。
  • 『ファントム』(大沢たかお主演):主役の大沢たかお(ファントム)の実の父親にして、オペラ座の前支配人・キャリエールゲラールという重要なの役どころ。「ファントム、お前は私の心の闇なのだ」と語り、父と子の情愛を演じた。
  • 『喇叭道中音栗毛(らっぱどうちゅうおとくりげ)』劇団鹿殺し 2014年春
  • コクーン歌舞伎・三人吉三』2014年 中村勘九郎と七之助、尾上松也主演 (串田和美演出)
  • ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』2016年(松尾スズキ作・演出):劇中歌並びに義太夫節的なナレーション、音楽も担当
  • 『スカラベ』風煉ダンス 2016年
  • 『まつろわぬ民2017』風煉ダンス 2017年[2]
  • 『室温~夜の音楽~』2022年[3]

映画[編集]

TV[編集]

ビデオ[編集]

ドラマCD[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]