伊号第三十七潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊号第三七潜水艦から転送)
移動先: 案内検索
艦歴
計画 第四次海軍軍備補充計画(マル4計画
起工 1940年12月7日
進水 1941年10月22日
就役 1943年3月10日
その後 1944年11月19日戦没
除籍 1945年3月10日
性能諸元
排水量 基準:2,198トン 常備:2,584トン[1]
水中:3,654トン
全長 108.7m
全幅 9.30m
吃水 5.14m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:12,400馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.6kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで96海里
燃料 重油:774トン[2]
乗員 94名[3]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷17本
航空機 零式小型水上偵察機1機
(呉式1号4型射出機1基)
備考 安全潜航深度:100m

伊号第三十七潜水艦(いごうだいさんじゅうななせんすいかん、旧字体:伊號第三十七潜水艦)は、大日本帝国海軍伊十五型潜水艦(巡潜乙型)の18番艦。第四次海軍補充計画によって建造が決定され、呉海軍工廠で起工。1943年昭和18年)3月10日に竣工した。太平洋戦争で戦没。

当初は伊号第四十九潜水艦(いごうだいよんじゅうくせんすいかん)と命名されていたが、1941年(昭和16年)11月1日に伊号第三十七潜水艦と改名されている[4]

戦歴[編集]

就役後6月8日からインド洋において通商破壊任務に従事し、輸送船やタンカーなど7隻を撃沈している。この際、撃沈した船の乗務員に対して銃撃を行った。これは第八潜水戦隊司令部より「艦船を撃沈して生じた捕虜はすべて処刑すべし」という命令が出ていたからである[5]。また偵察任務のためアフリカ東岸のモンサバ港まで進出した[6]。印度洋の通商破壊作戦で大戦果を挙げた有名な艦として、戦時中の記録映画「轟沈」にも登場している。[要出典]1944年(昭和19年)に入って機雷に接触して損傷を負ったため、修理のため活動を休止した。その後、回天作戦を行うことになる。

沈没[編集]

伊三七潜の最後は以下のとおりである。

1944年11月8日大津島基地を出撃した菊水隊の母艦潜水艦の一隻として回天4基を搭載して、パラオ諸島のコッソル海域水道に停泊中の敵艦隊を目指して出撃した。回天の最初の作戦であるウルシー泊地攻撃「菊水隊作戦」が11月20日決行されることになっていた。11月19日朝、伊三七潜はパラオ本島北方で浮上潜行を繰りかえしているところを防潜網展開中の設網艦ウインターベリーに08時58分に発見された。通報により米ジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦コンクリン英語版」・「マッコイ・レイノルズ英語版」は10時55分現場付近に到着。両艦はソナーで探索を開始、午後も捜索を続け15時04分コンクリンが探知し、マッコイ・レイノルズが15時39分にヘッジホッグを2回発射し,13発の爆雷攻撃を行ったが効果なく、目標を見失った。16時15分コンクリンが再度探知し攻撃、ヘッジホッグを発射し、小さい爆発音(命中音?)らしきもの1を探知。続くヘッジホッグ2回と艦尾からの1回の爆雷攻撃には反応がなかった。しかし、マッコイ・レイノルズが再度爆雷攻撃を行ったところ、17時01分に海面にまで達する連続した水中爆発を認めた。以後反応無く、撃沈と判定された。

その後,米駆逐艦は海面に浮き上った木材その他の断片を多数揚収したため、通常の沈没ではなく、潜水艦内部での爆発が原因と推理している。伊三七潜は搭載した新兵器の回天を隠匿するために自爆を選んだ可能性もある。

伊三七潜の乗員と隊員は総員戦死。1944年12月6日に亡失と認定され、1945年(昭和20年)3月10日、除籍となる。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』411-412頁による。

艤装員長[編集]

  1. 大谷清教 中佐:1942年12月20日 -

艦長[編集]

  1. 大谷清教 中佐:1943年3月10日 -
  2. 中川肇 中佐:1943年12月27日 -
  3. 河野昌通 中佐:1944年5月10日 -
  4. 神本信雄 中佐:1944年10月11日 - 11月19日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 常備排水量:2,589トンとする資料もある。
  2. ^ 燃料搭載量は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。752.6トンとする資料もある。
  3. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。
  4. ^ 昭和16年11月1日付 海軍達 第333号。『昭和16年7月~12月 達(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C12070111100 
  5. ^ 高橋『神龍攻撃隊』118頁
  6. ^ 高橋『神龍攻撃隊』130頁

参考文献[編集]

  • 高橋一雄『神龍特別攻撃隊 潜水空母搭載「晴嵐」操縦員の手記』光人社、2001年。ISBN 4-7698-1015-6
    1943年12月~1944年8月まで伊三七潜水艦水上偵察機搭乗員。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』光人社、1990年。ISBN 4-7698-0462-8
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1