ディエゴガルシア島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディエゴ・ガルシア島[1]
CIA-DG-BIOT.jpg
ディエゴガルシア島の地図、
1980年、中央情報局作成
面積 36[1] km²
最高峰 25m[1]
所在海域 インド洋[1]
所属諸島 チャゴス諸島[1]
所属国・地域 イギリス領インド洋地域の旗 イギリス領インド洋地域
テンプレートを表示

ディエゴガルシア島(ディエゴガルシアとう、Diego Garcia)はインド洋イギリス領インド洋地域チャゴス諸島にある環礁である。

概要[編集]

不朽の自由作戦アフガニスタンに向かうディエゴガルシア基地のB-1 (航空機)、2001年10月7日

宗主国のイギリス政府によって、島全体がアメリカ合衆国貸与されており、同国の海軍基地がある。

インド洋にあるアメリカ軍最大の拠点であり、湾岸戦争アフガニスタン攻撃イラク戦争の際に、B-52戦略爆撃機B-2ステルス爆撃機などがここより出撃した。アメリカの軍事戦略上の要衝である。

歴史[編集]

ディエゴガルシア島の位置

16世紀の初期にポルトガル人によって発見され、「ディエゴ・ガルシア島」と名付けられた。当時は無人であったが、その後18世紀フランス人が入植して黒人奴隷を導入しココヤシ栽培とコプラ生産のプランテーションの経営を始めた。

1814年にイギリスが占領し、モーリシャスの一部として統治されていたが、1965年にモーリシャスから分離され、新たに画定されたイギリス領インド洋地域の一部となった。

1966年にイギリスは、アメリカ合衆国による防衛目的での使用を50年間(終了の通知がない場合はさらに20年間)認める協定を結んだ。1968年からは、離島者の帰島を禁じる、制限された食料や医療しか与えない、ペットを殺害する等の方法で同島から島民の追い出しが図られ、1973年頃には、残った者たちが強制的にモーリシャスやセイシェルに向かう船に乗せられ移住させられた。移住を余儀なくされた島民が、イギリス政府を相手に同島への帰還と補償等を求めて訴訟を起こし、係争中である(2004年現在)。

2016年12月30日、アメリカ合衆国による使用協定の期限を迎えた[2][3]が、終了の通知がなかったため、規定に従い2036年まで貸与が延長された。

地理[編集]

ディエゴガルシア島(衛星画像:右が北)、2003年

面積は390km²でチャゴス諸島中最大、チャゴス諸島の南端に位置する環礁である。島の西部に4,000m級の軍用の滑走路が一本ある。環礁のため、平坦であり、丘陵・山地などはない。2001年7月に、島の一部(354km2)がラムサール条約登録地となった。

気候[編集]

ケッペンの気候区分では熱帯雨林気候(Af)に属する。

ディエゴガルシア島の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 33.9
(93)
33.9
(93)
35.0
(95)
35.0
(95)
32.9
(91.2)
35.0
(95)
32.2
(90)
32.2
(90)
32.2
(90)
32.0
(89.6)
32.7
(90.9)
33.3
(91.9)
35.0
(95)
平均最高気温 °C (°F) 29.8
(85.6)
30.3
(86.5)
30.9
(87.6)
30.9
(87.6)
30.2
(86.4)
29.4
(84.9)
28.7
(83.7)
28.7
(83.7)
29.0
(84.2)
29.4
(84.9)
29.8
(85.6)
30.1
(86.2)
29.7
(85.5)
日平均気温 °C (°F) 27.1
(80.8)
27.4
(81.3)
27.6
(81.7)
27.8
(82)
27.5
(81.5)
26.8
(80.2)
26.3
(79.3)
26.1
(79)
26.4
(79.5)
26.7
(80.1)
27.0
(80.6)
27.2
(81)
27.0
(80.6)
平均最低気温 °C (°F) 24.7
(76.5)
25.0
(77)
25.4
(77.7)
25.7
(78.3)
25.4
(77.7)
24.7
(76.5)
24.2
(75.6)
24.1
(75.4)
24.2
(75.6)
24.3
(75.7)
24.7
(76.5)
24.8
(76.6)
24.8
(76.6)
最低気温記録 °C (°F) 21.1
(70)
21.1
(70)
20.0
(68)
21.1
(70)
19.4
(66.9)
20.6
(69.1)
20.6
(69.1)
20.0
(68)
21.1
(70)
18.9
(66)
21.4
(70.5)
18.3
(64.9)
18.3
(64.9)
降水量 mm (inch) 340
(13.39)
279
(10.98)
213
(8.39)
194
(7.64)
167
(6.57)
147
(5.79)
144
(5.67)
145
(5.71)
244
(9.61)
281
(11.06)
221
(8.7)
273
(10.75)
2,648
(104.25)
平均降水日数 (≥ 0.3 mm) 22 19 18 17 15 15 17 16 16 20 19 20 212
湿度 80 79 78 77 79 79 79 79 80 79 79 78 79
出典: Deutscher Wetterdienst[4]

住民[編集]

人口は約5,000人(前述の理由により民間人はいない)。

国際電話[編集]

国番号は246であるが、ダイヤルアップによるインターネット接続が広く使われていた時期に、接続先電話番号が意図せずこの地域の電話番号に変更されてしまい、多額の国際通話料金を請求される事例が多発した。アダルトサイト等へアクセスした際に、接続先を変更するプログラムがダウンロード・実行されたことが原因と考えられている。通信事業者各社は対策として、2002年12月頃から、日本からの国際ダイヤル通話サービスを休止した[5]KDDIでは、休止した対地宛はオペレータ扱いの通話しかできない状態であったが、この措置が行われていた間は国際ダイヤル通話の料金を適用していた。この問題の沈静化により、2010年4月20日よりKDDIでは国際ダイヤル通話が再開された[6]。事業者によっては、2018年10月現在も休止している[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ディエゴ・ガルシア[島]【Diego Garcia】 世界大百科事典第2版
  2. ^ Deal to send Chagos islanders back to their tropical paradise could be closer after Cameron and Obama discussed US air base lease on Diego Garcia over the weekend”. デイリー・メール (2016年4月25日). 2016年5月20日閲覧。
  3. ^ Britain’s shame: the ethnic cleansing of the Chagos Islands”. Politics First (2016年4月23日). 2016年5月20日閲覧。
  4. ^ Klimatafel von Diego Garcia, Chagos-Archipel / Indischer Ozean / Großbritannien” (German). Baseline climate means (1961-1990) from stations all over the world. Deutscher Wetterdienst. 2016年10月18日閲覧。
  5. ^ 知らない間にインターネットを通して利用していた国際電話”. 独立行政法人国民生活センター. 2018年12月5日閲覧。
  6. ^ “国際情報提供サービスに係る特定対地への国際電話サービスの一部取扱い再開等について” (プレスリリース), KDDI株式会社, (2010年4月2日), http://www.kddi.com/corporate/news_release/2010/0402/ 2018年12月5日閲覧。 
  7. ^ 電話等サービス契約約款(PDF)”. エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社. p. 131. 2018年12月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 南緯7度18分 東経72度24分 / 南緯7.300度 東経72.400度 / -7.300; 72.400