アーバーダーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯30度20分 東経48度17分 / 北緯30.33度 東経48.28度 / 30.33; 48.28

アーバーダーン
آبادان
アーバーダーンの位置(イラン内)
アーバーダーン
アーバーダーン
アーバーダーン(イラン)
イラン
フーゼスターン
緯度
経度
北緯30度20分 東経48度17分 / 北緯30.33度 東経48.28度 / 30.33; 48.28
標高 3 m
人口 415,139 人 (2006年)
- 都市
出典 : Gazetteer.deIndex Mundi

アーバーダーンペルシア語: آبادان‎; Ābādan)は、イラン南西部、フーゼスターン州にある都市シャッタルアラブ川(西側)とカールーン川(東側)が作り出すアバダーン島に位置する。ペルシャ湾からは53km。人口415,139人(2006年)。

20世紀初頭までは寒村に過ぎず、1910年における人口は400人であった。その後、当地で石油の採掘が開始されたことにより、急激に発展した。1912年に完成したアーバーダーン製油所はかつては世界最大の規模を誇った。第二次大戦中には英ソ連合軍の侵攻を、イラン・イラク戦争中の1980年から1981年にかけてイラク軍の侵攻を受けている。1953年には日章丸事件の舞台となった。

関連項目[編集]