日章丸事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日章丸事件(にっしょうまるじけん、ペルシア語: حادثه کشتی نیشومارو[1])は、1953年(昭和28年)に起きた石油の輸入とそれに付随した訴訟および国際的な衝突。

概要[編集]

大英帝国の影響下にあったイランは、第二次世界大戦後独立していたものの、当時世界最大と推測されていたその石油資源はイギリス資本の元にあり、イラン国庫にも、国民にも利潤が充分に回らない状況にあった。その中で、イランは1951年に石油の国有化を宣言。反発したイギリスは、中東に軍艦を派遣し、石油買付に来たタンカーの撃沈を国際社会に表明する。事実上の経済制裁・禁輸措置を執行するイギリスにイランは態度を硬化させた。これらはアーバーダーン危機と呼ばれ、戦争が近づきつつある情勢となっていた。

一方日本は第二次世界大戦後、イギリスやアメリカなどの連合国による占領を受け、占領終了後も両国と同盟関係にあるために独自のルートで石油を自由に輸入することが困難であり、それが経済発展の足かせとなっていた。イラン国民の貧窮と日本の経済発展の足かせを憂慮した出光興産社長の出光佐三は、イランに対する経済制裁に国際法上の正当性は無いと判断し、極秘裏に日章丸(タンカー・同名の船としては二代目)を派遣することを決意。イギリスとの衝突を恐れる日本政府との対立も憂慮し、第三国経由でイランに交渉者として専務の出光計助1952年に極秘派遣。モハンマド・モサッデク首相などイラン側要人と会談を行う。

イラン側は、合意しても貿易できないでいる前例と、当時中小企業に過ぎなかった出光を見て初めは不信感を持っていたという。長い交渉の末に合意を取り付け、国内外の法を順守するための議論、日本政府に外交上の不利益を与えないための方策、国際法上の対策、法の抜け道を利用する形での必要書類作成、実行時の国際世論の行方や各国の動向予測、航海上の危険個所調査など準備を入念に整えて、日章丸は1953年(昭和28年)3月23日午前9時、神戸港を極秘裏に出港する。

イギリスを始めとする、連合国軍による占領下の日本において連合国軍最高司令官総司令部によって義務付けられていた正午報告(位置報告)に罰則規定が無いことを見つけ、それらを行わず、航路も偽装してイギリス海軍から隠れる形で4月10日イランに到着。この時点で、世界中のマスメディアに報道され、国際的な事件として認知された。日本においても、武装を持たない一民間企業が、当時世界第二の海軍力を誇っていたイギリス海軍に「喧嘩を売った事件」として報道され、連日日本では新聞の一面記事で報道された。

4月15日急ぎ石油を積んだ日章丸は、国際世論が注目する中、イランのアーバーダーン港を出港。浅瀬や機雷などを突破、イギリス海軍の裏をかき回避する事に成功し、海上封鎖を突破して5月9日9時に川崎港に到着した。英・石油メジャーのアングロ・イラニアン社(BPの前身)は、積荷の所有権を主張して出光を東京地裁に提訴し、同時に出光に対する処分圧力が日本国政府にもたらされた。

しかし、イギリスによる石油独占を快く思っていなかったアメリカ合衆国の黙認や、喝采を叫ぶ世論の後押しもあり、行政処分などは見送られた。裁判でも出光側の正当性が認められ、5月27日仮差押え処分の申し立てが却下され、アングロ・イラニアン社は即日控訴するものの、10月29日になって提訴を取り下げたため、結果的に出光側の勝利に終わった。これが世界的に石油の自由な貿易が始まる嚆矢となった。

なお、イラン産石油の輸入は、この事件が石油メジャーの結束強化を招いたこともあり、1956年(昭和31年)に終了することになった。

時系列[編集]

  • 1951年3月 日章丸、起工式。当時日本最大のタンカー
  • 1952年6月15日 イタリアスイス共同出資のローズマリー号、イギリス海軍にアラビア海で拿捕される。
  • 1952年9月8日 日米サンフランシスコ平和条約を締結し、日本独立
  • 1952年9月16日 日章丸、進水式
  • 1952年10月16日 イラン首相、イギリスとの外交関係破綻を宣言
  • 1952年10月22日 イラン、イギリスとの国交断絶を通告
  • 1952年11月5日 出光の出光計助専務と手島治雄、日本を出国
  • 1952年11月6日 出光計助専務らパキスタンに到着、入国拒否を受けるも強引に入国
  • 1952年11月8日 出光計助専務らパキスタンからイランに向けて出国
  • 1952年11月9日 出光計助専務らイラン首相と会談し交渉を開始する
  • 1952年11月19日 出光計助専務ら日本に帰国
  • 1952年12月22日 日章丸、完成
  • 1953年1月10日 日本外務省、出光のイランとの接触の情報入手
  • 1953年1月 出光、チャーターしていたタンカーのキャンセルを受け、同社唯一の日章丸の使用を決断
  • 1953年2月6日 出光計助専務ら再度イランに向けて出発
  • 1953年2月15日 イランと出光、石油貿易の正式調印
  • 1953年3月16日 アメリカから日章丸が日本の川崎港に帰着
  • 1953年3月18日 日章丸、川崎港から神戸港に荷卸しの為、移動(着翌日)
  • 1953年3月23日 日章丸、目的地を偽装し神戸港を出港
  • 1953年3月25日 日章丸、フィリピン北のバリンタン海峡を通過
  • 1953年3月31日 日章丸、マラッカ海峡を通過
  • 1953年4月5日 日章丸、コロンボ沖で暗号電文を受信し、無線封鎖
  • 1953年4月7日 日章丸、オマーン湾に到達
  • 1953年4月8日 日章丸、夜陰に隠れてホルムズ海峡を通過
  • 1953年4月9日 日章丸、シャルル・アル・アラブ河口に到達
  • 1953年4月10日 日章丸、アーバーダーン港(当時の記事ではアバダン港)に入港。AFPロイターが報道
  • 1953年4月10日 夜・イギリス外務省が駐日大使エスラー・デニングに調査を命じる。出光、外務省に報告。
  • 1953年4月11日 出光、記者会見を行う
  • 1953年4月15日 日章丸、アーバーダーン港を出港。船底部を僅かに擦りながら浅瀬を突破
  • 1953年4月16日 日章丸、夜陰に紛れてホルムズ海峡を通過
  • 1953年4月26日 日章丸、大きく迂回しスンダ海峡を通過しイギリス海軍駆逐艦三隻を回避
  • 1953年4月26日 日章丸、夜陰に乗じてジャワ海の危険な暗礁海域を通過しイギリス海軍を回避
  • 1953年4月29日 日章丸、ガスパル海峡を通過
  • 1953年4月30日 日章丸、南シナ海に到達し、無線封鎖を解除、出光と連絡を取る
  • 1953年4月30日 イギリス、駐英大使松本俊一を呼び出し厳重抗議
  • 1953年4月30日 日本政府外務省、何も知らず民間の取引に介入できない旨、イギリスに弁明
  • 1953年4月~5月 自動車6団体がイラン石油輸入を歓迎する旨発表。同時期、報道激化し様々な意見が発表される
  • 1953年5月4日 日章丸、フィリピン北のバシー海峡を通過
  • 1953年5月7日 イギリス日章丸の日本領海到達を確認。即座にアングロ・イラニアン社より仮処分申請を東京地裁に提出
  • 1953年5月8日 出光、広島のイギリス海軍が軍用機を飛ばしている情報を受け、記者会見を開き陽動情報を流す
  • 1953年5月8日 日章丸、土佐沖にて新聞社に撮影され、陽動情報である事が露見
  • 1953年5月9日 日章丸、川崎港に到着。同日、東京地裁にて第一回の口頭弁論開かれる
  • 1953年5月9日 通産事務次官玉置敬三通産省はこの紛争に巻き込まれたくないとの見解を記者に述べる
  • 1953年5月13日 日章丸、陸揚げを完了し、船の差し押さえを逃れる
  • 1953年5月14日 日章丸、イランに向けて再度出港し、貿易を既成事実化する
  • 1953年5月16日 東京地裁にて第二回口頭弁論開かれる
  • 1953年5月27日 東京地裁、仮処分申請を却下。
  • 1953年5月27日 日本外務省が政府は何ら関与しない旨を発表
  • 1953年6月 イラン政府、出光との当初の契約を見直し、石油価格を大幅減額で提供する旨を発表
  • 1953年6月7日 日章丸、アーバーダーン港に再度到着。イラン政府高官、および数千人の民衆の出迎えを受ける。

参考文献[編集]

  • 『日章丸事件』読売新聞社
  • 『アバダンに行け』出光興産
  • 『ペルシャ湾上の日章丸 出光とイラン石油』出光興産

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]