1953年のイランのクーデター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勝利を祝うクーデター支持者たち
(1953年、テヘラン)

1953年のイランのクーデターとは、1953年8月にイランで起きた軍事クーデターモハマド・モサデク政権はこのクーデターにより失脚、親欧米のパーレビ国王派であるファズロラ・ザヘディ英語版将軍が首相に就任した。後に公開された機密文書でイギリスとアメリカがこのクーデターに関与していたことが証明された。

背景[編集]

モサデク政権以前、イランの石油産業はイギリス資本のアングロ・イラニアン石油会社英語版が独占していた[1]。だが、1951年にモマハド・モサデクがイランの首相に就任した後、彼はすぐに石油会社を国有化しようとした[2]。この行動はソビエト連邦に利する動きとみなされ、アメリカとイギリスから警戒されることになった[2]

概要[編集]

1953年8月19日パーレビ国王の支持勢力が集まり大規模な反政府デモが行われた[2]。イラン陸軍もパーレビ国王を支持し、同日夜にはモサデク政権の要人は監禁されるか逃走した[2]。ロシアの国営メディアである『ロシアの声』によれば、モサデク首相の家はクーデターを支持する軍が複数台の戦車を含む部隊で攻撃したため破壊されたという[3]。クーデターの後はファズロラ・ザヘディ英語版将軍が首相に就任した。モサデク元首相は死刑判決を受けたが執行されず[2]1967年テヘラン近郊の自宅で死去した[3]

1979年、パーレビ国王はイラン革命で失脚し[1]、親欧米派のパーレビ国王による独裁はクーデターから27年で終了した[3]

2000年マデレーン・オルブライト国務長官はモサデク政権の失脚にアメリカが重要な役割をしたことを認め、またこれによりイランの政治的発展を妨害することになったと述べた[4]

2006年9月4日バラク・オバマ大統領は中東歴訪中に訪問したエジプトのカイロでの演説で「冷戦中、民主的に選出されたイラン政権の転覆に米政府が関わっていた」と発言し、在任中のアメリカ合衆国大統領としては初めて1953年のイランクーデターにアメリカ政府が関与していたことを正式に認めた。[1]

2013年8月19日ジョージ・ワシントン大学国家安全保障公文書館 (NSA) は1953年のイランクーデターをCIAが主導していた証拠となる公文書を公開した[4]。NSAによれば、今回公開した文書はこの文書は2011年に機密指定が解除されたものであり、『CNN』はCIAがクーデターに関与したことを明示する初めての公文書だと報道し[2]、『AFP』は公開済みの文書の中でクーデターへのCIAの関与を最も明確に認めるものだと報じた[4]

2016年5月17日イラン議会はクーデターへの関与を含む過去63年間にアメリカから受けた精神的・物質的損害への補償を請求する法案を賛成多数で可決した[5]。損害にはクーデターの他にイラン・イラク戦争でのイラク支援、1980年代末の石油施設破壊などがあげられた[5]。この法案は賛成174、反対7で可決され、アンサリ英語版副大統領によればイラン国内の裁判所はアメリカに500億ドル(約5兆4800億円)の支払いを命じたという[5]

イギリスとアメリカの関与[編集]

CIAはイギリスの秘密情報機関[注釈 1]と協力して[2]パーレビ国王派によるクーデターを企てた[1]。モサデク首相就任直後の1951年からCIAはクーデターの計画を開始し、この計画には「TPAJAXプロジェクト」と暗号名がつけられていた[2]。CIAの目的はモサデク首相を排除してパーレビ国王の威信や権力基盤を強化するため、ファズロラ・ザヘディ英語版将軍を首相にすることだった[2]。CIAはイギリスの秘密情報機関と協力して、クーデターの準備として世論を反モサデク首相へと傾け政権を弱体化させるためにメディア、宣伝ビラ、僧職者などを利用したプロパガンダを行った[2]。また、ザヘディ将軍が首相に就任してから2日以内に秘密裏に500万アメリカドルの資金援助を行った[2]

フィナンシャル・タイムズ』の報道によれば、1952年代後半にイギリスはアメリカ政府に対し、モサデク首相を失脚させる計画を支援するよう求めていた[6]。 この証拠となるメモは2017年5月17日に機密指定が解除されたものだった[6]。NSAのマルコム・バーン (Malcolm Byrne) とテュレーン大学マーク・J・ガシオロースキー英語版によれば、1952年のチャーチル政権は「軍事行動を含むあらゆる実行可能な手段を実行に移してでも」[注釈 2]石油会社の支配権を取り戻そうとしていた[6]。アメリカ側、トルーマン政権はクーデター支援に消極的であり、イギリスは「イランの共産主義」と戦うためだと説得した[6]。トルーマン大統領とディーン・アチソン国務長官はクーデター支援を拒否したが、当時政策スタッフのリーダーだったポール・ニッツェはクーデター計画の第一歩として「キャンペーン」の実施を提案し、英国による石油支配反対派の指導者であるAyatollah Abolqasem Kashaniと共産主義の政党である大衆党英語版を標的としてあげた[6]。だが、イギリス側はこの提案を受け入れず、任期終了が迫るトルーマン政権に決断を求めた[6]。12月3日のメモによれば、当時のイギリス大使館のナンバーツーだったクリストファー・スティールは春がクーデターに最適だと述べたという[6]

評価・影響[編集]

AFP』の報道によれば、イラン国民はこのクーデターを米国の二重基準の象徴とみなしており、米国は自由の擁護者を自任しているが自国の利益のためなら他国の民主的政権の排除も辞さない国だと考えているという[1]。一方、『CNN』の記事ではイランの政治家や宗教指導者はこのクーデターを反米感情を高める材料に使用しているとの意見がある[2]

第6代イラン大統領であるアフマディネジャドは、クーデターでCIAが犯した犯罪について謝罪するようアメリカに要求した[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『CNN』では単に「英国の秘密情報機関」としか書かれていないが、『ロシアの声』では「MI6」と組織名を明記している[3]
  2. ^ 原文:“by virtually any available means, including military action,”

出典[編集]

関連項目[編集]