二村ヒトシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

二村 ヒトシ(にむら ひとし、1964年11月27日 - ) は、日本AV監督実業家東京都港区出身。本名:二村 仁(読み同じ)。血液型B型。近年は執筆活動も活発に行っている。

人物・来歴[編集]

  • 慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学文学部中退。
  • 血液型B型。既婚。
  • 大学在学中の1984年より、劇団「パノラマ歓喜団」を主宰。
  • 演劇活動を続けながら、1987年よりAV男優として、村西とおる率いるダイヤモンド映像の作品などに出演。
  • 1997年AV監督としてデビュー、高橋がなりソフト・オン・デマンドなどから作品を発売。
  • 2001年ドグマ設立に参加。
  • 2004年、オレンジ通信、AVフリーク両誌で最優秀監督賞受賞。第3回D-1クライマックス優勝。
  • 2008年ドグマ専属監督を離れる。
  • 単体女優の濃厚キス、はりがた騎乗位、ダブル痴女(女2人と男1人による3P)、集団痴女、ちんぐり騎乗位、男の乳首を責める女、ふたなり等、近年の痴女系AVで見られるユニークな演出を多く創案、構築した。
  • 撮影中に実際にマスターベーションしながらAV監督業務を行うことがあるため、ビデオパッケージのスタッフ紹介に監督」ではなく「撮影現場でチンチンいじってた人」と表記されたこともある。
  • 2011年11月、アダルトビデオメーカー『MotheRs(マザーズ)』を設立。
  • 2012年、著書『すべてはモテるためである<文庫版>』イースト・プレスを刊行。ジェンダー問題と親子関係、草食男子問題[1]に言及する恋愛本ブームの草分けとなり、以降、執筆活動も活発に行うようになる。
  • 2017年、日本「性とこころ」関連問題学会 第9回学術研究大会に招聘[2]。榎本クリニック院長である山下悠毅氏と対談。

代表作[編集]

『おめこだらけ!』 (紅音ほたるAoi.ほか)

著書[編集]

  • 『すべてはモテるためである 「キモチワルイ」が「口説ける男」になる秘訣』(KKロングセラーズ1998年
  • 『モテるための哲学』(解説上野千鶴子幻冬舎文庫・2002年
  • 『恋とセックスで幸せになる秘密』イースト・プレス2011年
  • 『すべてはモテるためである』<文庫版> イースト・プレス・2012年
  • 『淑女のはらわた 二村ヒトシ恋愛対談集』洋泉社・2014年
  • 『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』<文庫版> イースト・プレス・2014年
  • 『ある高校の哲学的な一日――『哲学の先生と人生の話をしよう』特別編 PLANETS ほぼ惑コレクション』PLANETS・2014年
  • 『オトコのカラダはキモチいい』(共著:金田淳子、岡田育)KADOKAWA / メディアファクトリー・2015年
  • ユリイカ 2015年9月号=男の娘 特集』青土社・2015年
  • 『恋愛で暴走しないための技術』(幻冬舎plus+/電子書籍)・2016年
  • 『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(共著:湯山玲子幻冬舎・2016年
  • 『モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談』(共著:川崎貴子)講談社・2016年
  • 『秘技伝授 男ノ作法 人生と肉体を変革させる性交法則』(共著:田淵正浩)徳間書店・2016年
  • 『僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに』KADOKAWA・2017年
  • 『どうすれば愛しあえるの: 幸せな性愛のヒント』(共著:宮台真司)KKベストセラーズ・2017年

出演番組[編集]

ラジオ

abemaTV[編集]

  • 身にしみる性教育の教科書をつくる企画会議[4][5](VICEチャンネル、2016年12月18日放送)

ニコニコ生放送[編集]

  • 桜雪・辻真先・二村ヒトシのBUZZ WORD NEWS~2016年炎上ニュースを消火します[6](ドワンゴ、2016年12月29日放送)

その他[編集]

  • 機動戦士ガンダムをモチーフにした『連邦軍が捕まって、あんなことも!こんなことも!』では、自らシ○ア・アズナブルに扮して出演しているが、まったく似ていない。とあるサイトで同作が酷評された記事を、自身の掲示板にリンクとして貼られた際には「自分でも太りすぎだと思ってる」「俺みたいな腹ではラ○バ=ラルの方がお似合いだ」と落ち込んだ様子の感想を残していた。
  • 『コスプレ巨乳アイドル及川奈央』では、及川に峰不○子鉄腕アト○マチ○ダ中尉エヴァ○ゲリオン初号機などの扮装でセックスさせた。
  • 電車男で書籍に収録されなかった性的な部分を原案に「映画よりテレビより原作に忠実に映像化した」と称して、『電車男の接吻とセックス』(主演・小泉キラリ)というAVも制作した。
  • AV出演強要問題について、「セックスと自傷行為は結び付きやすい」と指摘した上で、「強い“承認欲求”を満足させようとして無理をしてしまう女優がいる」と証言している[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]