中條寿子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかじょう ひさこ
中條 寿子
生誕 1978年????
日本の旗 日本東京都
出身校 和光大学
職業 編集者
雇用者 インフォレスト(旧)
著名な実績小悪魔ageha』の編集
2005年〜2011年

中條 寿子(なかじょう ひさこ、1978年生)は、日本雑誌編集者。2005年に創刊したインフォレストファッション雑誌小悪魔ageha』の生みの親、そして編集長として同誌を人気雑誌に育て上げたことから著名。[1]

発行部数40万部・実売30万部という女性向け雑誌としては記録的な人気を誇った『小悪魔ageha』の全盛期を独特の編集スタイルによって作り上げた“カリスマ編集長”として知られる[2]

来歴[編集]

東京都台東区東浅草に出生[3]。幼少期から雑誌が好きで、編集者を志したのは小学生の頃であったという[4]コギャルブームの隆盛期に渋谷の女子高へ通い、渋谷センター街を闊歩する日々を過ごすも、“遊ぶことに忙しくなり過ぎた”との理由から中退し、のち17歳で大検を取得し和光大学へ進学、在学中には新聞社でのアルバイトや様々な編集の仕事に携わる日々を送った[3]。同時期にはキャバクラでのアルバイトも経験し、それがのちの『小悪魔ageha』の着想に繋がったのだという[4]

大学4年の終わり頃から英知出版(のちのインフォレスト)でのアルバイトを開始[5]。そして卒業後に同社の社員となり、以後様々なギャル雑誌の編集に携わったのち、2005年に『Happie nuts〔ハピーナッツ〕』別冊の編集長となり、さらに同年暮れ頃に『小悪魔ageha』の前身にあたる『小悪魔&nuts』を発起[6]。以降、同誌の編集長を2011年まで務め上げた[7]

2011年をもってインフォレストを退社。その理由については、「いつのまにか親会社が変わり、身元がよくわからないおじさんたちが好き勝手なこと言っては、編集者たちが死にものぐるいでつくったものの、利益だけをかすめとっていく。そういう体制にほとほと嫌気がさした。」との説明を雑誌に寄せた[2]。以後は『週刊金曜日』等に寄稿するなどしている[8]

評価等[編集]

編集長を務めた『小悪魔ageha』において、他の女性誌とは異質な独自の方向性で誌面を制作、30万超の販売部数を計上したこともあった同誌の全盛期を支えた人物と言われる[9]。版元にあたるインフォレストの倒産に伴い同誌は2014年に廃刊、そこに至るまでの同誌の衰退が本格的に始まったのがすなわち中條の編集長退任の時期(2011年11月)であったと考えられている[10]

経済評論家勝間和代は、2009年に発した首相官邸経済危機克服のための「有識者会合」』向けの提言の中で、20代から30代の若者らによる新規事業の顕著な例として、「東京ガールズコレクション」を発起した永谷亜矢子、「オトバンク」を発起した上田渉、ならびに「Ruby」を開発したまつもとゆきひろとともに、『小悪魔ageha』編集長としての中條の名を挙げている[11]

2010年にはCNNの“東京ホットリスト:今一番旬な20人 ―今日本で一番旬なこの人達を知らずに、東京は語れない―”と題した企画記事に、女優の沢尻エリカ、ミュージシャンのマドモアゼル・ユリア、実業家の柳井正、モデルの益若つばさ、ゴルファーの石川遼、歌手のalan、モデルの黒木メイサ、音楽グループのEXILE、俳優の尚玄、フラワーアーティストの東信、写真家の梅佳代、モデルの岡本多緒、スタイリストの奈良裕也、アイススケート選手の浅田真央、野球選手のダルビッシュ有、モデルの西山茉希、実業家の田中良和、アイドルグループのAKB48、およびサッカー選手の本田圭佑という、各分野から選抜された19名とともにその名が登場[12]

『キャバ嬢の社会学』などの著作で知られるライターの北条かやは、かつて中條のもとで『小悪魔ageha』の編集に携わっていた『LARME』創刊編集長の中郡暖菜に中條の影響を見い出したうえで、中郡を編集長に据える『LARME』を“中條のDNAを受け継ぐ雑誌”と評している[13]

参考文献[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「小悪魔ageha」中條寿子編集長が語る 読者に憑依して書く「キャッチコピー力の極意5カ条」とは?』 2010年8月23日 編集者.jp
  2. ^ a b 破綻しても復活、ギャル雑誌「小悪魔ageha」帝国データバンク東京支社情報部部長・藤森徹 2015年2月25日 日経カレッジカフェ
  3. ^ a b Metropolitan cafe:中條寿子さん』 公開時期不詳 J-WAVE
  4. ^ a b 「小悪魔ageha」編集長にインタビュー、世の中には「かわいい」か「かわいくない」の2つしか無い』 2009年7月14日 GIGAZINE
  5. ^ 小悪魔ageha(小悪魔アゲハ)|編集長インタビュー(2/2)』 2010年3月 Fujisan.co.jp
  6. ^ 「小悪魔ageha」 元編集長・中條さん 対談コラム Vol.1』 公開時期不詳 高須クリニック
  7. ^ vol.04 中條寿子×岡留安則トーク・ロック 2012年 TwellV
  8. ^ 「正しい殴られ方」樹木希林著を出せば売れる(ギャル雑誌元編集長の妄想)』 2012年5月29日 日刊SPA!
  9. ^ 「小悪魔ageha」出版社倒産で元編集長を見直す声多数』 2014年4月17日 夕刊アメーバニュース
  10. ^ 「小悪魔ageha」などを出版していたインフォレストが倒産、負債30億円』 2014年4月16日 GIGAZINE
  11. ^ 雇用・人材開発に向けた緊急提言 ~若者への投資を強化せよ (PDF) 勝間和代 2009年 首相官邸経済危機克服のための「有識者会合」
  12. ^ 東京ホットリスト: 今一番旬な 20 人』 2010年7月15日 CNN もしくは翻訳元:『The Tokyo Hot List 2010: 20 people to watch』 2010年7月15日 CNNGo (英語)
  13. ^ 『小悪魔ageha』のDNAはギャルの垣根をこえて、新雑誌『LARME』に受け継がれていた』 2014年4月18日 BLOGOS