北条かや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほうじょう かや
北条 かや
生誕 1986年????
日本の旗 日本石川県金沢市
教育 京都大学大学院
文学研究科修士課程
同志社大学社会学部
職業 ライター
著名な実績 著書『キャバ嬢の社会学』(2014年)
影響を受けたもの小悪魔ageha
身体の比較社会学

北条 かや(ほうじょう かや、1986年 - )は、日本ライター[1]。自ら「デビュー当時から肩書きは著述家で、社会学者と名乗ったことはない」と述べるが[2]、2017年の著作では「社会学者」と紹介されている[3]石川県金沢市出身[4]同志社大学社会学部京都大学大学院文学研究科修士課程修了後、民間企業勤務を経て、『キャバ嬢の社会学』(2014年・星海社新書)を刊行[5]。「BLOGOS」などの複数のメディアに社会・経済系の記事を寄稿している[6]

来歴[編集]

同志社大学在学中の19歳当時、大澤真幸著『身体の比較社会学〈1〉・〈2〉』(勁草書房)に衝撃を受けたことをきっかけに社会学に没頭、のち雑誌『小悪魔ageha』(インフォレスト)に触発を受ける形でキャバクラの研究に着手するようになり、2009年から2010年にかけて自らキャバクラ嬢を経験[7]。ちょうど京都大学大学院への進学を控えていた時期のことで、修士論文の題材にするという目的からのものであった[8]。この体験をもとにキャバクラを社会学的見地から分析したという著書『キャバ嬢の社会学』を上梓[9]。2015年には2作目の自著『整形した女は幸せになっているのか』を上梓している[10]。2016年にtwitterで炎上、2017年に自伝的エッセイ『インターネットで死ぬということ』 を出版した[3]。離婚経験あり。

各種メディア[編集]

かねてより「コスプレで女やってますけど」と題したブログを配信しており、2014年時点で月間10万PVを計上[11]。『新世代が解く!ニッポンのジレンマ』(NHK)や『モーニングCROSS』(TOKYO MX)などのテレビ出演がある[12]

著書[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]