西田善太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西田 善太 (にしだ ぜんた、1963年 - )は、日本の雑誌編集者マガジンハウス所属。

人物[編集]

1963年北海道札幌市生まれ[1]早稲田大学商学部卒業。博報堂コピーライターを経て、1991年マガジンハウス入社。Suntory Waiting Bar AVANTIの放送開始時からの常連で、所属はブルータス編集部、その後、ギンザ編集部、カーサブルータス編集部、ブルータス編集部と変遷。

AVANTIカクテルブック(FM東京出版)にも寄稿。それによれば、強引にAVANTIを雑誌で紹介しようとしてジェイクに断られたのが縁だとか(『BRUTUS』2009年3月1日号でAVANTIを紹介することに成功している)。

初期は駄洒落シリーズなどおバカネタを連発していたが、中期からは聴き手に徹している様子。が、ときおり、相手の話を微妙に脱線させてオチを付けるところに片鱗あり。取手豪州の親友、とされている。

Casa BRUTUS副編集長を経て、2007年3月よりBRUTUS副編集長、2007年12月よりBRUTUS編集長。

父は元日本放送協会アナウンサーで解説委員を務めた西田善夫。善太本人曰く「ボクは父と顔がそっくり」とのこと[2]SBIモーゲージ所属の住宅ローンアドバイザーは同姓同名の別人。

エピソード[編集]

  • 日産自動車「フィガロ」の広告コピー、「恋愛のために、生きる。」を手がける。

脚注[編集]

外部リンク[編集]