東信 (フラワーアーティスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東 信(あずま まこと、Makoto Azuma, 1976年(昭和51年)7月24日 - )は、花屋、フラワーアーティスト福岡県福津市(旧福間町)出身。椎木俊介と共に、東京・南青山にてオートクチュールの花屋 『ジャルダン・デ・フルール』を構える。

人物[編集]

21歳で上京後、花屋でアルバイトを始めたことから仲卸市場で働くようになり、独学で技術や知識を身につける。23歳で麻布のスーパーの片隅に小さな花屋を開店し、その後、25歳で銀座・コマツビルに出店。これが『ジャルダン・デ・フルール』の始まりとなる。その後現在に至るまで、一輪の花も置かないフルオーダーメイドの花屋としてお客一人一人のリクエストに合わせた花束を作り続ける。 一方で2005年(平成17年)よりNY・トライベッカでの個展をはじめ、パリ・コレットでのウィンドウディスプレイ、カルティエ現代美術財団でのアートパフォーマンスなど、アーティストとしての活動も展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続ける。その後、2007年(平成19年)からは2年間限定で自身のプライベートギャラリーを開設。パリ、ドイツ、ベルギー、中国、ブラジル、メキシコなど、国内外で多岐に渡る表現活動を続ける。また、2008年(平成20年)より彼の花・植物を題材とした実験的なクリエイションを展開していく集団である「東信、花樹研究所」を立ち上げ、花・植物のみが有する神秘性を美的なレベルに変換し表現する事で、植物の存在価値を高める活動を一貫して続けている。

経歴[編集]

  • 2002年(平成14年)より花屋「JARDINS des FLUERS」を銀座にオープン(現在は東京・南青山に所在)
  • 2005年(平成17年)
    • ニューヨーク・トライベッカにてエキシビションを開催
    • パリのセレクトショップ・コレットでのウインドウディスプレイを担当
    • 「CONNECT - 植物を奏でる」東京・銀座ソニービルにてエキシビジョン
  • 2006年(平成18年)
    • 福岡・三菱地所アルティアムにて「逆転の庭1」エキシビジョン
    • パリ、カルティエ現代美術財団の「ソワレ・ノマド」に招聘されアートパフォーマンス「Kehai(気配)」を披露
  • 2007年(平成19年)
    • 自身の作品発表の場として、東京・清澄白河に2年間限定のプライベートギャラリー「AMPG」を開設
    • 「シロノ木」東京・メゾン マルタン マンジェラ トウキョウにてインスタレーション
  • 2008年(平成20年)
    • デュッセルドルフ・NRWフォーラムにて個展「BOTANICA(x)」を開催
    • 東京ミッドタウン・21_21 DESIGN SIGHT「セカンドネイチャー」に参加
  • 2009年(平成21年)
    • 3月〜5月 福岡・三菱地所アルティアムにて個展「AMPG vol.25」開催
    • 4月 ミラノサローネ同時開催のトリエンナーレ美術館「TOKYO FIBER 09 SENSEWARE」へ出展。9月末 21_21 DESIGN SIGHTにて開催された同巡回展へも参加
    • 5月 表参道EYE OF GYRE にて個展「Distortions×Flowers」開催
    • 5月〜7月 新宿epSITEにて「森山大道「記録」on the road collaboration with 8 creatiors」に参加
    • 7月 アーティスト大竹伸朗が手がけた「直島銭湯“I♥湯”」の植栽を手掛ける
    • 10月 adidas Originalsより東信デザインのシューズ、ウェアを発表。11月のグローバルリリースに先駆け、adidas Originals PLANTS PACKラインの個展を開催
    • 10月30日から11月3日「hand vase」展示会開催。同時にオリジナル花器を発表
    • 11月21日〜23日 秋吉台国際芸術村「華、踊ル」展にて「式1」を展示
    • 12月より2010年5月まで、赤坂アークヒルズにて巨大植物彫刻「Bridge of Plants」を展示
  • 2010年(平成22年)
    • 2月 MAZDA Zoom-Zoom スタジオ広島にて看板インスタレーション「Botanical Signboard」を展示
    • 2月27日から3月17日 POLA Museum Annexにて開催される個展にて新作「armored pine」を発表
    • 3月 パリにて開催される「Fashion In Nature」展でアートディレクションを担当。
    • 4月 AMNP “Azuma Makoto News Paper”を創刊。独自のプロデュースによるフリーペーパーを毎月発刊
    • 5月より上海万博日本産業館において「式1」を展示
    • 6月25日から9月3日、イスラエル・Design Museum Holonにて「TOKYO FIBER SENSEWARE」巡回展出展
    • 7月、KDDI 「iida」より携帯電話と植物をテーマにArt Edition concept 「BOTANICA」を発表
    • 8月6日から8月15日には南青山 void+にて「Frozen Flower」を展示
    • 8月 東京・南青山のセレクトショップ「valveat81」にてランドスケープデザインを手掛ける
    • 11月21日から2011年3月13日には、ベルギーのアートセンター“Z33”「Alter Nature」へ出展
    • 12月3日から12月25日、ポラロイドフィルムメーカー・Impossible Tokyoにて「shiki×bulb」を展示
  • 2011年(平成23年)
    • 2月8日から4月3日、ミラノ・トリエンナーレ美術館「Instant Design」にて「shiki×bulb」を展示
    • 5月9日から 17日、伊勢丹新宿店ステージ2にてHELMUT LANGとのコラボレーションを展開
    • 6月4日には映像作品、DVD「Drop time」を発表
    • 6月13日から7月16日、北京のBeijing Center for the Arts 「原研哉展」にて「Time of moss」を出展
    • 8月7日には南青山 void+にてOne day Exhibition「Botanical Sculpture #3 lump」を開催
    • 10月14日から23日には表参道EYE OF GYREにて個展「Collapsible leaves」を開催
    • 11月には自身初となる作品集『Flowers 2009-2011』を出版
    • 10月26日から11月1日、伊勢丹新宿店ステージ2にてHELMUT LANG とのコラボレーション第二弾を展開
    • 10月28日から11月6日にはCassina青山本店にてインスタレーションを展開
    • 11月3日にはラフォーレミュージアムにて菊地成孔と南博によるライブ『花と水』の舞台演出を手掛ける
  • 2012年(平成24年)
    • 3月11日から4月15日までは上海のZendai Contemporary Art Space『DESIGNING DESIGN』展 にて「Time of moss」を出展
    • 4月15日から20日にはドイツ・フランクフルトで開催の「Luminale2012」にて作品展示
    • 4月22日から5月20日には東京・銀座にて「LADY DIOR AS SEEN BY」展にオリジナル作品を展示
    • 7月、フランスの老舗シャンパンブランド、Perrier Jouetより世界初の限定品Belle Epoque Florale Editionを発表
    • 7月、青幻舎より自身初の作品集『Encyclopedia of Flowers-植物図鑑』を出版
    • 8月31日にはバンド"toe"を迎えBotanical installation「式-toe」を開催
    • 9月 ブラジル・サンパウロにてPerrier Jouet・Belle Epoque Florale Editionのローンチ同時開催で約1ヶ月作品を展示
    • 10月には世界屈指のアート・パブリッシャーであるLARS MULLER PUBLISHERSより『Encyclopedia of Flowers』海外版を刊行
    • 11月14日〜2013年1月22日 東京・銀座 メゾンエルメスにてウィンドウディスプレイ「時の庭 - Jardin du Temps - 」を手掛ける
  • 2013年(平成25年)
    • 3月 過去15年の作品をアーカイブした作品集『花と俺』(求龍堂)出版
    • 3月 スイス・チューリッヒにてPerrier Jouet・Belle Epoque Florale Editionのローンチで作品を展示
    • 3月2日〜24日 東京・青海にてHOUSE VISION 2013 Tokyo Exhibitionにて植生設計を担当
    • 3月6日〜26日 伊勢丹新宿店グランドオープンの全館インスタレーション「Collapsible leaves」を展開
    • 3月6日〜4月20日 オーストラリア・メルボルン Broached Galleryにて「Paludarium Shigelu」を発表
    • 4月25日〜5月26日 六本木ヒルズ開業10周年に際する全館の特別植栽 及びオブジェのデザイン監修を担当
    • 4月27日〜5月26日 六本木ヒルズにて、BOUCHERONとのコラボレーションによるエキシビジョンを開催
    • 5月21日 香港、Galerie Perrotinにてspecial partyのフラワーインスタレーションを展開
    • 5月26日 東京・六本木のライブハウスにて、Botanical installation live 「shiki×Naturopolis-Tokyo」を開催
    • 7月 アメリカのデザインコンペ“50BOOKS 50COVERS”にて『Encyclopedia of Flowers』が入選
    • 8月 福島県立福島明成高校にて、初の常設ボタニカルスカルプチャー「コクーン」を制作、設置
    • 8月23〜25日 代官山T-SITEにてBotanical installationとして「Botanical Ashtray」を展示
    • 9月10日 香港、12日東京にて、Pierre Herme Paris 新作展示会でフラワーインスタレーションを展開
    • 10月 メキシコのアートフェアAbierto Mexicano Dedisanoにて、パブリックアートのインスタレーションを展開
    • 11月22日〜12月25日 帝国ホテルプラザ30周年インスタレーションとして、Bottle Flower treeを展示
    • 12月より、東京・新宿の某ホテルエントランスにて、半年間限定の特別展示 “Botanical Sculpture#6 Dance”を展開中
    • 12月13日〜25日、東京・銀座メゾンエルメスにて“世界一小さなスケートリンク”の森のインスタレーションを担当
  • 2014年(平成26年)
    • 1月 東京・六本木のオフィスエントランスに新作 “Timeless pine”を常設展示
    • 3月1日〜8月31日 パリ装飾美術館にてDries Van Noten「Inspiration」展の全館フラワービジュアルを担当
    • 3月7日〜4月2日、東京・元麻布のkaikaikiki galleryにてアーティスト・タカノ綾の展示にてコラボレーションワーク『終焉の森、そして始まり』(インスタレーション)を展示
    • 3月8日 栃木・大谷石採掘場跡地にてインスタレーションライブ第二弾「shiki × hakata cycos」を開催
    • 3月12日〜31日 伊勢丹新宿店5Fリニューアルオープニングの空間装飾を担当
    • 3月〜4月 NHKスペシャル4夜連続『人体ミクロの大冒険』舞台装飾として巨大ステージ作品を制作
    • 4月23〜29日 東京・伊勢丹新宿店にてSalvatore Ferragamo 特別展示の空間装飾を担当
    • 5月15日 香港、Dragon-iにてBotanical Installation×live『The Lost Eden』の空間装飾・演出を担当
    • 6月10日 東京・虎ノ門ヒルズ オープニングセレモニーの全館装飾を担当
    • 6月25日 美術出版社より『Flower Method Azuma Makoto』を出版
    • 7月5日〜8月31日 東京・南青山 The POOL aoyamaにて期間限定『Floral shop AMKK』を展開
    • 7月15日 アメリカ、ネバダ州 ブラックロック砂漠にてアートプロジェクトIn Bloom#1『EXOBIOTANICA』を実施
    • 9月11日〜21日 パリ・グランパレにて2014アンティークビエンナーレのBOUCHERONブース 全面フラワーインスタレーションを担当
    • 10月3日〜13日 東京・青山 Pierre Herme Parisにて、Les Jardins2015新作シリーズ特別インスタレーションを実施
    • 12月2日〜23日 東京国立博物館・表慶館にて、エルメス特別エキシビジョン『Leather Forever』にて作品を展示
    • 12月12日〜25日 東京・銀座メゾンエルメスにて"恋するスノードーム"植栽演出を担当
  • 2015年(平成27年)
    • 1月10日〜11日 埼玉・入間にてエキシビジョン "ICED FLOWERS"を開催
    • 2月13日 フィリピン・ネグロス島 ヒノバアン沖合にてアートプロジェクトIn Bloom#2『DAGAT&BULAKLAK』を実施
    • 3月 作品集『Encyclopedia of Flowers2-植物図鑑』を出版(青幻舎)
    • 7月4日 佐賀・泉山磁石場にてエキシビジョン“Blue Flower Rebellion”を開催
    • 9月 Pierre Herme Paris 書籍『SATINE』ビジュアルディレクターを担当
    • 10月6日〜 NYのデザインギャラリーCHAMBERにて新作“Paludarium Osamu”を発表
    • 10月23日〜12月5日 アメリカ・ダラスにてエキシビジョン“Shiki : Landscape and Beyond”を開催
    • 11月5日〜 東京・ロイヤルコペンハーゲン有楽町本店にて、2015クリスマステーブル特別インスタレーション”静かなる森“を展開
    • 11月13日〜2016年1月17日 フランス・リールにてエキシビジョン『Azuma Makoto Exposition』を開催
    • 11月19日〜東京・銀座にて FENDI GINZA Pop up store 特別インスタレーション“FUR TREE”を展示
    • 12月5日〜 東京・羽田空港国際線ターミナル5Fにてプラネタリウム『Flower Universe』アートワークを担当
  • 2016年(平成28年)
    • 1月25〜30日 パリのセレクトショップ・コレットにて10年ぶりのウィンドウインスタレーション『PETAL BOX』を展示
    • 2月5〜7日 東京・元麻布のAMFC(Azuma Makoto Flower Center)にてエキシビジョン "Botanical sculpture Polypore"を開催
    • 2月20〜3月21日 東京・南青山 The POOL aoyamaのラストテーマとして期間限定『Floral shop AMKK』第二弾を展開
    • 3月9〜15日 東京・伊勢丹新宿店にて"FENDI FLOWERLAND" インスタレーションを展開
    • 3月17〜4月30日 NYのデザインギャラリーCHAMBERにて"Human l Nature"カプセル・コレクション#5としてソロ・エキシビジョンを開催
    • 3月25日〜4月17日 東京・銀座 FENDI FLOWERLANDにて期間限定のオリジナル・フラワーショップを展開
    • 4月9〜10日 東京・元麻布のAMFC(Azuma Makoto Flower Center)にてエキシビジョン "Botanical sculpture #6 Dynamite"を開催
    • 5月 アメリカ某所にてインスタレーションライブ第三弾『PALM TREE × ALGIERS』を開催
    • 6月21日 栃木・大谷石採掘場跡地にてインスタレーション『Burning Flowers』を行う
    • 8月27日〜9月25日 東京・神宮前のギャラリー The mass にてインスタレーション『Drop Time』を展示
    • 9月20〜25日 ドイツ・ケルンで開催のPhotokina FUJIFILMブースにてインスタレーション『Botanical sculpture』を設置
    • 9月28日 パリにてDries Van Noten 2017 S/S Women's collectionにてステージコラボレーションとして『Iced Flowers』作品提供
    • 9月16日〜10月10日 Barneys New York Roppongiのオープニングインスタレーションとして「式1」を展示
    • 11月18日〜20日 東京・元麻布AMFGにて『Encyclopedia of Flowers lll』の発売を記念したエキシビジョンを開催
  • 2017年(平成29年)
    • 2月25日〜26日 北海道・旭川にてインスタレーション『式冬 SHIKI-TOU』 を展開
    • 4月8日〜5月9日 ブラジル・サンパウロにてJAPAN HOUSEのオープニングインスタレーション『Flower Messenger』を展開
    • 4月17日 東京・銀座にてGINZA SIXオープニングフラワーインスタレーションを担当
    • 5月20日 ボタニカルアニメーション『Story of Flowers はなのはなし』をローンチ
    • 5月24日〜7月8日 埼玉にてインスタレーション『Back to the earth- ツチニカエル -』を展開
    • 6月15日 イギリス・ロンドン、美術オークション・サザビーズのスペシャルディナーにて『Iced Flowers』を特別展示
    • 7月 シンガポール Gardens by the Bay にて『Botanical sculpture Hybrid series vol.1-4』をパーマネント・コレクションとして寄贈
    • 8月12日 アメリカ・ネバダ州 ラブロック砂漠にてIn Bloomシリーズ『EXOBIOTANICAⅡ』を実施
    • 8月27〜30日 静岡・駿河湾にてIn Bloomシリーズ『SEPHIROTHIC FLOWER: Diving Into the Unknown』を実施
    • 9月11日〜11月5日 ブラジル・リオデジャネイロ、OiFururo美術館にて展覧会『Other Ideas/Outras Ideias』開催
    • 11月 『Encyclopedia of Flowers』インターナショナル版をイタリア、日本で発売

AMPG[編集]

自身のプライベートギャラリー「Azuma Makoto Private Gallery」。2007年(平成19年)4月より東京・清澄白河にて2年間限定でオープン。植物という永続不能な生命を用い、より実験的な作品を発表する場として開設。毎月1作品、2年間で合計24作品を発表し続け、また2年間のAMPGでの作品発表終了後は地元・福岡にてAMPG vol.25と題し巡回展を行った。

作品一覧[編集]

  • vol.1 式2
  • vol.2 Damned Ikebana
  • vol.3 白と黒とグレーと植物と俺
  • vol.4 狂った赤の向こう側
  • vol.5 Fish and Flower
  • vol.6 逆転の庭2(歩庭)
  • vol.7 ダチュラ畑を捕まえろ
  • vol.8 「力強竹男」(萩原朔太郎君へ)
  • vol.9 モミノキモエル
  • vol.10 Concrete×Bulb
  • vol.11 Botanical Sculpture#1 −Assemblage−
  • vol.12 式3
  • vol.13 MOSSY HILL(What a fuckin' wonderful world)
  • vol.14 LEAF MAN
  • vol.15 Rip a go go (for yukio nakagawa)
  • vol.16 Bombing of a dahlia
  • vol.17 Botanical Sculpture#2 −holding−
  • vol.18 式4
  • vol.19 Meat and Flower
  • vol.20 Punk tank garden
  • vol.21 dreary
  • vol.22 hand vase
  • vol.23 umechan
  • vol.24 rolling

近年の活動[編集]

AMNP[編集]

「Azuma Makoto News Paper」の略。東信、花樹研究所が発刊するフリータブロイド紙。毎月、近々に発表したアートワークやプロジェクトを、ヴィジュアルを中心に文章を交えて構成。東の活動の痕跡を広く発信することを目的とした。花屋「JARDINS des FLEURS」でのみ配布。

  • No.1 armored pine
  • No.2 Bridge of Plants
  • No.3 FUTURE NATURE'S UTOPIA
  • No.4 New Installation AMKK in Hiroshima「ボタニカル言語」
  • No.5 iida Art Editions Concept BOTANICA
  • No.6 Frozen Flowers
  • No.7 南青山青春ランドスケープ物語
  • No.8 Z33「Alter Nature」
  • No.9 cramped punk gallery
  • No.10 Azuma Makoto Gardening Club
  • No.11 Drop time
  • No.12 Azuma Makoto Botany Room
  • No.13 Flowers
  • No.14 肉花、野菜花、魚花
  • No.15 Botanical Sculpture #3 lump
  • No.16 Gift Flowers
  • No.17 Collapsible leaves
  • No.18 2009-2011 Flowers
  • No.19 2011 Exhibition Charlotte Perriand
  • No.20 Laforet Sound Music 2011 第5弾「花と水」
  • No.21 SUNTORY midorie

外部リンク[編集]