中村能三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 能三(なかむら よしみ、1903年9月30日 - 1981年3月5日)は、日本の翻訳家(英米文学)。福岡県生まれ。日本における初期の職業翻訳家の一人。福岡県生まれ[1]

経歴・人物[編集]

福岡県立中学修猷館卒業後、旧制福岡高等学校に進学したが中退。東京専門学校英文科卒。一時地方紙に小説などを書いていたが、その後日本の職業翻訳家の草分けであった大久保康雄の下訳者(中村は大久保より2歳年上)になり、修業期間を経て職業翻訳家として独立。

クローニンなどの訳やジュニア小説から、アガサ・クリスティなど推理小説を多数翻訳した。戦前から大久保の下訳者をつとめた経験から、大久保の影武者と自他ともに認めていたという(宮田昇『戦後翻訳風雲録』)。

翻訳学校の草分け的な学校・日本翻訳専門学院の校長をつとめ、常盤新平山下諭一柳瀬尚紀高橋泰邦らが講師をつとめた。弟子に吉野美恵子水野谷とおる成川裕子佐々田雅子らがいる[2]

友人たちの中では名前の音読みである通称「ノーゾウさん」で通っており、兄弟のようにつきあっていた大久保に先立ち、1981年、友人の海渡英祐宅にて心筋梗塞で急死した。中村から翻訳を学んだ田中小実昌永井淳によると、海渡、永井、柳瀬の三人と麻雀をしている最中においてを握りしめたまま息を引き取ったという[3]

翻訳[編集]

  • わが子よ、わが子よ ハワード・スプリング 三笠書房 1940-41
  • 愛のたそがれ ルシイ・ゲイハート ウィラ・キャザー 現代アメリカ小説全集 第9巻 三笠書房 1940
  • 城砦 A・J・クローニン 私家版 1940 のち新潮文庫
  • 星は地上を見てゐる A.J.クローニン 三笠書房 1951 のち新潮文庫
  • わが谷は緑なりき ルウェリン 三笠書房 1951
  • 小公子 バーネット夫人 三笠書房 1951 のち新潮文庫
  • 宝島 スティヴンソン 三笠文庫 1951
  • 巴里の女 サマセット・モーム選集第8巻 三笠書房 1951
  • 二つの世界に賭ける A.J.クローニン 竹内道之助共訳 三笠書房 1953
  • オリヴァ・ツィスト ディッケンズ 新潮社 1953 のち文庫
  • クリスマスの休暇 モーム選集第3 三笠書房 1953 のち新潮文庫
  • 絶望の日記 バーベリオン 新潮社 1954(一時間文庫)
  • 足ながおじさん ジーン・ウェブスター 三笠書房 1955(若草文庫)
  • 続 足ながおじさん ウェブスター 三笠書房 1955(若草文庫)
  • 育ちゆく年 クローニン 新潮社 1955 のち文庫
  • 要約すると サマセット・モーム全集第25巻 新潮社 1955 のち文庫
  • 十七才の夏 モーリーン・デイリ 秋元書房 1956 のち角川文庫
  • 高校生ケーティ スーザン・クーリッジ 秋元書房 1956
  • アクロイド殺人事件 クリスチィ 新潮社 1956 のち文庫
  • サリーの高校生活 アン・エマリイ 秋元書房 1957
  • ウィーンの殺人 E.C.R.ロラック 東京創元社 1957(現代推理小説全集)
  • ゴーイング・ステディ アン・エマリイ 秋元書房 1957 のち「男女共学」改題
  • 帽子から飛び出した死 クレイトン・ロースン 早川書房 1957 のち文庫
  • 月長石 ウィルキー・コリンズ 世界大ロマン全集 東京創元社 1957 のち文庫
  • 赤いリスの秘密 エラリイ・クウィーン 早川書房 1958 のち文庫
  • 彼が陀を殺すはずはない ディクスン・カー作品集第11 東京創元社 1958
  • はつ恋 アン・エマリイ 秋元書房 1958
  • ハイティーンの悩み マージョリ・ホール 秋元書房 1958
  • みどりの季節 アン・エマリイ 秋元書房 1958
  • 死者との結婚 ウィリアム・アイリッシュ 早川書房 1958 のち文庫
  • 完全殺人事件 クリストファ・ブッシュ 東京創元社 1958 のち創元推理文庫
  • サキ短篇集 新潮文庫 1958
  • 曲った蝶番 ディクスン・カー作品集第6 東京創元社 1959 のち文庫
  • 大胆なおとり E・S・ガードナー 早川書房 1959(世界ミステリシリーズ)
  • 僧正殺人事件 S・S・ヴァン・ダイン 新潮文庫 1959
  • こびとの呪 エドワード・L.ホワイト 東京創元社 1959(世界恐怖小説全集)
  • 青い果実 アン・エマリイ 秋元書房 1959
  • 皇帝の嗅ぎ煙草入れ ディクスン・カー 世界推理名作全集第6 中央公論社 1960 のち嶋中文庫
  • 殺意(フランシス・アイルズ)のち角川文庫・伯母殺人事件 リチャード・ハル(のち角川文庫、嶋中文庫)世界推理名作全集 第8 中央公論社 1960
  • メリー・ウィドウの航海 ニコラス・ブレイク 早川書房 1960 のち文庫
  • 爬虫類館の殺人 カーター・ディクソン 創元推理文庫 1960
  • ABC殺人事件 クリスティ 新潮文庫 1960
  • いとしい恋人たち アン・エマリイ 秋元書房 1961
  • 高校旅行団 アン・エマリイ 秋元書房 1962
  • 初恋よさようなら アン・エマリイ 秋元書房 1963
  • 七つのダイヤル アガサ・クリスチィ 創元推理文庫 1963
  • クラスの女生徒 ヘレン・サトリー 秋元書房 1964
  • あわてないで マクナリー・ジョンソン 秋元書房 1965
  • わが王国は霊柩車 クレイグ・ライス 早川書房 1965(世界ミステリシリーズ)
  • 第三の皮膚 ジョン・ビンガム 創元推理文庫 1966
  • 宇宙戦争 ハーバート・ジョージ・ウェルズ 角川文庫 1967
  • ヴァレロンのスカイラーク E・E・スミス 創元推理文庫 1967
  • 宇宙のスカイラーク E.E.スミス 創元推理文庫 1967
  • スカイラーク3号 E.E.スミス 創元推理文庫 1967
  • 大地は永遠に ジョージ・R.スチュワート 早川書房 1968
  • スカイラーク対デュケーヌ E.E.スミス 創元推理文庫 1968
  • 惑星間の狩人 A.K.バーンズ 創元推理文庫 1969
  • マイ・ベストSF L.マーグリイズ、O.フレンド編 創元推理文庫 1969
  • 愛のめばえ M.ホール 秋元書房 1969
  • サキ選集 創土社 1969
  • 世界SF全集 第6巻 シリウス(オラフ・ステープルドン、のち文庫) 沈黙の惑星より(C.S.リュイス) 早川書房 1970
  • 生のさなかにも アンブローズ・ビアス 創土社 1970 のち創元推理文庫
  • ポディの宇宙旅行 ロバート・A・ハインライン 創元推理文庫 1971
  • 世界SF全集 第4巻 テイン 鉄の星 早川書房 1971
  • ハロウィーン・パーティ アガサ・クリスティー 早川書房 1971 のち文庫
  • 魔境惑星アルムリック ロバート・E.ハワード ハヤカワSF文庫 1972
  • 冒険の惑星 1-4 ジャック・ヴァンス 創元推理文庫 1973-75
  • 象は忘れない アガサ・クリスティー 早川書房 1973 のち文庫
  • 追憶 アーサー・ローレンツ 早川書房 1974
  • 運命の裏木戸 アガサ・クリスティー 早川書房 1974 のち文庫
  • はるかなる仔熊の森 ロバート・F.レスリー 草思社 1975
  • カーテン ポアロ最後の事件 アガサ・クリスティー 早川書房 1975 のち文庫
  • 亡命者 ブライアン・フリーマントル 二見書房 1976
  • ゴルフ場の殺人 アガサ・クリスチィ 創元推理文庫 1976
  • フレンチ警部の多忙な休暇 フリーマン・W・クロフツ 創元推理文庫 1977
  • ベツレヘムの星 アガサ・クリスティー 早川書房 1977 のち文庫
  • ホロー荘の殺人 アガサ・クリスティー 早川ミステリ文庫 1977
  • オリエント急行の殺人 アガサ・クリスティー 早川ミステリ文庫 1978
  • 料理長殿、ご用心 ナン&アイヴァン・ライアンズ 角川書店 1979 のち文庫
  • リヴィングストン アフリカの旅 エルスペス・ハクスレー 草思社 1979(大探検家シリーズ)
  • 間違われた男 フランシス・クリフォード 早川文庫 1979
  • 別れを告げに来た男 フリーマントル 新潮文庫 1979
  • プリンス・ザレスキーの事件簿 M.P.シール 創元推理文庫 1981
  • 殺人症候群 リチャード・ニーリィ 森慎一共訳 角川書店 1982 のち文庫
  • 茶色の服の男 アガサ・クリスティー 早川ミステリ文庫 1982
  • 大胆なおとり E.S.ガードナー 早川ミステリ文庫 1983
  • 忘られぬ死 アガサ・クリスティー 早川ミステリ文庫 1985

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 往事茫々1翻訳者と出会う(執筆者・染田屋茂)
  3. ^ 田中の記述は「クマさんと酎ハイ」(『オトコの気持ち』所収)[要ページ番号]。より、永井の記述は『能三さんのこと』(ミステリマガジン1981年6月号 P. 134~135)に拠る。