アーサー・K・バーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーサー・K・バーンズ,ワンダー・ストーリーズ1932年2月号。

アーサー・K・バーンズ(Arthur Kelvin Barnes、1909年12月6日1969年3月11日)は、アメリカ合衆国SF作家

バーンズは主に1930年代と1940年代のパルプ・マガジンに寄稿した。

バーンズはエイリアンの生命の鮮やかで信じられない描写で最も注目された。そのため、彼はスタンリイ・G・ワインボウムと比較されている。バーンズ(およびワインボウム)以前のSF作家は、通常、宇宙人を従来のモンスターとして描写していたが、独創性はほとんどなかった[1]

彼はMañana Literary Societyのメンバーだった[2]

バーンズによるHollywood on the Moon、「ピート・マンクス」、「ゲリー・カーライル」シリーズのいくつかの物語は、ヘンリー・カットナーとのコラボレーションだった。

バーンズは、「惑星間ハンター」トミー・ストライクとゲリー・カーライルの一連の物語を書いており、Interplanetary Hunter(『惑星間の狩人』)(1956)とInterplanetary Huntress(2007)に収められている。

主な作品[編集]

  • Lord of the Lightning, ワンダー・ストーリーズ, (1931年12月)
  • Green Hell (1937年)
  • Interplanetary Hunter(『惑星間の狩人』) (1956年)
  • Interplanetary Huntress (1956年)
  • The Interplanetary Huntress Returns
  • The Interplanetary Huntress' Last Case
  • Hollywood on the Moon
  • Man about Time
  • Pete Manx, Time Troubler
  • The Dual World
  • Trouble on Titan

日本語訳された作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ See Miller, "The Reference Library", Astounding Stories, October 1956, p.154.
  2. ^ "The order of Martha of Bethany", Joe R. Christopher, Extrapolation, December 2002

外部リンク[編集]