リチャード・ハル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リチャード・ハル(Richard Hull, 1896年9月6日 - 1973年)は、イギリス推理作家会計士。本名はリチャード・ヘンリー・サンプソン(Richard Henry Sampson)。

経歴[編集]

1896年、ロンドンに生まれる。ラグビー校から大学に進学する予定だったが、第一次世界大戦のために大学入学を取りやめて徴兵された。復員後は会計士となり、会計事務所に勤めた後に自ら事務所を開いた。

1931年にフランシス・アイルズの名義で発表されたアントニー・バークリーの長編『殺意』を読んで初めて筆を執り[要出典]1934年伯母殺人事件』を発表し大きな反響を得た。以降、会計士の仕事をしながら、1953年まで15作の長編推理小説を発表した。生涯を独身で過ごし、1973年に死去した。

作風[編集]

ハルの作品は『伯母殺人事件』をはじめ叙述に仕掛けを凝らしたものが多く[独自研究?][要出典]、しばしば「技巧派」と称される[誰によって?]またブラックユーモアの多いのも特徴的である[独自研究?][要出典]。かつてアメリカのミステリ評論家のハワード・ヘイクラフトが研究書[どれ?]のなかで『伯母殺人事件』を取り上げて倒叙派と評したが、現在ではそうでないとする意見が多い[要出典]

また1952年に文学百科事典[どれ?]へ寄稿した評論『探偵小説とその十則』はミステリを書くうえでのルールに触れている。同じような趣向のヴァン=ダインの二十則ノックスの十戒に比べるとかなり知名度は劣るが「ユーモアがなければならない」など他には見られないルールが特徴的である[独自研究?]

著作一覧[編集]

長編[編集]

  • The Murder of My Aunt (1934)
  • Keep It Quiet (1935)
    • 『他言は無用』
  • Murder Isn't Easy (1936)
  • The Ghost It Was (1936)
  • The Murderers of Monty (1937)
  • Excellent Intentions (1938) also published as Beyond Reasonable Doubt
    • 『善意の殺人』
  • And Death Came Too (1939)
  • My Own Murderer (1941)
  • The Unfortunate Murderer (1942)
  • Left Handed Death (1946)
  • Last First (1947)
  • Until She Was Dead (1949)
  • A Matter of Nerves (1950)
  • Invitation to an Inquest (1950)
  • The Martineau Murders (1953)

短編[編集]

  • Mrs. Brierley Supplies the Evidence (1940)
    • 「語るに落ちる」