中小路健吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
中小路 健吾
なかこうじ けんご
生年月日 (1973-04-11) 1973年4月11日(44歳)
出生地 日本の旗 京都府長岡京市
出身校 同志社大学法学部政治学科
同志社大学大学院総合政策科学研究科修士課程
前職 前原誠司衆議院議員秘書
所属政党 民主党→)
無所属
公式サイト 中小路健吾公式ホームページ

当選回数 1回
在任期間 2015年1月19日 - 現職

選挙区 長岡京市乙訓郡選挙区
当選回数 3回
在任期間 2003年4月30日 - 2014年11月5日
テンプレートを表示

中小路 健吾(なかこうじ けんご、1973年昭和48年)4月11日 - )は、日本政治家京都府長岡京市長(第11代)。元京都府議会議員(3期)。

概要[編集]

京都府長岡京市生まれ。長岡京市立長岡第五小学校、長岡京市立長岡第四中学校、京都府立西乙訓高等学校同志社大学法学部政治学科卒業[1]。同志社大学大学院総合政策科学研究科修士課程修了[1]。大学院修了後、民主党前原誠司衆議院議員の秘書を務める。

2003年京都府議会議員選挙に長岡京市乙訓郡選挙区から民主党公認で出馬し、初当選した。以後、3期11年にわたり京都府議会議員を務め、2012年3月から2014年2月まで民主党京都府総支部連合会幹事長[2]

2014年10月、民主党を離党し、同年11月に長岡京市長選挙に出馬する意向を表明[3]11月5日、京都府議会で辞職願を提出し、許可された[4]2015年1月14日投開票の長岡京市長選挙に無所属連合京都推薦)で立候補し、前長岡京市議会議長ら2人の対立候補を破り、当選した[5]。同年1月19日、長岡京市役所に初登庁し、正式に市長に就任した[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b プロフィール|中小路健吾公式ホームページ
  2. ^ “京都・長岡京市長選、中小路氏出馬へ”. 京都新聞. (2014年9月14日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20140914000010 2015年3月18日閲覧。 
  3. ^ “長岡京市長選 前民主・府議の中小路氏が出馬会見/京都”. 毎日新聞. (2014年11月18日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20141108ddlk26010586000c.html 2015年3月18日閲覧。 
  4. ^ “中小路京都府議が辞職”. 京都新聞. (2014年11月5日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20141105000149 2015年3月18日閲覧。 
  5. ^ “京都・長岡京市長に中小路氏が初当選”. 京都新聞. (2014年1月11日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150111000113 2015年3月18日閲覧。 
  6. ^ スタートの日~初登庁|中小路健吾公式ホームページ

外部リンク[編集]


公職
先代:
小田豊
Flag of Nagaokakyo Kyoto.JPG 京都府長岡京市長
第11代:2015年 -
次代:
(現職)