中国の世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国
Flag of the People's Republic of China.svg
People's Republic of China (orthographic projection).svg
中国の世紀
各種表記
繁体字 中國世紀
簡体字 中国世纪
拼音 Zhōngguó Shìjì
英文 Chinese Century
テンプレートを表示

中国の世紀(中国の世紀、英語: Chinese Century中国語: 中国世纪)とは、21世紀の世界が中華人民共和国によって地政学的に支配されることを示唆する造語である。「アメリカの世紀」が20世紀を指し、「イギリス帝国の世紀」が19世紀を指しているのと同様である[1]。このフレーズは特に、国内総生産で見て中国アメリカ合衆国を追い抜いて世界第1位になったことに関して使用される[2]。この順位は、17世紀から19世紀初頭にかけては16位だった[3]。『エコノミスト』紙は、購買力平価ベースで計算すると、2013年に中国がアメリカを追い抜いたことから、このときから「中国の世紀」はすでに始まっていると主張している。

中国は、北大西洋条約機構(NATO)に代わるものとして上海協力機構(SCO)を設立し[4][5][6]世界銀行国際通貨基金(IMF)に代わるものとしてアジアインフラ投資銀行(AIIB)と新開発銀行(NDB)を設立した[7][8]。中国はさらに、将来的に1兆ドル近くの投資を行う「一帯一路」構想を立ち上げ[9]、世界情勢においてより大きな役割を担うことを推進している[10][11]

さらに、中国は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に対抗するものとして東アジア地域包括的経済連携(RCEP)を利用する計画である[12][13][14]

議論と要因[編集]

2016年の軍事費上位5か国
ストックホルム国際平和研究所による)[15]

2011年、ハーバード大学ケネディスクールの研究員マイケル・ベックリーは、China's Century? Why America's Edge Will Endure(中国の世紀? なぜアメリカの優勢は耐えられるのか)という論文を発表した。この論文では、次のような考えを否定している。

  • アメリカは中国に比べて衰退している。
  • グローバル化された一極体制を維持するためのアメリカの負担が、アメリカの衰退を助長している。

また、ベックリーは、アメリカの力は永続的であり、一極体制グローバル化がその主な理由であると主張している。彼は次のように主張している。「アメリカはその圧倒的な地位から競争上の優位性を得ており、グローバル化によってその優位性を利用して経済活動を誘致し、国際システムを自分の利益のために操作することが可能になっている[16]。」

ベックリーは、もしアメリカが末期的な衰退期にあるとすれば、新重商主義英語版的な経済政策を採用し、アジアにおける軍事的コミットメントから手を引くだろうと考えている。「しかし、アメリカが衰退しておらず、グローバル化と覇権主義がその主な理由であるならば、アメリカは逆のことをすべきである。リベラルな国際経済政策を維持することで中国の成長を抑制し、アジアにおける強固な政治的・軍事的プレゼンスを維持することで中国の野望を抑えるべきである[16]。」ベックリーは、アメリカが現存する唯一の覇権国家であることで利益を得ており、アメリカは1990年に国際秩序を自分たちの利益のために覆したのではなく、その周りで既存の秩序が崩壊したのだと考えている。

アメリカが一極体制を維持できるかどうかに懐疑的な学者としてロバート・ペイプがいる。彼は、「近代史における最大の相対的な衰退の1つ」が「世界の他の地域への技術の拡散」に起因すると推定している[17]。同様に、ファリード・ザカリアは「過去20年間の一極体制は、イラクのせいではなく、世界各地での権力の広範な拡散のために衰退しつつある」と書いている[18]ポール・キプチュンバ英語版Africa in China's 21st Century: In Search of a Strategy(中国の21世紀におけるアフリカ: 戦略の模索の中で)において、21世紀には米中間で致命的な冷戦が起こると予測し、もし冷戦が起こらなければ、世界の覇権のあらゆる面で中国がアメリカに取って代わると予測している[19]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rees-Mogg, William (2005年1月3日). “This is the Chinese century”. The Times (London). http://www.timesonline.co.uk/tol/comment/columnists/william_rees_mogg/article407883.ece 2009年9月12日閲覧。 
  2. ^ Elliott, Michael (2007年1月22日). “China Takes On the World”. Time Magazine. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1576831,00.html 
  3. ^ http://glavkonstruktor.ru/upload/img/ADFQtcg.png
  4. ^ Fredholm, Michael (2013). The Shanghai Cooperation Organization and Eurasian Geopolitics: New Directions, Perspectives, and Challenges. NIAS Press. ISBN 9788776941079 
  5. ^ Chomsky, Noam (2012-02-23). Making the Future: Occupations, Interventions, Empire and Resistance. Penguin UK. ISBN 9780141967875 
  6. ^ Schneider, David K.. “Archive: Shanghai Cooperation Organization - A league of Autocracies”. University of North Carolina at Chapel Hill. 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月26日閲覧。
  7. ^ AIIB Vs. NDB: Can New Players Change the Rules of Development Financing?”. Caixin. 2016年12月26日閲覧。
  8. ^ Cohn, Theodore H. (2016-05-05). Global Political Economy: Theory and Practice. Routledge. ISBN 9781317334811 
  9. ^ China is spending nearly $1 trillion to rebuild the Silk Road”. PBS (2016年3月2日). 2017年1月7日閲覧。
  10. ^ China's one belt, one road initiative set to transform economy by connecting with trading partners along ancient Silk Road”. South China Morning Post (2016年6月21日). 2017年1月7日閲覧。
  11. ^ One Belt, One Road”. Caixin Online (2014年12月10日). 2016年4月13日閲覧。
  12. ^ China Touts Its Own Trade Pact as U.S.-Backed One Withers”. The Wall Street Journal. 2017年2月2日閲覧。
  13. ^ Beijing plans rival Asia-Pacific trade deal after Trump victory”. Financial Times. 2017年2月2日閲覧。
  14. ^ China Eager to Fill Political Vacuum Created by Trump's TPP Withdrawal”. Bloomberg News. 2017年2月2日閲覧。
  15. ^ Trends in World Military Expenditure, 2016”. ストックホルム国際平和研究所. 2017年4月24日閲覧。
  16. ^ a b Beckley, Michael (Winter 2011–2012). “China's Century? Why America's Edge Will Endure”. International Security 36 (3): 41–78, p. 42. doi:10.1162/isec_a_00066. http://belfercenter.ksg.harvard.edu/files/Chinas_Century.pdf 2012年11月13日閲覧。. 
  17. ^ Pape, Robert (January–February 2009). “Empire Falls”. The National Interest: 26. http://nationalinterest.org/article/empire-falls-2952 2012年11月13日閲覧。. 
  18. ^ Zakaria, Fareed (2009). The Post-American World. New York: W. W. Norton. p. 43. ISBN 9780393334807. https://archive.org/details/postamericanworl00zaka_1 
  19. ^ Kipchumba, Paul, Africa in China's 21st Century: In Search of a Strategy, Nairobi: Kipchumba Foundation, 2017, 197345680X 978-1973456803

参考文献[編集]

  • Global Trends 2025: A Transformed World. (March 2010). p. 7. ISBN 9781605207711. https://books.google.com/books?id=MgJrvbUTGTsC&pg=PA7&dq=china+largest+economies+before+18th+century#v=onepage 
  • Brown, Kerry (2017) China's World: The Global Aspiration of the Next Superpower. I. B. Tauris, Limited 9781784538095.
  • Brahm, Laurence J. (2001) China's Century: The Awakening of the Next Economic Powerhouse. Wiley 9780471479017.
  • Fishman, Ted (2006) China, Inc.: How the Rise of the Next Superpower Challenges America and the World. Scribner 9780743257350.
  • Jacques, Martin (2012) When China Rules the World: The End of the Western World and the Birth of a New Global Order. Penguin Books 9780143118008.
  • Overholt, William (1994) The Rise of China: How Economic Reform is Creating a New Superpower. W. W. Norton & Company 9780393312454.
  • Peerenboom, Randall (2008) China Modernizes: Threat to the West or Model for the Rest?. Oxford University Press 9780199226122.
  • Pillsbury, Michael (2016) The Hundred-Year Marathon: China's Secret Strategy to Replace America as the Global Superpower. St. Martin's Griffin 9781250081346.
  • Schell, Orville (2014) Wealth and Power: China's Long March to the Twenty-first Century. Random House Trade Paperbacks 9780812976250.
  • Shenkar, Oded (2004) The Chinese Century: The Rising Chinese Economy and Its Impact on the Global Economy, the Balance of Power, and Your Job. FT Press 9780131467484.
  • Shambaugh, David (2014) China Goes Global: The Partial Power. Oxford University Press 9780199361038.
  • Womack, Brantly (2010) China's Rise in Historical Perspective. Rowman & Littlefield Publishers 9780742567221.
  • Yueh, Linda (2013) China's Growth: The Making of an Economic Superpower. Oxford University Press 9780199205783.
  • Dahlman, Carl J; Aubert, Jean-Eric. China and the Knowledge Economy: Seizing the 21st Century. WBI Development Studies. World Bank Publications. Accessed 30 January 2008.

外部リンク[編集]