ファリード・ザカリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファリード・ザカリア

ファリード・ラフィーク・ザカリア英語: Fareed Rafiq Zakariaウルドゥー語: فرید رفیق زکریا‎、ヒンディー語: फ़रीद रफ़ीक़ ज़कारिया1964年1月20日 - )は、インド出身のジャーナリスト、国際問題評論家。

ムンバイ生まれ。イェール大学卒業後、ハーバード大学で博士号取得。『フォーリン・アフェアーズ』編集長、『ニューズウィーク』国際版編集長を経て、現在に『タイム』に寄稿している。

2008年6月よりCNNで『Fareed Zakaria GPS』(GPSは"Global Public Square")のホストを務める。

2012年8月10日、『タイム』誌およびCNNのサイトに寄稿した記事が、『ニューヨーカー』掲載のジル・レポール教授(ハーバード大学)のエッセイを盗用したものであることが判明した[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • From Wealth to Power: the Unusual Origins of America's World Role, (Princeton University Press, 1998).
  • The Future of Freedom: Illiberal Democracy at Home and Abroad, (W.W. Norton, 2003).
中谷和男訳『民主主義の未来――リベラリズムか独裁か拝金主義か』(阪急コミュニケーションズ, 2004年)
  • The Post-American World, (W.W. Norton, 2008).
楡井浩一訳『アメリカ後の世界』(徳間書店, 2008年)

共編著[編集]

  • The American Encounter: the United States and the Making of the Modern World, co-edited with James F. Hoge, Jr, (BasicBooks, 1997).

出典[編集]

  1. ^ 著名ジャーナリストを処分 盗用で米タイムとCNN 『日本経済新聞』、2012年8月12日

外部リンク[編集]