中井智彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中井 智彦(なかい ともひこ、1983年9月2日 - )は日本ミュージカル俳優歌手である。元劇団四季の団員。

2016年よりヴァストミュージックエージェンシー株式会社に所属。神奈川県出身。

人物[編集]

四季芸術センター近くの産婦人科で生まれる。

高校時代にはロックバンドを結成し、GLAYX JAPANの歌を歌っていたが、高音が高すぎて喉を壊してしまう。これをきっかけに音楽を勉強し直そうと考え、東京芸術大学へ進学。卒業時、同声会賞を受賞。

2006年卒業。2007年「レ・ミゼラブル」でデビュー。若干23歳で司教役を射止める。

2009年劇団四季のオーディションに合格。初舞台は「オペラ座の怪人ラウル・シャニュイ子爵役である。このミュージカルはブロードウェイで初めて見た作品であり、初舞台を踏む作品にもなった。「美女と野獣」の野獣役は3年間努め、劇団四季の看板俳優となる。

29歳のとき、劇団四季の図書館で「中原中也全集」を偶然手にし、中也の生き方や芸術論に感銘を受ける。詩を初めて読んだときから、歌が聞こえ、頭にメロディーが流れたという。リアルな人間・中原中也の生き様を表現するべく、詩に曲をつける創作活動を始める。2016年自身による企画・演出・作曲による独り芝居「詩人・中原中也の世界在りし日の歌」を発表。

スポーツはバスケットボール、特技はピアノ弾き語り

主な出演[編集]

舞台[編集]

劇団四季所属前
劇団四季所属時代
劇団四季退団後
  • 中井智彦自身による企画・演出・作曲による独り芝居「詩人・中原中也の世界在りし日の歌」を創作。同タイトルCD&BOOKをリリース(2016年7月2日)。中井智彦 Premium Show vol.1にて披露。
  • ミュージカル「バイオハザード 〜ヴォイス・オブ・ガイア〜」(2016年9月 - 11月 赤坂ACTシアター梅田芸術劇場
  • 浅利慶太プロデュース「オンディーヌ」(2017年3月 自由劇場 マトー/漁師)
  • ミュージカル「魔女の宅急便」(2017年6月 新国立劇場 9月梅田芸術劇場 オキノ役)
  • ミュージカル「ひめゆり」(2017年7月 シアター1010 檜山上等兵役)
  • 朗読ミュージカル「カラフル」(2018年2月 博品館劇場)
  • ミュージカル「A CLASS ACT」(2018年3月 東京芸術劇場シアターウエスト レーマン・エンジェル役)
  • ミュージカル「KNIGHTS’TALE ナイツ・テイル-騎士物語-」(2018年7月-8月 帝国劇場 9月-10月 梅田芸術劇場 ピリソス役*ボーカルキャプテン)
  • ミュージカル「レ・ミゼラブル」(2019年 帝国劇場 ほか)

コンサート[編集]

  • 中井智彦 Premium Show vol.1(2016年7月2日、品川プリンスホテル Club eX)[2]
  • サラ・ブライトマン ジャパン・ツアー 2016 バッキングコーラスとして参加(札幌・仙台・東京・金沢・大阪・名古屋 6都市全11公演)
  • 中井智彦弾き語り「歌宴(うたうたげ)2016」-私の歌を聴いてくれてありがとう-を札幌・東京・名古屋・大阪にて開催
  • 中井智彦ミュージカルコンサート-I Live Musical!-(2017年4月8日、ヤマハエレクトーンシティ渋谷、特別ゲスト秋夢乃)
  • 中井智彦ミュージカルコンサート-I Live Musical! Ⅱ-(2017年11月11日、ヤマハ銀座スタジオ、特別ゲスト秋夢乃)
  • ミューザ川崎「ホールアドバイザー秋山和慶&佐山雅弘企画 オーケストラで楽しむ映画音楽Ⅸ」(2018年4月7日、出演:東京交響楽団/May J./中井智彦/ナビゲーター:中井美穂)
  • 中井智彦ミュージカルコンサート-I Live Musical! Ⅲ-(2018年5月11日、ヤマハ銀座スタジオ)

テレビ[編集]

  • テレビ東京系「THEカラオケ★バトル」(2016年12月、2017年3月、5月、10月)
  • 日本テレビ「ものまねグランプリ」(2017年9月) -「美女と野獣」を劇団四季で野獣役を演じてきた俳優として歌唱

ディスコグラフィ[編集]

ライブ録音CD「愛せぬならば」[編集]

2017年4月8日ヤマハエレクトーンシティ渋谷にて開催された中井智彦コンサート「I Live Musical!」公演のライブ録音CD

1.星よ(「レ・ミゼラブル」より)

2.All I Ask of You(「オペラ座の怪人」より)

3.愛せぬならば(「美女と野獣」より)

ライブ録音CD「ひそかな夢」[編集]

2017年11月11日ヤマハ銀座スタジオにて開催された中井智彦コンサート「I Live Musical!Ⅱ」公演のライブ録音CD

1.ひそかな夢(「美女と野獣」より)

2.メモリー(「キャッツ」より)

3.ありのままの私(「ラ・カージュ・オ・フォール」より)

アルバム「私の歌を聴いてくれ」[編集]

Sing Like Talking西村智彦のサウンドプロデュースによる1stアルバム。(2016年7月2日発売)。日本の音楽シーンを彩ってきたナンバー、心に沁み入る名曲、国境と時空を超え、今なお歌い継がれるスタンダードナンバーを収録。

1.慕情

2.百万本のバラ

3.エーゲ海の真珠

4.好きにならずにいられない

5.アヴェマリア

6.空に星があるように

7.追憶

8.君の瞳に恋してる

9.恋の終わり

10.さよならをもう一度

CD付きBOOK「詩人・中原中也の世界~在りし日の歌~」[編集]

BOOKには昭和初期の詩人・中原中也の11編の詩と、企画・構成・演出・作曲をした中井自身のセルフライナーノーツを中心に、中也の年表や故郷山口への旅紀行・オフショット写真、中原豊(中原中也記念館館長)との対談が掲載。(2016年7月2日発売)

1.プロローグ

2.サーカス

3.盲目の秋

4.生い立ちの歌

5.湖上

6.帰郷

7.幻影

8.道化の臨終(Etude Dadaistique)

9.春と赤ン坊

10.夏の夜の博覧会はかなしからずや

11.春日狂想

12.夏

(詩:中原中也/企画・構成・演出・作曲:中井智彦)

参考文献[編集]

  • 劇団四季 会報 ラ・アルプ 2011年8月号 42頁-43頁「四季初心」

脚注[編集]

  1. ^ a b c 中井 智彦 (NAKAI TOMOHIKO)PROFILE”. 中井智彦Official Site. 2016年2月2日閲覧。
  2. ^ 元劇団四季 中井智彦がソロ活動を開始、第1弾「Premium Show vol.1」が開催決定”. MUSICIAN NET (2016年2月1日). 2016年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]