下河原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese National Railway logo.svg 下河原線
廃線跡の下河原緑道
廃線跡の下河原緑道
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都
起点 国分寺駅北府中駅
終点 東京競馬場前駅下河原駅
駅数 4駅
開業 1920年5月26日(国鉄線として)
廃止 1976年9月20日
所有者 Japanese National Railway logo.svg 日本国有鉄道
運営者 Japanese National Railway logo.svg 日本国有鉄道
路線諸元
路線距離 5.6 km(国分寺-東京競馬場前間)
3.8 km(北府中-下河原間)
軌間 1,067 mm狭軌
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式(国分寺-東京競馬場前間)[1]
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
STR
中央本線
STR
西武多摩湖線
0.0 国分寺駅
ABZrf
西武:国分寺線
eKRWgl exKBSTr
中央鉄道学園
xABZg3
中央本線
exSTR
xABZg+4
武蔵野線
BHF
3.3
0.0*
北府中駅
xABZg2u tSTRc3
tSTR+4
xKRZ tKRZ
京王線
exSTR tSTRe
xKRZ ABZlg
南武線
exSTRrg exABZrf HST
府中本町駅
exSTR exKBHFe STR
5.6 東京競馬場前駅
exSTR
南武線・武蔵野線
exKDSTe
3.8* 下河原駅

下河原線(しもがわらせん)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)が運行していた鉄道路線である中央本線(後に武蔵野線)の支線(廃線)の通称である。東京競馬場線とも称されていた。

東京都国分寺市国分寺駅から東京都府中市東京競馬場前駅までの旅客線と、東京競馬場駅の少し国分寺駅よりから分岐していた下河原駅京王線中河原駅南東に位置した)までの貨物線からなっていた。

歴史[編集]

多摩川砂利を運搬する目的で1910年に「東京砂利鉄道」として開業した。東京都国分寺市と府中市の市域を通っていた。府中市にとっては最初の鉄道路線であった。1920年鉄道省が東京砂利鉄道を買収し採取した砂利を神田-上野間の高架鉄道建設に使用した[2][3]。1921年に一旦営業廃止され、国分寺駅の構内扱いとなったが、1933年に東京競馬場が開設されたことから翌年、同競馬場アクセスのために東京競馬場前駅を建設の上、旅客線として営業再開。その後、残部も貨物線として営業再開された。

終点の東京競馬場前駅は南武線府中本町駅の南方200m程の場所に位置しており、競馬場の観客には国分寺・東京方面からの観客は東京競馬場前駅を、立川・川崎方面からの観客は府中本町駅を、という具合に使い分けられていたようである。

武蔵野線を建設するにあたって、当線に沿って建設することに決まり、武蔵野線にその機能を譲る形で国分寺 - 東京競馬場前間は武蔵野線開業日の1973年4月1日に廃止された。残りの貨物線(北府中 - 下河原間)は武蔵野線に編入されるが、3年後に廃止された。

年表[編集]

  • 1910年明治43年)
    • 2月24日 専用鉄道免許状下付[4][5]
    • 月日不詳 東京砂利鉄道の専用鉄道として国分寺 - 下河原間開業
  • 1914年大正3年)4月 多摩川の出水により運行休止[4]
  • 1916年(大正5年)10月 陸軍工兵隊により修復され同部隊に借り上げられ軍用鉄道として使用される[4]
  • 1920年(大正9年)
  • 1921年(大正10年)12月1日 国分寺 - 下河原間廃止[8]、国分寺駅構内側線扱いとなる
  • 1934年昭和9年)
    • 4月2日 国分寺 - 東京競馬場前間 (5.6km) 開業。競馬開催日に限り旅客輸送[9]
    • 11月6日 国分寺 - 東京競馬場前間に富士見仮信号場を開設[10]
  • 1944年(昭和19年)10月1日 営業休止[11]。このころから富士見仮信号場内の乗降場(俗称:東芝前)間に工員専用電車が運転される(国分寺駅構内扱い)
  • 1947年(昭和22年)4月24日 営業再開[12]
  • 1949年(昭和24年)
    • 1月21日 国分寺 - 東京競馬場前間に富士見仮乗降場開業[10]
    • 月日不詳 国分寺 - 東京競馬場前間での通年営業を開始
  • 1952年(昭和27年)7月1日 富士見仮乗降場廃止、北府中信号場に変更。貨物支線 国分寺 - 下河原間 (7.1km) 開業[10](国分寺 - 北府中間は二重戸籍区間)
  • 1956年(昭和31年)9月1日 北府中信号場を駅に変更し北府中駅開業[10]。下河原方面の貨物支線の起点を国分寺駅から北府中駅に変更。国分寺 - 北府中間 (3.1km) は旅客/貨物営業となる(実際の分岐点はさらに1.5kmほど先であるが北府中駅構内扱い)
  • 1959年(昭和34年) - 多摩川の砂利採取終了[13]
  • 1973年(昭和48年)4月1日 武蔵野線府中本町 - 新松戸間開業に伴い、国分寺 - 北府中 - 東京競馬場前間 (5.6km) 廃止[10]。北府中 - 下河原間の貨物支線を武蔵野線に編入
  • 1976年(昭和51年)9月20日 武蔵野線貨物支線 北府中 - 下河原間 (3.8km) 廃止[10]

駅一覧[編集]

接続路線の事業者名は当区間廃止時。全駅東京都に所在

本線[編集]

駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
国分寺駅 - 0.0 日本国有鉄道:中央本線 国分寺市
北府中駅 3.3 3.3 下河原支線貨物線 府中市
東京競馬場前駅 2.3 5.6  

貨物線[編集]

  • 全駅府中市に所在
駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線
北府中駅 - 0.0 日本国有鉄道:中央本線下河原支線本線
下河原駅 3.8 3.8  

使用車両[編集]

廃止直前時点において、閑散時は武蔵小金井電車区所属のクモハ40071, 074のどちらかが単行で運用されていた。ラッシュ時及び競馬開催時には101系の5両編成で運行されていた。なお、101系の検査時には中原電車区より72系の5両編成を借り入れて運行していた。また、競馬開催日には東京駅や総武本線からの直通列車が101系6-7両で運転されたこともあった。

貨物列車八王子機関区DD13が受け持っていた。

遺構[編集]

廃止後、跡地の多くは「下河原緑道」と呼ばれる遊歩道に整備されたり、団地の敷地に利用されたりしており、一部では記念として線路が残されている所もある。廃止後も、しばらくは中央線から武蔵野線方面へと南進する痕跡を確認することができた。その後西国分寺駅周辺の再開発に伴い痕跡はあらかた消滅してしまったが、それでもGoogle Mapなどで付近の航空写真をよく見ると、府中街道西側の建物の立ち方などに、まだわずかに残っている。

駅施設では、国分寺駅にはしばらく短い島式ホームが残されていたが、1988年の駅ビル工事に伴い完全に撤去された。

レールは中央線の国分寺駅 - 西国分寺駅間において側線のようにして残っていたが、2009年1月下旬に行われた架線柱工事において撤去され、最後の廃線跡も消滅した。これは同線の廃止後も国鉄の教育施設中央鉄道学園への引き込み線として利用されていた線路の一部で、学園の廃止後も中央線に沿っていた部分が草に埋もれながらも残されていたものであった。

2005年4月からのNHK制作の小学生3・4年向け社会科教育番組『しらべてゴー!』第1回「まちに?がいっぱい」で、下河原線が取り上げられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮脇俊三・原田勝正(編)『全線全駅鉄道の旅 4 関東 JR私鉄2100キロ』小学館、1991年、pp.225-223の「電化年表」に「国分寺-東京競馬場前」はあるが、下河原はなし。
  2. ^ 『多摩 鉄道とまちづくりのあゆみ 1』東京市町村自治調査会、1995年、31頁
  3. ^ 『東京市街高架線東京上野間建設概要 : 東京市街高架線路平面図付』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ a b c 益井茂夫「国鉄下河原線」『多摩のあゆみ』No88
  5. ^ 『鉄道院年報. 明治42年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 買収価額360,000円『鉄道省年報 大正9年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 「鉄道省告示第13号」『官報』1920年5月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 「鉄道省告示第144号」『官報』1921年10月24日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 「鉄道省告示第154号」『官報』1934年4月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  10. ^ a b c d e f 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』4 関東2、新潮社2008年、49頁。ISBN 978-4-10-790022-7
  11. ^ 「運輸通信省告示第476号」『官報』1944年9月30日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ 「運輸省告示第107号」『官報』1947年4月24日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ 渡辺一策『追憶・西関東の鉄道貨物輸送』物流博物館、2014年、10頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]