上野瞭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

上野 瞭(うえの りょう、1928年8月16日 - 2002年1月27日)は、日本児童文学作家。息子の上野宏介イラストレーター

来歴・人物[編集]

京都府生まれ。同志社大学文学部卒業。同志社女子大学教授も長らく務めた[1]

1983年の『ひげよ、さらば』は、チャールズ・ブロンソンの『さらば友よ』から着想した猫を登場人物にしたハードボイルド仕立ての作品で、刊行と同時に話題を呼び第23回日本児童文学者協会賞を受賞。NHKで『ひげよさらば』として人形劇化された。

一般小説も手掛け、『砂の上のロビンソン』は映画・舞台・テレビドラマ化され、『アリスの穴の中で』は第3回山本周五郎賞の候補作に残るなど、この分野でも高い評価を受けた。

2002年1月27日、胆管癌のため死去。享年73。

著作[編集]

児童文学[編集]

  • ゲリラ隊の兄弟 (金の星社 1959年)
  • 空は深くて暗かった (三一書房(高校生新書) 1965年)
  • ちょんまげ手まり歌 (理論社 1968年 のちフォア文庫 解説:新村徹
  • 目こぼし歌こぼし (あかね書房 1974年 のち講談社文庫 解説:鶴見俊輔
  • 日本宝島 (理論社 1976年)
  • もしもしこちらライオン (理論社 1978年)
  • もしもし、こちらオオカミ (小学館 1980年 のち小学館てんとう虫ブックス 解説:灰谷健次郎
  • ひげよ、さらば (理論社 1982年 のち新潮文庫 解説:鶴見俊輔)
  • さらば、おやじどの (理論社 1985年 のち新潮文庫 解説:河合隼雄 復刻版 解説:酒寄進一
  • そいつの名前は、はっぱっぱ (理論社 1985年)
  • そいつの名前はエイリアン (あかね書房 1994年)
  • グフグフグフフ (あかね書房 1995年)
  • もしもし、こちらメガネ病院 (理論社 1995年)

一般小説[編集]

  • 砂の上のロビンソン (新潮社 1987年 のち文庫)
  • アリスの穴の中で (新潮社 1989年)
  • 三軒目のドラキュラ (新潮社 1993年) ※『三軒目の誘惑』のタイトルでテレビドラマ化された

評論・エッセイ[編集]

  • 戦後児童文学論 (理論社 1967年)
  • ちょっと変わった人生論 (三一書房(高校生新書) 1967年)
  • わたしの児童文学ノート (理論社 1970年)
  • 現代の児童文学 (中央公論新社 1972年)
  • ネバーランドの発想 児童文学の周辺 (すばる書房盛光社 1974年)
  • 子どもの国の太鼓たたき すばる書房 1976年)
  • われらの時代のピーター・パン (晶文社 1978年)
  • アリスたちの麦わら帽子 児童文学者の雑記帖 (理論社 1984年)
  • 日本のプー横丁 私的な、あまりにも私的な児童文学史 (光村図書出版 1985年)
  • 晴れ、ときどき苦もあり (PHP研究所 1992年)
  • ただいま故障中 わたしの晩年学 (晶文社 1998年)
  • 宝島へのパスポート (解放出版社 1998年) ※今江祥智山下明生と共同
  • 映画をマクラに (解放出版社 1999年)
  • 猫の老眼鏡 (同志社女子大学児童文化研究室 2003年) ※有志による小冊子
  • 晩年学通信 最後の日記抄・闘病記 (同志社女子大学児童文化研究室 2003年) ※同上

編著[編集]

  • 田島征三 (すばる書房 1978年)
  • 絵本・猫の国からの挨拶 (すばる書房 1978年)
  • 空想の部屋(叢書児童文学第3巻 世界思想社 1979年)
  • 想像力の冒険〜わたしの創作作法〜 (理論社 1981年) ※今江祥智・灰谷健次郎と共同
  • 児童文学アニュアル1982 (偕成社 1982年) ※複数人と共同

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代児童文学作家対談7』偕成社、1992年、256-261p。

外部リンク[編集]