上湧別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
上湧別駅
上湧別駅(1989年3月)
上湧別駅(1989年3月)
かみゆうべつ
Kami-Yūbetsu
北湧 (1.5km)
(3.2km) 共進
所在地 北海道紋別郡上湧別町屯田市街地
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 名寄本線
キロ程 126.5km(名寄起点)
電報略号 カユ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1916年大正5年)11月21日
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 名寄本線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の上湧別駅と周囲約500m範囲。下が遠軽方面。千鳥状にずれた単式ホームを2面持つ。駅舎横名寄側に貨物ホームと引込み線、駅裏に副本線、さらに名寄側から駅裏の木工場へ短い引込み線がある。パルプ材が山積みになっていて、このすぐ1年後に貨物扱いをやめてしまうようには見えない。その後は駅舎ホーム側に棒線化され、相対ホーム側本線の遠軽側が待避用引込み線として残された。ちなみに現在、木工場の方は、建家がそのままの姿でリサイクルセンターになっている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

上湧別駅(かみゆうべつえき)は、かつて北海道網走支庁紋別郡上湧別町字屯田市街地(現・湧別町上湧別屯田市街地)に設置されていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)名寄本線廃駅)である。電報略号カユ。名寄本線の廃線に伴い、1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

1980年(昭和55年)まで運行されていた、急行「天都」の停車駅であった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。ホームは、線路の西側(遠軽方面に向かって右手側)に存在した[2]。かつては千鳥状に設置された2面2線の単式ホームを有する、列車交換可能な交換駅であった。1983年(昭和58年)時点では、使われなくなった対向ホーム側の1線は、交換設備運用廃止後も遠軽方の転轍機は維持され側線として残っていた[2]。ホーム前後の線路は、転轍機の名残で湾曲していた[2]

無人駅となっていたが、有人駅時代の駅舎が残っていた。駅舎は構内の西側に位置し、ホーム北側に接していた[2]

駅名の由来[編集]

当駅が所在した地名より。地名は、湧別川の上流に位置していたために[3]「湧別」に「上」を冠する。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日当たりの乗降客数は221人[2]

駅周辺[編集]

旧上湧別町の中心地にあった[4]

駅跡[編集]

2001年(平成13年)時点で駅跡地は整地され、駅があった痕跡は残っておらず、駅跡の一部には町営住宅が建築されていた[5]。2011年(平成23年)時点でも同様で、更地になっていたが、附近の道路には上湧別駅前通りの名が残り、駅前にあった倉庫群も残存して駅前の雰囲気は残っていた[6]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
名寄本線
北湧駅 - 上湧別駅 - 共進駅
かつて北湧駅(当時は仮乗降場)開業に当たり、代替として中湧別駅 - 当駅間にあった厚生病院前仮乗降場(こうせいびょういんまえかりじょうこうじょう)が廃止された(1955年(昭和30年)12月25日開業、1966年(昭和41年)10月1日廃止)[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 上湧別町史 昭和54年11月発行。
  2. ^ a b c d e 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館、1983年7月発行)212ページより。
  3. ^ 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、2004年2月発行)188ページより。
  4. ^ a b c d 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)18ページより。
  5. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVIII』(JTBパブリッシング、2001年8月発行)36ページより。
  6. ^ 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社、2011年9月発行)129ページより。
  7. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行)215ページより。

関連項目[編集]