北湧駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北湧駅
Tulip field Kamiyubetsu Hokkaido japan.jpg
跡地に建つかみゆうべつチューリップ公園
(2006年5月)
ほくゆう
Hokuyū
中湧別 (3.1km)
(1.5km) 上湧別
所在地 北海道紋別郡上湧別町屯田市街地
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 名寄本線
キロ程 125.0km(名寄起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1966年昭和41年)10月1日
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 名寄本線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の北湧仮乗降場と周囲約500m範囲。下が遠軽方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

北湧駅(ほくゆうえき)は、北海道網走支庁紋別郡上湧別町字屯田市街地(現・湧別町上湧別屯田市街地)にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)名寄本線廃駅)である。名寄本線の廃線に伴い1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

一部の普通列車は通過した(1989年(平成元年)4月30日時点(廃止時の時刻表)で下り4本上り4本(快速運転列車ほか)[1])。

当項目では、かつて近隣に存在した厚生病院前仮乗降場(こうせいびょういんまえかりじょうこうじょう)についても説明する[2]

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。仮乗降場に出自を持つ無人駅となっていた。

厚生病院前仮乗降場は上湧別駅と当駅との間に位置した。

駅名の由来[編集]

かつて当駅附近に6年制の学校である「北湧校」が存在したことに由来する[3]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

駅跡地にはかみゆうべつチューリップ公園が開設されている[5][6]。また、「ふるさと館JRY(屯田歴史博物館)」西隣の道路にもなっている。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
名寄本線
中湧別駅 - 北湧駅 - 上湧別駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 太田幸夫『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』富士コンテム、2004年2月、220頁。ISBN 978-4893915498
  2. ^ 『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』今尾恵介、JTBパブリッシング、2010年3月、215頁。ISBN 978-4533078583
  3. ^ 太田幸夫『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』富士コンテム、2004年2月、188頁。ISBN 978-4893915498
  4. ^ a b 『北海道道路地図 改訂版』地勢堂、1980年3月、18頁。
  5. ^ 『鉄道廃線跡を歩くVIII』宮脇俊三JTBパブリッシングJTBキャンブックス〉、2001年7月、36-37頁。ISBN 978-4533039072
  6. ^ 本久公洋『北海道の鉄道廃線跡』北海道新聞社、2011年9月、128頁。ISBN 978-4894536128

関連項目[編集]