弘道駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
弘道駅
こうどう
Kōdō
小向 (2.3km)
(4.4km) 沼ノ上
所在地 北海道紋別市弘道
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 名寄本線
キロ程 108.2*km(名寄起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)5月1日
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 名寄本線廃線に伴い廃駅
*キロ程は実キロ(営業キロは最後まで設定されなかった)
テンプレートを表示
1978年の弘道仮乗降場と周囲約500m範囲。右下が遠軽方面。ホーム横に待合室が見える。遠軽側に弘道地区集落の中心道路の踏切。周囲を防風雪林で囲まれている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

弘道駅(こうどうえき)は、北海道網走支庁紋別市弘道にかつて設置されていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)名寄本線廃駅)である。名寄本線の廃線に伴い、1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

一部の普通列車は通過した(1989年(平成元年)4月30日時点(廃止時の時刻表)で、下り4本上り6本(快速運転列車ほか)[1])。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは、線路の北東側(遠軽方面に向かって左手側)に存在した。

仮乗降場に出自を持つ無人駅となっており、駅舎は無いがホーム横に待合所を有していた[2]。ホームは木造で、遠軽方にスロープを有し[2]駅施設外に連絡していた。ホーム は短い簡易型であった。

駅名の由来[編集]

当駅が所在した地名より。地名は、当地の入植者が水戸学弘道精神を伝えたことに由来する[3]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

駅施設は全て撤去され、現在、当駅の跡地は空き地になっている。

また、2001年(平成13年)時点では当駅跡から遠軽方にある共進川に架かっていた「水谷橋」のコンクリート製の橋台が残存し[5]2011年(平成23年)時点でも同様であった[6]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
名寄本線
小向駅 - 弘道駅 - 沼ノ上駅

脚注[編集]

  1. ^ 太田幸夫 『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』 富士コンテム、2004年2月、220頁。ISBN 978-4893915498
  2. ^ a b 本久公洋 『北海道の鉄道廃線跡』 北海道新聞社2011年9月、133頁。ISBN 978-4894536128
  3. ^ 太田幸夫 『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』 富士コンテム、2004年2月、187頁。ISBN 978-4893915498
  4. ^ a b 『北海道道路地図 改訂版』 地勢堂、1980年3月、18頁。
  5. ^ 『鉄道廃線跡を歩くVIII』 宮脇俊三JTBパブリッシングJTBキャンブックス〉、2001年7月、35-36頁。ISBN 978-4533039072
  6. ^ 本久公洋 『北海道の鉄道廃線跡』 北海道新聞社、2011年9月、125-126頁。ISBN 978-4894536128

関連項目[編集]