ヴァルナ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァルナ
20000 Varuna
Varuna artistic.png
ヴァルナの想像図。形状は楕円体だと考えられている。
仮符号・別名 2000 WR106
分類 太陽系外縁天体
軌道の種類 エッジワース・
カイパーベルト

キュビワノ族
発見
発見日 2000年11月28日
発見者 R. マクミラン
スペースウォッチ
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 42.904 AU
近日点距離 (q) 40.494 AU
遠日点距離 (Q) 45.313 AU
離心率 (e) 0.056
公転周期 (P) 281.03
平均軌道速度 4.53 km/s
軌道傾斜角 (i) 17.19
近日点引数 (ω) 266.74 度
昇交点黄経 (Ω) 97.30 度
平均近点角 (M) 101.76 度
前回近日点通過 1931年頃
次回近日点通過 2212年頃
物理的性質
直径 874 - 1,060 km
質量 ~5.9 ×1020 kg
平均密度 ~1 g/cm3
表面重力 0.15 m/s2
脱出速度 0.39 km/s
自転周期 3.17 / 6.34 時間
絶対等級 (H) 3.7
アルベド(反射能) 0.038
表面温度 ~43 K
■Project ■Template

ヴァルナ (20000 Varuna) は、将来的に準惑星冥王星型天体)に分類される可能性がある太陽系外縁天体の一つ。2000年に発見されたが、1953年に撮影された写真に写っていたことが分かっている。名前はインド神話の神ヴァルナに由来する。

ヴァルナの性質については、あまりよく分かっていない。光度変化のグラフから、自転周期は3.17時間か6.34時間とみられている。後者は、光度変化の一周期中に2本のピークが現れるとした場合の値である。密度はおよそ1g/cm3であり、とほぼ同じである。

熱測定と光学測定の組み合わせにより、直径は 900-1,000km 前後と推定されている。

2013年1月9日、ヴァルナがふたご座にある15.9等級の恒星3UCAC 233-089504星食が発生した。太陽系外縁天体に分類される天体としては、国内で初めて星食が観測された[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 国内初、太陽系外縁天体が星を隠す瞬間をとらえた AstroArtz

外部リンク[編集]