ヒギエア (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒギエア10 Hygiea Astronomical Symbol.svg
(ヒュギエア)
10 Hygiea
AnimatedOrbitOf10Hygiea.gif
ヒギエアの軌道。青がヒギエア、
赤が惑星(一番外側の赤は木星)、
黒が太陽。
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
ヒギエア族
発見
発見日 1849年4月12日
発見者 A. デ・ガスパリス
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 3.140 AU
近日点距離 (q) 2.773 AU
遠日点距離 (Q) 3.507 AU
離心率 (e) 0.117
公転周期 (P) 5.56
軌道傾斜角 (i) 3.84
近日点引数 (ω) 313.07 度
昇交点黄経 (Ω) 283.44 度
平均近点角 (M) 304.37 度
物理的性質
直径 407.12 km
質量 1.0 ×1020 kg
平均密度 2.76 g/cm3
表面重力 0.1603 m/s2
脱出速度 0.2554 km/s
自転周期 27.623 時間
スペクトル分類 C
絶対等級 (H) 5.43
アルベド(反射能) 0.0717
表面温度 158 K
色指数 (B-V) 0.696
色指数 (U-B) 0.351
■Project ■Template

ヒギエア (10 Hygiea) は、火星木星の間の小惑星帯(メインベルト)にある、将来的に準惑星に分類される可能性がある大型の小惑星

1849年4月12日イタリア天文学者アンニーバレ・デ・ガスパリスよって発見され、ギリシア神話に登場する医神アスクレーピオスの娘で健康の女神、ヒュギエイアにちなんで名づけられた。

特徴[編集]

ヒギエアは、メインベルトの天体の中ではケレスパラスベスタに次ぎ4番目の大きさである。しかし、メインベルトの外側の領域に位置する上に反射率が低いため、大きさの割には見かけの等級が暗い。そのこともあって発見はかなり遅れた。

ヒギエアはヒギエア族に属している。代表的なC型小惑星であり、炭素物質を多く含んでいるため反射率は非常に低く、黒っぽい表面をしている。ハッブル宇宙望遠鏡の観測により、ヒギエアは球形に近い外観をしていることが確認された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
メティス (小惑星)
小惑星
ヒギエア (小惑星)
次の小惑星:
パルテノペ (小惑星)