2012 VP113

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2012 VP113
分類 太陽系外縁天体
発見
発見日 2012年11月5日
発見者 スコット・S・シェパード
チャドウィック・トルヒージョ
アメリカ国立光学天文台
セロ・トロロ汎米天文台
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 265.8 au[1]
近日点距離 (q) 80.486 au[1]
遠日点距離 (Q) 438.11 au[1]
離心率 (e) 0.68960
公転周期 (P) 4175.54年(1525115日)[2]
軌道傾斜角 (i) 24.047°
近日点引数 (ω) 293.72°
昇交点黄経 (Ω) 90.818°
平均近点角 (M) 3.2115°
物理的性質
直径 300 - 1000km
450km
600km
絶対等級 (H) 4.0(MPC)(JPL)[3]
4.3[4]
アルベド(反射能) 0.15
0.1
別名称
別名称
2012 VP113
Template (ノート 解説) ■Project

2012 VP113とは太陽系外縁天体である。これまで発見された太陽系外縁天体の中では、セドナを含め、最も近日点が遠い[5]。2014年3月26日に発見が公表された[6][7]。絶対等級は4.0で[8]、準惑星の候補の1つである[9]。この天体の大きさはセドナの半分でフヤと同じくらいの大きさである[10]。2012 VP113が既に知られている他の太陽系外縁天体と似た軌道を持つことから、発見者のスコット・S・シェパードチャドウィック・トルヒージョは、太陽系にプラネット・ナインが存在し、外縁部の天体に共通する特徴を持つ軌道をとらせている可能性を示唆するに至った[6]

2012 VP113は、放射線の影響で表面の氷、メタン二酸化炭素の化学組成が変化した結果、ピンク色の色合いであると考えられている[11]。この表面の色は、赤外色の天体が大多数を占めるエッジワース・カイパーベルトの領域ではなく、(木星土星などの)ガス惑星の領域の構成と一致している[6]

歴史[編集]

発見[編集]

2012 VP113は2012年11月5日にアメリカ国立光学天文台によって初めて観測された[12]。使用されたのはアメリカ国立光学天文台がチリ北部で運用しているセロ・トロロ汎米天文台の口径4mのビクター M. ブランコ望遠鏡である[13]。また、表面の特性と軌道の測定には、同じくチリにあるカーネギー研究所ラスカンパナス天文台マゼラン望遠鏡が使用された[13]。公表までにこの天体を観測していたのはセロ・トロロ汎米天文台ラスカンパナス天文台だけであった[8]。2017年現在、観測期間はおよそ5年を経過しており[14]、発見公表前の2011年10月22日に2012 VP113が観測されていたことが報告されている[8]。見かけの等級が23等級と大変暗く、これを容易に観測できる望遠鏡はほとんどないため、発見前の観測を見つける上で障壁となっている。

ニックネーム[編集]

2012 VP113はしばしば"VP"を省略される。また発見された時のアメリカの副大統領 (Vice President) ジョー・バイデンにちなんで、バイデンというニックネームがつけられた[7]

軌跡[編集]

2012 VP113は太陽系の知られている天体の中で最も近日点が遠い[15]。最後に近日点を通過したのは1979年の事でこの時、太陽から80天文単位離れていた[14]。現在は太陽から83天文単位離れている。太陽系の天体で近日点が50天文単位より遠い天体は、この天体を除くとセドナ (76 au)、2014 FZ71 (56 au)、2015 FJ345 (52 au)、2014 FC72 (52 au)、2004 XR190 (51 au)の5つしかない。

近日点が50-75天文単位の天体が数少ないのは、単に観測できていないのが理由ではないようである[6]。2012 VP113内オールトの雲に属する天体であるという仮説が存在する[13][10][16]。近日点、近点引数、現在の地点はセドナと似通っている[10]。実際、太陽系で軌道長半径が150天文単位を超え、近日点が海王星より遠い全ての天体は近点引数が340±55°の範囲に収まる[6]。この事実はこれらの天体が同じような形成モデルから作られた事を示している[6]。(148209) 2000 CR105はこうした天体の中で一番最初に発見された天体である。

なぜ2012 VP113がカイパーベルトの外側に近日点を持ったのかはまだ良く分かっていない。セドナ等に似ているこの軌道の特徴は、地球質量の10倍にも及ぶプラネット・ナインが太陽から極めて遠い場所に存在する可能性を示唆している[17]。外縁部天体の軌道は、複数の惑星がある可能性をも示している[18][19]。2012 VP113 は他の恒星系から太陽系に取り込まれた可能性もある[9]。しかし2012 VP113 の遠い近日点の原因は太陽を形成した散開星団内で起きた相互作用によるものという説が最も有力である[10]

太陽系外縁天体との比較[編集]

2012 VP113と以下の天体の軌跡の比較した図。
Sedna, 2015 DB216 (orbit wrong), 2000 OO67, 2004 VN112, 2005 VX3, 2006 SQ372, 2007 TG422, 2007 DA61, 2009 MS9, 2010 GB174, 2010 NV1, 2010 BK118, 2012 DR30, 2013 BL76, 2013 AZ60, 2013 RF98, 2015 ER61

関連事項[編集]

非常に遠い遠日点を持つ天体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Malhotra, Renu et al. (2016年). “Corralling a distant planet with extreme resonant Kuiper belt objects”. The Astrophysical Journal 824 (2): L22. arXiv:1603.02196. Bibcode 2016ApJ...824L..22M. doi:10.3847/2041-8205/824/2/L22. ISSN 2041-8213. 
  2. ^ Horizons output. "Barycentric Osculating Orbital Elements for 2012 VP113". Retrieved 2016-01-23. (Ephemeris Type:Elements and Center:@0)
  3. ^ 2012 VP113”. JPL Small-Body Database Browser. Jet Propulsion Laboratory. 2017年8月16日閲覧。
  4. ^ Brown, Michael E. (2014-04-17). "How many dwarf planets are there in the outer solar system? (updates daily)". California Institute of Technology. Retrieved 2014-04-17.
  5. ^ Chang, Kenneth (2014-03-26). "A New Planetoid Reported in Far Reaches of Solar System". New York Times. Retrieved 2014-03-26.
  6. ^ a b c d e f Trujillo, Chadwick A.; Sheppard, Scott S. (2014年). “A Sedna-like body with a perihelion of 80 astronomical units”. Nature 507 (7493): 471-474. Bibcode 2014Natur.507..471T. doi:10.1038/nature13156. ISSN 0028-0836. PMID 24670765. 
  7. ^ a b Witze, Alexandra (2014年). “Dwarf planet stretches Solar System's edge”. Nature. doi:10.1038/nature.2014.14921. ISSN 1476-4687. 
  8. ^ a b c "2012 VP113 Orbit" (arc=739 days over 3 oppositions). Iau Minor Planet Center. Retrieved 2014-03-26.
  9. ^ a b Sheppard, Scott S. "Beyond the Edge of the Solar System: The Inner Oort Cloud Population". Department of Terrestrial Magnetism, Carnegie Institution for Science. Retrieved 2014-03-27.
  10. ^ a b c d Lakdawalla, Emily (2014-03-26). "A second Sedna! What does it mean?". Planetary Society blogs. The Planetary Society. Retrieved 2014-03-27.
  11. ^ Sample, Ian (2014年3月26日). “Dwarf planet discovery hints at a hidden Super Earth in solar system”. The Guardian. https://www.theguardian.com/science/2014/mar/26/dwarf-planet-super-earth-solar-system-2012-vp113 2017年8月16日閲覧。 
  12. ^ MPEC 2014-F40 : 2012 VP113”. 小惑星センター (2014年3月26日). 2017年8月16日閲覧。
  13. ^ a b c "NASA Supported Research Helps Redefine Solar System's Edge". NASA. 2014-03-26. Retrieved 2014-03-26.
  14. ^ a b 2012 VP113”. JPL Small-Body Database Browser. Jet Propulsion Laboratory. 2014年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月16日閲覧。
  15. ^ "JPL Small-Body Database Search Engine: q > 47 (au)". JPL Solar System Dynamics. Retrieved 2014-03-26.
  16. ^ Wall, Mike (2014-03-26). "New Dwarf Planet Found at Solar System's Edge, Hints at Possible Faraway 'Planet X'". Space.com web site. TechMediaNetwork. Retrieved 2014-03-27.
  17. ^ "A new object at the edge of our Solar System discovered". Physorg.com. 2014-03-26.
  18. ^ de la Fuente Marcos, C.; de la Fuente Marcos, R. (2014年). “Extreme trans-Neptunian objects and the Kozai mechanism: signalling the presence of trans-Plutonian planets”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society: Letters 443 (1): L59-L63. arXiv:1406.0715v2. Bibcode 2014MNRAS.443L..59D. doi:10.1093/mnrasl/slu084. ISSN 1745-3925. 
  19. ^ de la Fuente Marcos, C.; de la Fuente Marcos, R.; Aarseth, S. J. (2014年). “Flipping minor bodies: what comet 96P/Machholz 1 can tell us about the orbital evolution of extreme trans-Neptunian objects and the production of near-Earth objects on retrograde orbits”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 446 (2): 1867-1873. arXiv:1410.6307v3. Bibcode 2015MNRAS.446.1867D. doi:10.1093/mnras/stu2230. ISSN 0035-8711. 
  20. ^ AstDyS-2, Asteroids - Dynamic Site” (2016年2月26日). 2017年2月4日閲覧。 “Objects with distance from Sun over 59 AU”

外部リンク[編集]