ワールド・トレード・センター-コートランド駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワールド・トレード・センター-コートランド駅
World Trade Center–Cortlandt
NYCS 1
ニューヨーク市地下鉄
WTCCortlandtSubwayPlatformsReOpeningDayWideShot.jpg
営業再開初日の南行ホームから北側を望む
駅情報
住所 180 Greenwich Street,
New York, NY 10007 United States
マンハッタン区
地区 フィナンシャル・ディストリクト, ワールド・トレード・センター
座標 北緯40度42分41秒 西経74度00分43秒 / 北緯40.7115度 西経74.012度 / 40.7115; -74.012座標: 北緯40度42分41秒 西経74度00分43秒 / 北緯40.7115度 西経74.012度 / 40.7115; -74.012
ディビジョン AディビジョンIRT
路線 IRTブロードウェイ-7番街線
運行系統       1 Stops all times (終日)
接続

コートランド・ストリート駅乗換:
      N Stops late nights only (深夜帯)
      R Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      W Stops weekdays only (平日)

PATH: ニューアーク-ワールド・トレード・センター線, ホーボーケン-ワールド・トレード・センター線 (ワールド・トレード・センター駅乗換)
構造 地下駅
ホーム数 2面(相対式ホーム
線路数 2線
その他の情報
開業日 1918年7月1日(100年前) (1918-07-01
廃駅日 2001年9月11日(17年前) (2001-09-11(アメリカ同時多発テロの被害による閉鎖)
改築 2018年9月8日(2か月前) (2018-09-08[1]
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
旧駅名/名称 コートランド・ストリート駅
Cortlandt Street
ワールド・トレード・センター駅
World Trade Center
利用状況
乗客数 (2017)0[2]増減なし 0%
順位 425
次の停車駅
北側の隣駅 チェンバーズ・ストリート駅: 1 Stops all times
南側の隣駅 レクター・ストリート駅: 1 Stops all times


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス チェンバーズ・ストリート駅: 1 Stops all times
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス サウス・フェリー駅: 1 Stops all times

ワールド・トレード・センター-コートランド駅 (World Trade Center–Cortlandt、WTC-Cortlandt[注釈 1])、一部看板ではワールド・トレード・センター駅 (World Trade Center)、かつてはコートランド・ストリート駅 (Cortlandt Street) あるいはコートランド・ストリート-ワールド・トレード・センター駅 (Cortlandt Street-World Trade Center) と呼ばれた駅はニューヨーク市地下鉄IRTブロードウェイ-7番街線の駅である。マンハッタン区フィナンシャル・ディストリクトのワールド・トレード・センター内のかつてグリニッジ・ストリートとコートランド・ストリートの交差点があった場所に位置し、1系統が終日停車する。

駅はインターボロー・ラピッド・トランジット (IRT) により建設され1918年7月1日にコートランド・ストリート駅として開業した。その後ワールド・トレード・センターが建設された1960年代に改装が行われた。この時に駅の上を通っていたコートランド・ストリートはワールド・トレード・センター建設のために撤去されている。2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが発生しワールド・トレード・センターが崩落、ワールド・トレード・センターのほぼ真下に位置した当駅は甚大な被害を受け営業が休止された。路線自体は2002年に運行が再開されたが、ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社パストレインの終着駅となっており早期の復旧が望まれたワールド・トレード・センター駅の再建に追われ、途中駅であった当駅の再建は2015年まで延期された。その後、1億5,800万ドルの費用をかけ駅は再建され、2018年9月8日にワールド・トレード・センター-コートランド駅と駅名を改め営業が再開された。

駅からはパストレインワールド・トレード・センター駅のほか、連絡通路経由でBMTブロードウェイ線コートランド・ストリート駅、更にコートランド・ストリート駅から地下鉄乗換通路経由でIND8番街線IRTブロードウェイ-7番街線チェンバーズ・ストリート-ワールド・トレード・センター/パーク・プレイス駅に、デイ・ストリート連絡通路・フルトン・センター経由でIND8番街線IRTレキシントン・アベニュー線IRTブロードウェイ-7番街線BMTナッソー・ストリート線フルトン・ストリート駅に接続している。

歴史[編集]

1965年の改装工事まで駅に設置されていたビッカース製作のモザイクアート。現在はニューヨーク交通博物館に保管されている。

初期の歴史[編集]

IRTブロードウェイ-7番街線のシャトル列車は1917年6月3日にタイムズ・スクエア-42丁目駅から34丁目-ペン・ステーション駅まで運行区間を延長した[4]。その後1918年7月1日に運転区間をサウス・フェリー駅まで延長し、この時に当駅はコートランド・ストリート駅 (Cortlandt Street) として開業した[5]。新しい"H"システムが1918年8月1日に導入され、タイムズ・スクエア-42丁目駅以北を走行する全てのIRTブロードウェイ-7番街線列車はサウス・フェリー駅方面行きとなり、42丁目駅から分岐しグランド・セントラル駅へ向かっていた列車は現在の42丁目シャトルとなり、両駅間の往復運転となっている[6]

1965年、駅の上を通っていたコートランド・ストリートはワールド・トレード・センターの建設のために撤去された[7]。このため、当駅はコートランド・ストリートという駅名ながらコートランド・ストリートに出ることができなくなった[8][7]。1965年と1966年には駅ホームの有効長を10両へ延ばす延長工事が行われた[9][8]。この時に古いタイルとスクワイア・ジョゼフ・ビッカース作のモザイク装飾は撤去され、新しい黄褐色のレンガに置き換えられた[10]。なお、モザイク装飾の1つはニューヨーク交通博物館に保存されている[11]

1980年代、地下鉄システム全体のサービスレベルが全盛期である1910年代より大幅に下がった際、メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティは当駅に新しい時刻表を設置した。古い時刻表や路線図は不正確であったため撤去された[12]

1993年2月26日、ワールド・トレード・センター爆破事件の影響で列車は当駅を迂回している[13]。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロの直前、コートランド・ストリート駅は1日当たり19,446人の乗客が利用していた[14]:8C-3

アメリカ同時多発テロ[編集]

2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが発生しワールド・トレード・センターのビル2棟が崩落、路線のトンネルが地下40フィート(12メートル)と比較的浅い場所に位置していたのでビル崩落の衝撃を大きく受け、駅のスチール製I形梁が潰れて荷重を支えきれなくなったため天井が崩落し、線路とホームを瓦礫が覆い尽くした。このためIRTブロードウェイ-7番街線はチェンバーズ・ストリート駅以南が不通となった[15]

この後2つの再建プランが検討された。1つ目は崩落箇所を復旧した上で今まで通りの運行を再開するプラン、2つ目は比較的テロによる被害の少なかったチェンバーズ・ストリート駅南から分岐しボロー・ホール駅へ向かっている2系統3系統が使用している線路を使い、この線路はサウス・フェリー駅を通らないため分岐線を建設しサウス・フェリー駅へ繋げるプランであった[16]。最終的に1つ目の既存の線路を使う案が採用され、南のレクター・ストリート駅とサウス・フェリー駅への運行を再開するため当駅は崩落を免れた部分も含め全て解体され、ホームがあった場所にはトンネル壁面が作られた。これにより完全に破壊されたトンネルと線路575フィート(175メートル)を含む計975フィート(297メートル)のトンネルと線路の再建が終了した。レクター・ストリート駅とサウス・フェリー駅の営業は再開されたが、コートランド・ストリート駅は完全に閉鎖され再建はされなかった[17]

最終的には、コートランド・ストリート駅はワールド・トレード・センター再建プロジェクトの一環として再建されることになった。駅はワールド・トレード・センターに最も近い地下鉄駅であったことなどからこの地区における重要な駅であり、恒久的な閉鎖は不可能であった[17]。再建にあたりニューヨーク市知事はブロードウェイ-7番街線の運行を取り止めずに再建を行おうとしたが、ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社のチーフエンジニアなどは再建を行うには地下鉄の構造を支えなければならず、電車を動かしたまま再建を行うのは難しくコストが嵩むため再建中は電車の運行を取り止めるように説得した[18]。結局電車の運行は2002年9月15日に再開した[19]

当駅の出口の1つであったビージー・ストリートの階段は、ワールド・トレード・センターの崩落後も残っており、生存者の階段 (Survivors' Staircase) として知られるようになった[20]。階段は2008年7月にナショナル・セプテンバー11メモリアル&ミュージアムに移された[21]

再建と遅延[編集]

駅北端のビージー・ストリートへの出口跡、2006年撮影。
2008年のワールド・トレード・センター跡地。地中のコンクリート構造物は元のコートランド・ストリート駅を含むIRTブロードウェイ-7番街線のトンネル。

2007年、ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社はパストレイン ワールド・トレード・センター駅の再建での環境への影響に関する声明においてコートランド・ストリート駅は2009年頃に営業再開するものと見込まれていた[14]:8C-16。2008年10月、港湾公社はコートランド・ストリート駅の再建に関するMTAとの合意に達したと報告書に述べた。MTAは、港湾公社に建設プロセスを効率的にするためワールド・トレード・センター駅付近の地下街の再建と共に再建を行うよう求めた[22]:50。港湾公社は2010年第2四半期までにトンネル構造の基盤となる掘削を完了し、第3四半期中にコートランド・ストリート駅の再建を開始する予定であった[22]:50。2010年第2四半期のレポートには、港湾公社はトンネル構造建設のための掘削がほぼ完了しており、2010年第3四半期中にコートランド・ストリート駅の再建が開始されると発表された[23]。駅の仕上げは2011年第2四半期に開始する予定で[22]:50、2011年9月に駅の中二階とホームで作業が開始された[24]

再建工事中、建設従事者を列車から保護するためにホームの線路側は壁で覆われていた。ワールド・トレード・センター跡地に新しいワールド・トレード・センターが建った時、ワールド・トレード・センター周辺地区開発者が撤去されていたコートランド・ストリートを再度敷設しコートランド・ストリート駅にコートランド・ストリートが接続するようになった[7]

誰が改装費用を支払うかについて港湾公社とMTAとの間で揉め、営業再開は2014年から2018年に延期された。2013年に港湾公社は駅を再建する契約を結んだ[25]。2015年2月、港湾公社とMTAは駅を仕上げることに合意した。2015年5月から2018年にかけて、コートランド・ストリート駅の位置するブロードウェイ-7番街線チェンバーズ・ストリート駅以南は断続的に閉鎖された。これにより駅の仕上げやタイル、照明の設置などの再建工事が再開された[26][27]

2015年にMTAは再建計画の主導権を握った[28]。しかし2017年1月、MTAの独立したエンジニアは工事請負会社との意見の相違により、駅の再開が延期する可能性があると述べた。当時、MTAは1ヶ月につき80万ドルを再建プロジェクトに費やしていたが、2018年8月に予定された営業再開日に間に合わせるためには、現状の4倍の資金を費やす必要があった[29]。駅の再建にあたり発生する費用は当初1億100万ドルと見込まれたが[26]、最終的には1億8100万ドルとなった[30][31]。エレベーター[32]、線路内立入検知システム、火災報知器、ヘルプ・ポイント、監視カメラ、カウントダウン時計、空調、ADAに準拠した新しい入口が建設されたほか[33]、アン・ハミルトンによる100万ドルのアートワークが駅に設置された[26]

2018年4月、いくつかのニュースソースはコートランド・ストリート駅の営業再開が2018年10月になる可能性があると報じた[28][34][35][36]。6月までに、駅構内の電気配線の設置が完了し、建築の仕上げと回転式改札機、エレベーター、エスカレーターの設置が行われた[37]。また、"World Trade Center"と書かれた駅名標は2018年8月までにホーム壁面に設置されていた[38][39]。2018年9月7日、いくつかのニュースソースは駅が翌日に営業を再開すると報じた[1][39]。その後、駅は実際に翌日の2018年9月8日に式典を行い営業を再開した[40][31][41]。新しい駅名である"ワールド・トレード・センター-コートランド駅"という名前は、ワールド・トレード・センターの最寄駅であることと元の駅名であるコートランド・ストリート駅に敬意を表し2つを合わせた駅名となった[42]

再建された駅ホームのパノラマビュー

駅構造[編集]

G 地上階 ビージー・ストリート, ウェスト・ブロードウェイ, グリニッジ・ストリート, ナショナル・セプテンバー11メモリアル&ミュージアム
B1
上層コンコース[43]
相対式ホーム、右側の扉が開く。バリアフリー・アクセス
ブロードウェイ線北行 NYCS-bull-trans-R.svg フォレスト・ヒルズ-71番街駅行き
NYCS-bull-trans-N.svg NYCS-bull-trans-W.svg アストリア-ディトマース・ブールバード駅行き
NYCS-bull-trans-R.svg NYCS-bull-trans-N.svg NYCS-bull-trans-W.svg 次の停車駅:シティ・ホール駅
ブロードウェイ線南行 NYCS-bull-trans-R.svg ベイ・リッジ-95丁目駅行き →
NYCS-bull-trans-N.svg コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅行き →
NYCS-bull-trans-W.svg ホワイトホール・ストリート-サウス・フェリー駅行き →
NYCS-bull-trans-R.svg NYCS-bull-trans-N.svg NYCS-bull-trans-W.svg 次の停車駅:レクター・ストリート駅
相対式ホーム、右側の扉が開く。バリアフリー・アクセス
バルコニー ウェストフィールド・ワールド・トレード・センター
エレベーター・エスカレーター・階段が下層コンコースへ接続
西コンコース・
バルコニー
店、ワールドフィナンシャルセンター連絡通路
相対式ホーム、右側の扉が開く。バリアフリー・アクセス
7番街線北行 NYCS-bull-trans-1.svg ヴァン・コートラント・パーク-242丁目駅行き
NYCS-bull-trans-1.svg 次の停車駅:チェンバーズ・ストリート駅
7番街線南行 NYCS-bull-trans-1.svg サウス・フェリー駅行き →
NYCS-bull-trans-1.svg 次の停車駅:レクター・ストリート駅
相対式ホーム、右側の扉が開く。バリアフリー・アクセス
B2
下層コンコース
[43]
地下鉄乗換通路 NYCS 2 NYCS 3 NYCS A NYCS C NYCS E 系統の列車 チェンバーズ・ストリート-ワールド・トレード・センター/パーク・プレイス駅乗換
NYCS 2 NYCS 3 NYCS 4 NYCS 5 NYCS A NYCS C NYCS J NYCS Z 系統の列車 デイ・ストリート連絡通路・フルトン・センター経由フルトン・ストリート駅乗換
地下鉄地下通路 改札口、メトロカード自動販売機。ブロードウェイ線ホーム接続。
ウェストフィールド・ワールド・トレード・センター 店、ブース
地下鉄地下通路 改札口、メトロカード自動販売機。7番街線ホーム接続。
B3
改札階
パストレイン
改札口
メトロカード/スマートリンク対応改札機、パストレインホーム接続
西コンコース 店、ワールドフィナンシャルセンター連絡通路
B4
パストレイン
ホーム
1番線      HOB–WTC(ラッシュ時のみ)ホーボーケン駅行き
     次の停車駅:エクスチェンジ・プレイス駅
島式ホーム(Aホーム)バリアフリー・アクセス
2番線[注釈 2]      HOB–WTC ホーボーケン駅行き
     次の停車駅:エクスチェンジ・プレイス駅
3番線[注釈 3]      HOB–WTC ホーボーケン駅行き
     次の停車駅:エクスチェンジ・プレイス駅
島式ホーム(Bホーム)バリアフリー・アクセス
4番線[注釈 4]      NWK–WTC ニューアーク駅行き
     次の停車駅:エクスチェンジ・プレイス駅
島式ホーム(Cホーム)バリアフリー・アクセス
5番線[注釈 5]      NWK–WTC ニューアーク駅行き
     次の停車駅:エクスチェンジ・プレイス駅
単式ホーム(Dホーム)バリアフリー・アクセス
配線図

開業当初の駅はグリニッジ・ストリートとコートランド・ストリートの交差点がかつて位置した場所に建設された[44]相対式ホーム2面と線路2線を有した2面2線の地下駅[45]、1965年の駅改装工事前は、スクワイア・ジョゼフ・ヴィッカースによるモザイク装飾が南北ホームの壁に沿って設置されていた[11]。ホーム上には等間隔に赤色の柱が立っており、ニューヨーク市地下鉄標準の黒地に白で駅名が書かれた駅名標が設置されていた。駅名標に書かれた駅名は"Cortlandt Street"と"World Trade Center"の2つがあり、交互に設置されていた[46]

再建された駅は、元の駅と同じ場所、グリニッジ・ストリートの下にある[47][48]。駅は元の駅と同じく2面2線で地面から20フィート(6.1メートル)下に位置する[48][49][24]。ホームには灰色の柱が立っており、"WTC Cortlandt"と書かれた駅名標が設置されており、ホーム壁面には"World Trade Center"と書かれた駅名標が設置されている[38]。ホーム北端に南北ホームを結ぶ連絡通路があり[50]、駅には空調も設置されている[42]

駅には2018年にアン・ハミルトンにより100万ドルをかけて製作されたアートワーク、『CHORUS』が設置されている[48]。これは駅ホーム壁面のほぼ全体に渡って浮き彫りに書かれた文章からできており、文章は世界人権宣言アメリカ独立宣言をはじめとするいくつかの文書から取られている[26][38][42]

出口[編集]

パストレイン ワールド・トレード・センター駅本屋"オキュラス"

再建された駅は地下鉄コートランド・ストリート駅チェンバーズ・ストリート-ワールド・トレード・センター/パーク・プレイス駅フルトン・ストリート駅パストレインワールド・トレード・センター駅に接続している。当駅はパストレインワールド・トレード・センター駅の駅本屋として知られる"オキュラス"の西側に位置している[49][24][51]。駅には計4つの出入口が接続している[1]。駅の北端と南端にある2つの出入口からは地下鉄からパストレインの駅に直接アクセスでき、北行ホームはオキュラス上層バルコニーおよび南コンコースへも接続している[49]。駅はADAに準拠しており、ビージー・ストリートからのエレベーターが南行ホームに接続している。また、既存の地下街へのエレベーターを利用することもでき、新たに設置されたエレベーターが南北ホーム間連絡通路へ接続している[37][48]

2001年9月11日まで、駅の終日開いている改札口は駅の北端、ビージー・ストリートとウェスト・ブロードウェイの交差点付近に位置し、回転式改札機が設置されていた[52][53]。この改札口のきっぷ売り場は、駅の最後の残骸が2007年に撤去されるまでそのまま残っていた[54][55]。ワールド・トレード・センター・コンコースへは[56]、南北ホームの中央付近にある回転式改札機の設置された改札口から接続しており[57]、平日の午前6時40分から午後10時の間のみ開かれていた[8]。また、駅の南端には4 ワールド・トレード・センターを経由してリバティー・ストリートへ出ることができた[58]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ MTAの内部文書によると、電車の車掌は車内放送をする際に駅名の「ワールド・トレード・センター」を頭文字である「WTC」と言うように明示されている[3]
  2. ^ 以前は1番線
  3. ^ 以前は2番線
  4. ^ 以前は3番線
  5. ^ 以前は4番線

出典[編集]

  1. ^ a b c Martinez, Jose (2018年9月7日). “Sources: A long-awaited Manhattan 1 train stop will reopen Saturday”. Spectrum News NY1 | New York City. 2018年9月7日閲覧。
  2. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership 2012–2017”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2018年7月12日). 2018年7月12日閲覧。
  3. ^ Restored 1 train service to WTC Cortlandt station”. Facebook. New York City Transit (2018年9月7日). 2018年9月8日閲覧。
  4. ^ “Three New Links of the Dual Subway System Opened, Including a Shuttle Service from Times Square to Thirty-Fourth Street — Service on the Jerome Avenue Branch From 149th Street North to About 225th Street Began Yesterday Afternoon — The Event Celebrated by Bronx Citizens and Property Owners — The Seventh Avenue Connection Opened This Morning”. ニューヨーク・タイムズ: p. 1. (1917年6月3日). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1917/06/03/98251172.pdf 2016年11月6日閲覧。 
  5. ^ “Open New Subway to Regular Traffic — First Train on Seventh Avenue Line Carries Mayor and Other Officials — To Serve Lower West Side — Whitney Predicts an Awakening of the District — New Extensions of Elevated Railroad Service”. ニューヨーク・タイムズ: p. 11. (1918年7月2日). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1918/07/02/106215771.pdf 2016年11月6日閲覧。 
  6. ^ “Open New Subway Lines to Traffic; Called a Triumph — Great H System Put in Operation Marks an Era in Railroad Construction — No Hitch in the Plans — But Public Gropes Blindly to Find the Way in Maze of New Stations — Thousands Go Astray — Leaders in City's Life Hail Accomplishment of Great Task at Meeting at the Astor”. ニューヨーク・タイムズ: p. 1. (1918年8月2日). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1918/08/02/97011929.pdf 2016年11月6日閲覧。 
  7. ^ a b c Dunlap, David W. (2016年9月27日). “The Resurrection of Greenwich Street”. ニューヨーク・タイムズ. 2017年9月15日閲覧。
  8. ^ a b c Brennan, Joseph (2002年). “Cortlandt St”. Abandoned Stations. 2017年9月15日閲覧。
  9. ^ Stoffman, H. J. (1966年7月19日). “Cortlandt Street Platform Wall: IRT West Side / Seventh Avenue Line”. nytm.pastperfectonline.com. 2018年9月6日閲覧。
  10. ^ Levine, Richard (1987年3月30日). “SAVING THE SUBWAY'S LAST MOSAICS”. ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/1987/03/30/nyregion/saving-the-subway-s-last-mosaics.html 2017年9月15日閲覧。 
  11. ^ a b Terra cotta hexagonal plaque and tile border removed from the Cortlandt Street Station in the 1970s.”. nytm.pastperfectonline.com (1918年). 2018年9月6日閲覧。
  12. ^ Levine, Richard (1987年1月5日). “SUBWAY SCHEDULES COMING (AGAIN) TO A STATION NEAR YOU”. ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/1987/01/05/nyregion/subway-schedules-coming-again-to-a-station-near-you.html 2017年9月15日閲覧。 
  13. ^ Ellis, Elaine A. (1993年2月27日). “Getting out of area posed a problem for commuters”. ニューヨーク・デイリー・ニュース. https://www.newspapers.com/image/164385792/?terms=%22cortlandt%2Bstreet%22%2B%22subway%22 2018年9月7日閲覧。 
  14. ^ a b (英語) Permanent WTC PATH Terminal: Environmental Impact Statement. (2007). https://books.google.com/books?id=WSE3AQAAMAAJ&pg=SA6-PA109&lpg=SA6-PA109&dq=%22cortlandt+street%22+%221+and+9+trains%22&source=bl&ots=LvhSPzC1FN&sig=CdAM9d9Y7l9ZmLarqUywLBC3zJc&hl=en&sa=X&ved=2ahUKEwjn2M-5-KjdAhXRTN8KHdBXBS0Q6AEwB3oECAUQAQ#v=onepage&q=%22cortlandt%20street%22&f=false. 
  15. ^ Kennedy, Randy (2001年9月13日). “AFTER THE ATTACKS: TRANSIT; Part of Subway Tunnel May Have Collapsed Under Weight of Debris, Officials Fear”. ニューヨーク・タイムズ. 2018年4月15日閲覧。
  16. ^ Alpert, Lukas I. (2001年11月29日). “Stations damaged in attacks may reopen in 2004”. The Post-Star (Glen Falls, New York). https://www.newspapers.com/image/347801843/?terms=%22cortlandt%2Bstreet%22%2B%22subway%22 2018年9月7日閲覧。 
  17. ^ a b Kennedy, Randy (2002年1月4日). “Subway Line In Attack May Reopen Much Earlier”. ニューヨーク・タイムズ (New York City: ニューヨーク・タイムズ). https://www.nytimes.com/2002/01/04/nyregion/subway-line-in-attack-may-reopen-much-earlier.html 2014年4月17日閲覧。 
  18. ^ Sagalyn, Lynne B. (2016) (英語). Power at Ground Zero: Politics, Money, and the Remaking of Lower Manhattan. Oxford University Press. pp. 485-486. ISBN 9780190607029. https://books.google.com/books?id=SKGkDAAAQBAJ&pg=PA668&lpg=PA668&dq=1965+cortlandt+street+subway&source=bl&ots=iAXDdqDxgz&sig=7Ja1pJ75hIQQ2whbsWuAcns45P8&hl=en&sa=X&ved=2ahUKEwjbrcSk46bdAhVSVd8KHayrAak4ChDoATAAegQIABAB#v=onepage&q=subway&f=false. 
  19. ^ Kennedy, Randy (2002年9月17日). “Tunnel Vision; With Station's Reopening, Even Commuters Smile”. ニューヨーク・タイムズ (New York City: ニューヨーク・タイムズ). https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9E02E1D81730F934A2575AC0A9649C8B63 2007年10月6日閲覧。 
  20. ^ Pinto, Nick (2007年10月1日). “Last Days Of The Lost Station”. The Tribeca Trib. 2010年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。...
  21. ^ Dunlap, David (2008年7月18日). “A Last Glimpse of the Survivors' Stairway”. City Room. ニューヨーク・タイムズ. 2012年4月22日閲覧。
  22. ^ a b c World Trade Center Report: A Roadmap Forward”. panynj.gov. ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社 (2008年10月2日). 2018年9月15日閲覧。
  23. ^ World Trade Center Quarterly Report 2nd Quarter 2010”. ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社. pp. 9, 11 (2010年). 2018年9月15日閲覧。
  24. ^ a b c Jennifer Fermino (2011年9月7日). “Cortlandt Street station comes back to life”. ニューヨーク・ポスト (New York City: ニューヨーク・ポスト). https://nypost.com/2011/09/07/cortlandt-street-station-comes-back-to-life/ 2014年4月17日閲覧。 
  25. ^ “NYC Subway Station Destroyed on 9/11 to Reopen in 2018”. WNBC (New York City: NBC New York). (2015年2月23日). http://www.nbcnewyork.com/news/local/Cortlandt-Subway-Station-Destroyed-September-11-Reopening-2018-293737311.html 2015年2月24日閲覧。 
  26. ^ a b c d Dunlap, David (2015年4月28日). “At Cortlandt Street Subway Station, Art Woven From Words”. The New York Times. 2015年4月30日閲覧。
  27. ^ Jose Martinez (2015年2月23日). “Cortlandt Street Station, Destroyed in 9/11, to Get New Life”. NY1. 2015年3月11日閲覧。
  28. ^ a b Rivoli, Dan (2018年4月22日). “No. 1 line to run again at Cortlandt St. station for first time since 9/11 destruction”. ニューヨーク・デイリー・ニュース. 2018年8月24日閲覧。
  29. ^ Barone, Vin (2017年3月20日). “Cortlandt Street station reopening could be delayed, again”. am New York. 2017年9月15日閲覧。
  30. ^ Cortlandt Street Subway Station Back On Track, Slated To Open This Fall”. CBS New York (2018年2月23日). 2018年9月8日閲覧。
  31. ^ a b Walker, Ameena (2018年4月23日). “Cortlandt Street subway station, destroyed during 9/11, will finally reopen”. Curbed NY. 2018年9月8日閲覧。
  32. ^ Capital Program Oversight Committee Meeting - March 2016”. mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2016年3月21日). 2016年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月5日閲覧。
  33. ^ Update on the Cortlandt Street Subway Station”. Tribeca Citizen (2017年6月15日). 2017年6月16日閲覧。
  34. ^ Barone, Vincent (2018年4月23日). “Cortlandt Street station to reopen in October” (英語). am New York. https://www.amny.com/transit/cortlandt-street-subway-opening-1.18223588 2018年5月1日閲覧。 
  35. ^ “Subway station destroyed on 9/11 to re-open in October” (英語). ABC7 New York. (2018年4月23日). http://abc7ny.com/traffic/subway-station-destroyed-on-9-11-to-re-open-in-october/3380103/ 2018年5月1日閲覧。 
  36. ^ Rivoli, Dan (2018年4月22日). “No. 1 line to run again at Cortlandt St. station for first time since 9/11 destruction” (英語). ニューヨーク・デイリー・ニュース. http://www.nydailynews.com/new-york/manhattan/no-1-line-run-cortlandt-st-station-9-11-article-1.3947861 2018年5月1日閲覧。 
  37. ^ a b Capital Program Oversight Committee Meeting June 2018”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ. pp. 29 (2018年6月18日). 2018年6月17日閲覧。
  38. ^ a b c Subway station destroyed on 9/11 finally ready to reopen”. New York Post (2018年8月24日). 2018年8月26日閲覧。
  39. ^ a b Calisi, Joseph M. (2018年9月6日). “Cortlandt St. Station set to reopen with new name”. DOWNTOWN EXPRESS. 2018年9月7日閲覧。
  40. ^ Cortlandt Street Station, Damaged on Sept. 11, Reopens 17 Years Later”. ニューヨーク・タイムズ (2018年9月8日). 2018年9月8日閲覧。
  41. ^ “WTC Cortlandt Subway Station Reopens for 1st Time Since 9/11 Attacks”. NBC 4 New York. Associated Press. (2018年9月8日). https://www.nbcnewyork.com/news/local/WTC-Cortlandt-Subway-Station-Reopens-for-1st-Time-Since-9-11-Attacks-492777501.html 2018年9月8日閲覧。 
  42. ^ a b c “NYC subway station at site of 9/11 attack reopens after nearly 2 decades” (英語). CBS News. (2018年9月8日). https://www.cbsnews.com/news/new-york-city-subway-station-911-attack-reopens-today-after-nearly-2-decades-2018-09-08/ 2018年9月9日閲覧。 
  43. ^ a b Dunlap, David W. (2004年12月16日). “Blocks; At Site of New Tower, a Game of Inches”. ニューヨーク・タイムズ. 2018年2月19日閲覧。
  44. ^ Lost and Found Sound: The Stories”. NPR (2002年2月14日). 2017年9月15日閲覧。
  45. ^ Tracks of the New York City Subway”. Tracks of the New York City Subway. 2015年10月9日閲覧。
  46. ^ IRT Cortlandt St/WTC station looking south along southbound platform”. nycsubway.org. New York City Transit (2001年9月28日). 2018年9月7日閲覧。
  47. ^ Tracks of the New York City Subway”. Tracks of the New York City Subway. 2015年10月9日閲覧。
  48. ^ a b c d Press Release - NYC Transit - MTA Opens New 1 Subway Station at World Trade Center”. MTA (2018年9月8日). 2018年9月10日閲覧。
  49. ^ a b c Alberts, Hana R. (2015年4月30日). “9/11-Shuttered Cortlandt St. Stop Begins Road to Reopening”. Curbed NY. 2016年12月25日閲覧。
  50. ^ IRT Cortlandt St/WTC station”. nycsubway.org. New York City Transit (2001年9月28日). 2018年9月7日閲覧。
  51. ^ Yee, Vivian (2014年11月9日). “Fulton Center, a Subway Complex, Reopens in Lower Manhattan” (英語). ニューヨーク・タイムズ. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2014/11/10/nyregion/fulton-center-a-subway-complex-reopens-in-lower-manhattan.html 2017年9月15日閲覧。 
  52. ^ Vesey St. entrance to Cortlandt St. station”. nycsubway.org. New York City Transit (2001年9月28日). 2018年9月7日閲覧。
  53. ^ Vesey Street Turnstile Bank”. nycrail.com (2001年9月28日). 2018年9月7日閲覧。
  54. ^ Glassman, Carl (2017年7月5日). “Waiting for the #1 Train: WTC Station to Open at End of Next Year” (英語). tribecatrib.com. 2018年9月7日閲覧。
  55. ^ Anastasio, Joseph (2006年7月13日). “The Abandoned Cortlandt Street station and the 9/11 Line - LTV Squad” (英語). ltvsquad.com. 2018年9月7日閲覧。
  56. ^ “The Mall at the World Trade Center; New York, New York - Labelscar: The Retail History Blog” (英語). Labelscar: The Retail History Blog. (2006年9月11日). http://www.labelscar.com/new-york/mall-at-world-trade-center 2018年9月7日閲覧。 
  57. ^ Gittrich, Greg; Donohue, Pete (2002年1月16日). “$1M-A-Day Fix For WTC Subway” (英語). New York Daily News: pp. 18-19. http://www.nydailynews.com/archives/news/1m-a-day-fix-wtc-subway-article-1.485744 2018年9月7日閲覧。 
  58. ^ Lower Manhattan Subways & Buses as of Sun 10/28 3 pm”. mta.nyc.ny.us. Metropolitan Transportation Authority (2001年10月28日). 2018年9月7日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

映像外部リンク
Video of the station taken in 1997-1998
World Trade Center NYC. The Vesey Street entrance in 1999 can be seen from 3:45 till 3:57
A rare view of Ground Zero on 9-16-01. The same entrance, already destroyed, can be seen from 5:25 till 7:20
Ten Years Later: MTA Reflects on 9/11, Metropolitan Transportation Authority; September 7, 2011; 4:20
画像外部リンク
Station status in 2002
Construction in 2010
Construction in 2013