ロビンソン・チェコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペレス第二姓(母方の)はチェコです。
ロビンソン・チェコ
Robinson Checo
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サンティアゴ州サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス
生年月日 (1971-09-09) 1971年9月9日(47歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 投手
プロ入り 1989年 アマチュアFA
初出場 CPBL / 1994年3月18日
NPB / 1995年4月12日
MLB / 1997年9月16日
最終出場 CPBL / 1994年10月13日
NPB / 1996年6月30日
MLB / 1999年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロビンソン・ペレス・チェコRobinson Pérez Checo, 1971年9月9日 - )は、ドミニカ共和国出身の元プロ野球選手投手)。台湾球界での登録名は、奇戈

経歴[編集]

1989年カリフォルニア・エンゼルスと契約し、1990年から1991年までカープアカデミーでプレー。1992年日本プロ野球(NPB)の広島東洋カープと契約するが、1軍の出場はなかった[1]。肘を痛めたということもあり[1]、翌年オフに自由契約1994年中華職業棒球聯盟(CPBL)の時報イーグルスでプレーした。

1995年に広島東洋カープと正式に選手登録を交わし、初登板を完封勝利で飾ってデビューを果たし[1]、同年はチーム最多の15勝を挙げるが、シーズンオフに契約問題がこじれて訴訟にまで発展。ダン野村代理人となって週刊誌上で告発記事などが載り揉めた。結局1年間プレーすることで球団と合意する[2]

1996年5月18日の対阪神戦(甲子園)では、ノーヒットノーランまであと1人のところで久慈照嘉に安打を打たれ、快挙を逃した。

1997年ボストン・レッドソックスに移籍。その後、ロサンゼルス・ドジャースに移籍したが、メジャーでは成績を残せず、2000年に引退した。

人物[編集]

1995年オフにドミニカに帰った時、「ドミニカ選抜チーム」に名を連ねて国民の前で御披露目試合を行い、その試合の先発としてマウンドに立った。まわりは当時アメリカのメジャーで活躍していた錚々たるドミニカのスター選手達だったが、国民はチェコのことを全く知らなかったようで、その紹介の時は観客がザワザワしていたと言う。ドミニカの人達にとって野球で成功するということは、アメリカのメジャーで成功するということであり、日本のプロ野球はただの一行の記事も載らないことなどがその理由として挙げられる。

1995年に広島と正式に選手登録を交わした時の背番号は「106」(同時期にカープに入団した選手も同様に3桁の背番号)で、3桁の背番号だった事も話題になった。当時、3桁の背番号は打撃投手ブルペン捕手が着用する背番号だったからである。その後のルールの改正で、3桁の背番号は育成選手が着用し、支配下選手の背番号は0〜99および00に限定されることになった。このためチェコは、3桁の背番号で目立った実績を挙げた史上唯一の選手となっている。

当初は右打ちだったが、1995年の途中に左打ちの方が打ちやすいという理由で左打ちに転向。同じ試合でも相手投手の利き腕に関係なく、気分で左右打席を使い分けることがあった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1994 時報 24 23 6 2 1 7 11 0 -- .389 584 144.0 104 11 58 2 0 122 10 3 49 46 2.88 1.13
1995 広島 28 27 10 3 2 15 8 0 -- .652 811 193.2 143 25 98 1 1 166 4 0 64 59 2.74 1.24
1996 9 9 3 1 0 4 1 0 -- .800 226 50.2 52 10 24 0 0 36 2 0 31 27 4.80 1.50
1997 BOS 5 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 54 13.1 12 0 3 0 0 14 0 0 5 5 3.38 1.13
1998 2 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 34 7.2 11 3 5 0 0 5 1 0 8 8 9.39 2.09
1999 LAD 9 2 0 0 0 2 2 0 0 .500 85 15.2 24 5 13 1 0 11 2 0 20 18 10.34 2.36
CPBL:1年 24 23 6 2 1 7 11 0 -- .389 584 144.0 104 11 58 2 0 122 10 3 49 46 2.88 1.13
NPB:2年 37 36 13 4 2 19 9 0 -- .679 1037 244.1 195 35 122 1 1 202 6 0 95 86 3.17 1.30
MLB:3年 16 6 0 0 0 3 5 0 0 .375 173 36.2 47 8 21 1 0 30 3 0 33 31 7.61 1.85
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 「-」は記録なし

年度別守備成績[編集]



投手(P)












1997 BOS 5 0 0 0 0 ----
1998 2 0 0 0 0 ----
1999 LAD 9 0 0 0 0 ----
MLB 16 0 0 0 0 ----

記録[編集]

CPBL初記録
NPB初記録
NPBその他の記録
MLB初記録

背番号[編集]

  • 106 (1992年 - 1993年、1995年)
  • 44 (1994年)
  • 50 (1996年)
  • 40 (1997年 - 1998年)
  • 56 (1999年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]