レーシングバトル -C1 GRAND PRIX-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レーシングバトル -C1 GRAND PRIX-
ジャンル カーチューニングRPG
対応機種 PlayStation 2
開発元 元気
発売元 元気
人数 1~2人
発売日 2005年5月26日
対象年齢 CERO:全年齢対象
デバイス DUAL SHOCK 2
GT FORCE
GT FORCE Pro
その他 EyeToy対応
テンプレートを表示

レーシングバトル -C1 GRAND PRIX-』(レーシングバトル シーワングランプリ)は、元気より2005年5月26日に発売されたPlayStation 2レースゲーム

首都高バトルシリーズ』と『街道バトルシリーズ』を組み合わせた作品で、実在する日本各地のサーキットのほか、首都高速道路阪神高速道路も登場する。

『首都高バトル01』や『街道バトルシリーズ』同様、登場する自動車がすべてメーカー公認のもと、実際の名称で登場している。国産車のみの収録で、外国車は一切収録されていない。

ゲームモード[編集]

クエストモード
今作のメインモード。各地のサーキットに現れるライバルを倒し、「C1グランプリ」制覇を目指すモード。
チャレンジモード
タイムアタック、DPバトル、フリーランを行えるモード。車種はクエストモードで登場させたマシンのほか、クエストモードでプレイヤーがチューンしたマシンも使用可能。
VSモード
プレイヤー同士で対戦するモード。コントローラーを2つ接続していなければならない。
リプレイシアター
クエストモード、チャレンジモード、VSモードでセーブしたリプレイデータを観覧できるモード。
オプション

バトルシステム[編集]

SPバトル
『首都高』『街道』シリーズでもお馴染みの、SP(Spirit Point=精神力)を削り合うバトル。
対戦相手に先行されるか、壁や他車へ接触することでSPが減少して行き、どちらかのSPゲージが空になると勝敗がつく。
ゲーム内に登場するスーパーオートバックスでは、プレイヤーSPの強化や、相手方SPをさらに減少させるアイテムが売られている。
DPバトル
一定区間内でプレイヤーがドリフトをし、DPポイント(Drift Point)をライバルごとに設定された目標値より多く稼ぐと勝利となる[注 1]
基本的にはコースを1周して行われるが、一部のライバルは2周であったり、特定エリア内での勝負となるなど、難易度が高い場面も存在する。
『街道バトルシリーズ』のCAバトルと基本的なシステムは同一だが、区間内で失敗してもそれまでに獲得したポイントは剥奪されない、区間内でスピンした場合は失敗扱いとなる、といった変更点がある。
ゲーム内に登場するスーパーオートバックスではDPポイントの獲得値をさらに増やすアイテムなどが売られている。
DPバトル(ツインドリフト)
一部のライバルは、DPバトルにおいてツインドリフトを要求してくる。
プレイヤーが先行・ライバルが後追いの状態でDPバトルを展開、両者の接近状態によってポイントがさらに増加する。1バトルにつき2回行われ、1回目が終わるとポジションを入れ替え2回目が始まる。
ツインドリフトの場合、目標ポイントは2回の走行で獲得する事を想定して設定されているため、1回目終了時点で目標値を上回っていなくとも2回目に進むことは可能である。
バトルシステムは通常のDPバトルと同様。
RPバトル
5台のライバルカーと同時にグリッドスタートし、規定周回数を走行するスプリントレース。
このバトルではプレイヤーにRPポイント(Racing Penalty Point)が設定されており、初期状態では100PTS所持している。RPポイントは他車・壁への衝突、コースアウト、逆走[1]によって減少する。
RPポイントが50PTSを下回るとピットストップペナルティーが課され、自動的にピットへ誘導される。RPポイントが100に回復するまで待機しなければならないが、ピット作業は一切行われない。RPポイントが0PTSになると強制リタイアとなる。
ゲーム内に登場するスーパーオートバックスでは、RPポイントを減りにくくするアイテムが売られている。

ゲームシステム[編集]

人気ポイント(NP)
プレイヤーの人気度を示すポイント。NP値が上昇するとレースの観客が増える、スペシャルイベントが解禁される、車種が解禁されるといったメリットがある。
上昇する条件はドリフトを決める、ファステストラップをマークする、など。下降する条件はコースアウト、接触、逆走、など。
天候の変化
大きく変わるところでは晴れだが、中間の曇天も存在する。路面のコンディションも天候によって変化し、晴天時はDRY、雨天時はWETで固定だが、曇天のみDRYとWETの2パターンが存在する。
ボディペイント
『首都高バトル01』で登場したボディペイントがパワーアップ。左スティックに加え、新たに方向キーも使えるようになり、細かな微調整が可能になった。また別売りのEyeToyをつなぐことで、撮影した写真をそのままボディペイントに取り込む事も可能。

本作品に登場するコース[編集]

フィールド1
首都高サーキット(外)
筑波サーキット
鈴鹿サーキット(東)
フィールド2
大阪環状サーキット
TIサーキット英田(現:岡山国際サーキット)
鈴鹿サーキット(西)
フィールド3
首都高サーキット(内)
日光サーキット
鈴鹿サーキット

登場する車種[編集]

NISSAN[編集]

MITSUBISHI[編集]

MAZDA[編集]

TOYOTA[編集]

SUBARU[編集]

SUZUKI[編集]

DAIHATSU[編集]

HONDA[編集]

スペシャルカー[編集]

実在するチューニングカーメーカーのデモカー。

  • HKS CT9A TRB-02
  • M SPEED BNR34
  • SUNAUTO CYBER EVO
  • JUN HYPER LEMON EVO V
  • JUN HYPER LEMON GDB
  • RE AMEMIYA super-G
  • RE AMEMIYA GReddy9
  • Mine's BNR34 GT-R N1 base
  • ALPINE ALTEZZA
  • Sun Line Auto S15
  • Sequential FireS15
  • MCR BNR34
  • Ridox Fact JZA80
  • NOB S15 SILVIA
  • HKS GENKI IS220R
  • A'PEX D1 PROJECT FD3S
  • BLITZ ER34 D1 SPL
  • HKS S15 HIPER SILVIA
  • C-WEST S2000 PROTO TYPE
  • SAB SUPER STREET RX-8
  • RS-R S15
  • GENKI S2000
  • AQUA NSX NA2
  • ALPINE NSX NA2
  • AQUA NSX NA2 Version2

カスタムカー[編集]

ゲームオリジナル及び自動車雑誌のデモカー

  • DEVIL'S Z
  • JINTEI
  • RED DEVIL
  • GENKI ODYSSEY
  • UDON CUSTOM
  • Ebihata SUPRA
  • ALTEZZA RACE CAR
  • CUBE LIMOUSINE
  • Z33 Rally Style
  • NA8C DRAG STAR
  • R32 GT-R RACE CAR
  • HYPER CARRY
  • CIVIC RACING
  • REV SPEED 180SX
  • OPTION2 S15
  • Young Version FD3S
  • Honda Style S2000
  • OPTION WAGON
  • R32 RACING
  • RX-8 RACING
  • SIX STAR MAGAGINE BE5

注釈[編集]

  1. ^ 目標値よりも多くポイントを稼いでいれば、ライバルに先着されてもプレイヤーの勝利となる。
  2. ^ 本来ならば本車のエンジンは、2LのV6が正しいが、本作では2Lの「L4(直列4気筒)」となっている。

関連項目[編集]

  1. ^ コースアウト・逆走のみ、正常な走行に復帰するまでポイントが減少し続ける。