日光サーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日光サーキット
概要
Nikko Circuit 2021.jpg
所在地 日本の旗 日本
栃木県宇都宮市高松町984
運営会社 有限会社日光サーキット
主なイベント 日光四輪耐久レース
コース長 1034m
コーナー数 12
ラップレコード 36秒743 (2014年12月24日)
坂本宏樹
(Sタイヤ)
テンプレートを表示

日光サーキット(にっこうサーキット)は、栃木県宇都宮市高松町に位置するサーキット全日本プロドリフト選手権の会場としても知られている。東北自動車道宇都宮ICから10分ほどのところに位置し、初心者向けのコースレイアウトが特徴である[1]

コース概要[編集]

日光サーキット全景(2010年)
出典:『国土交通省「国土画像情報(モノクロ空中写真)」(配布元:国土地理院地図・空中写真閲覧サービス)
  • コース全長が1.1 km[1]と小規模。山野哲也によれば、40 - 50秒台で周回でき、45秒を切れば「かなりイケてる」、40秒を切れば「激速の部類に入る」[1]
  • 中低速コーナーを主としたコースレイアウトで、初心者がサーキット走行に慣れるのに適している[1]
  • 縁石が他のサーキットと比較すると背が高い。
  • コース全周をパドックから見渡す事ができる。

イベント[編集]

2019年4月14日、バトルマガジン(Battle Magazine、BM)の休刊により開催が終了した「BM杯」が、14年ぶりに開催された[2]。BM杯は多くのドリフトドライバーを輩出したレース大会であり、復活したBM杯には松井有紀夫末永直登古口美範平岡英郎らも、自らエントリーして参戦した[2]

日光サーキットが収録されているゲームソフト[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度39分43秒 東経139度51分45秒 / 北緯36.66194度 東経139.86250度 / 36.66194; 139.86250

  1. ^ a b c d 山野哲也. “第2回 日光サーキット <その1>”. 山野哲也のサーキット攻略講座!. ブリヂストン. 2021年6月18日閲覧。
  2. ^ a b Auto Messe Web編集部 (2019年4月20日). “有名ドライバーを輩出!ドリフト文化黎明期の名イベントが復活”. Auto Messe Web. 2021年6月17日閲覧。