リバーサイドモール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リバーサイドモール
RIVERSIDE MALL
Ribamo1.jpg
店舗概要
所在地 501-0471
岐阜県本巣市政田字下西浦1939
リバーサイドモールの位置(岐阜県内)
リバーサイドモール
座標 北緯35度25分56.9秒 東経136度38分26.9秒 / 北緯35.432472度 東経136.640806度 / 35.432472; 136.640806座標: 北緯35度25分56.9秒 東経136度38分26.9秒 / 北緯35.432472度 東経136.640806度 / 35.432472; 136.640806
開業日 2000年3月24日
閉業日 2010年9月26日(モール館)
2011年3月26日(本館/アミューズメント館)
後身 イオンタウン本巣

リバーサイドモール (Riverside Mall)は、かつて岐阜県本巣市(旧本巣郡真正町)政田に存在した、シネマコンプレックス・温浴施設などからなる複合施設。

概要[編集]

アパレル企業のリオ横山(現:リオグループホールディングス)を母体とし、2000年3月24日に開業。名称は「川(根尾川)のそばのショッピングモール」が由来である。同じくリオ横山の運営で近隣に立地していたリオワールド(後のLCワールド本巣)と合わせ、“中部地区最大級ショッピングゾーン”と称する「リオタウン」として一体開発する構想の一環で開業し、このほかメディカルモール[1]や寺院モール[2]が計画されていた。

本館・モール館(ともに2階建て)・アミューズメント館(3階建て)の3棟からなり、1階・2階部分を連絡通路で繋いだ構造となっている。モール館の2階部分はテナント減少から2009年頃から閉鎖され、2010年9月に1階も全テナントの閉店で閉鎖となったが、本館・アミューズメント館については映画館「真正リバーサイドシネマ」、天然温泉「ぬくいの湯」[3]、フードコート、レストラン、アミューズメント施設(後述)が2011年3月24日に「電気設備の保守のため」として臨時休業するまで営業を行っていた。

2002年、三重県桑名郡長島町(現・桑名市)に三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島が、2006年には4キロメートルほど離れた同市三橋にモレラ岐阜が相次いで開業。後者についてはリバーサイドモールから移転するテナントも存在した。このほか大垣市各務原市などの近隣地域で大型商業施設の開店が相次いだ結果、競争の激化からテナント撤退が相次ぎ客足が減少した。

開業当初は国内大手アパレル(サンエー・インターナショナル、ジュン、三陽商会ワールドなど)店舗が入居したアウトレットモールとして運営されていたが、店舗数の減少から空きテナントが多く見られ、ノーブランドのショップが入るようになっていた。アウトレット物販店舗も40 - 50店ほど入っていたが、2010年9月26日にファッション店舗の営業を全て終了。この時点で残っていたアウトレット店舗は、「LAST CALL(サンエー・インターナショナル)」「ハーレーアウトレットストア(ハーレー インターナショナル)」「ABCマートアウトレット」「アウトレットJ」「タウン&カントリーアウトレット」などで、これらを含めたファッション店舗はわずか10店舗ほどであった。

定期的にお笑い芸人、歌手、モデル等、著名な芸能人を招いてイベントを行っており、ファッション店閉店直前まで続けられた。

解体・跡地再開発[編集]

2017年になり、滞納が続いていた固定資産税等を地権者組合が第三者納付制度により納付したため3月下旬に本巣市が建物の差し押さえを解除、4月から解体作業を開始[4]。跡地にはイオンタウンが「イオンタウン本巣」の建設を進め、2017年12月9日に開業した[5][6]。これに伴い、近隣バス停のうち本巣市営バスについては2017年9月1日改正より「イオンタウン前」に改名[7]。また、岐阜乗合自動車(岐阜バス)については2017年12月1日のダイヤ改正から「イオンタウン本巣」に名称変更された[8]

シネマコンプレックス[編集]

2000年3月25日 - 2005年6月30日
日本AMCシアターズの運営で「AMCリバーサイドモール真正16」として開業。16スクリーンで、客席総数は3,108席。
2005年7月1日 - 2011年2月27日
ユナイテッド・シネマへの運営譲渡に伴い、名称を「ユナイテッド・シネマ真正16(United Cinema Shinsei)」へ変更。スクリーン数の変更は行われず、ユナイテッド・シネマ内ではユナイテッド・シネマ豊橋18(18スクリーン)に次ぐ国内2番目の規模となった。
2011年3月10日 - 3月24日
名称を「真正リバーサイドシネマ」に再度改め、スクリーン数を14(2,037席)へ縮小させた。シネマ・アライアンス有限会社が番組編成を受託していた[9]

アミューズメント施設[編集]

アミューズメント館(3階建て)と観覧車が存在した。

アミューズメント館は当初セガアリーナ岐阜およびオールスターパーク岐阜であった。事故等があり2008年3月16日撤退。詳細はセガ エンタテインメント#不祥事・事故を参照。

2008年3月、居抜きで「スポーツウエーブ鉃腕24レジャラン」がオープン。

2010年9月30日、モール本体の経営者が変わることにより閉店。

2010年11月26日再開業。海龍リバーサイドモールのテナントとして再開店。

2011年3月24日から「電気設備の保守点検」という名目で臨時休業していたが、営業再開の見通しが立たないことから閉店することが2013年3月に発表された[10]

観覧車は、旧羽島郡柳津町梅松にあった柳津パーク(パチンコ店が1996年に隣接して開設した小規模の遊園地、2000年月閉鎖)から移設したものである。2010年11月26日再開業。2012年10月解体[11]

2005年から2009年まで、お盆の時期に花火大会が行われていた。

営業時間[編集]

  • 年中無休
  • 天然温泉ぬくいの湯:10:00 - 25:00
  • 真正リバーサイドシネマ:映画開始時間による
  • フードコート:10:00 - 20:00
  • レストラン:11:00 - 22:00

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “リオ横山が本巣市にメディカルモール新設”. 中部経済新聞 (中部経済新聞社). (2006年3月9日). http://www.chukei-news.co.jp/news/200603/09/articles_1602.php 
  2. ^ “リオ横山 「寺院モール(ごりやく横丁)」建設”. 建通新聞 (建通新聞社). (2005年3月4日). オリジナル2005年11月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20051104004732/http://www.kentsu.co.jp/chubu/news/p00753.html 
  3. ^ 源元弓子 (2010年2月22日). “春の足音が、間近まで聞こえて来ましたね〜♪”. 岐阜放送ラジオ局. 2017年5月23日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ “本巣市のリバーサイドモール跡地にSC計画”. 岐阜新聞 (岐阜新聞社). (2017年4月22日). オリジナル2017年4月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170423064046/http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170422/201704220946_29491.shtml 2017年5月23日閲覧。 
  5. ^ “リバモ跡地にイオン 来年1月にも開業”. 岐阜新聞 (岐阜新聞社). (2017年6月1日). オリジナル2017年6月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170609081351/http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170601/201706010829_29772.shtml 2017年6月1日閲覧。 
  6. ^ イオンタウン本巣”. イオンタウン株式会社. 2017年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月5日閲覧。
  7. ^ a b 市営バス路線図及び時刻表 (PDF)”. 本巣市 (2017年9月1日). 2017年11月27日閲覧。
  8. ^ a b 12月1日(金)ダイヤ改正を実施いたします”. 岐阜バス (2017年11月24日). 2017年11月27日閲覧。
  9. ^ 松本貴則 (2011年4月5日). “岐阜県本巣市の新装シネコン、突然の休業”. 編集局ブログ“BunLOG” - 文化通信.com. ライブドア. 2017年5月23日閲覧。
  10. ^ 株式会社レジャラン鉄腕リバーサイドモール店”. 2013年7月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月17日閲覧。
  11. ^ 斜陽 - 解体中の観覧車の写真あり。[出典無効]

外部リンク[編集]